kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【約束のネバーランド】 名作おすすめ作品

みなさんこんにちは、キムローです。

 

今回の、僕が紹介する作品は、現在、週刊少年ジャンプにおいて絶賛連載中の『約束のネバーランド』についてです。

  

2019年には、アニメがスタートすることが決定しています。

 

ぜひ、まだ読んでいない方は、読んでみてください。まだ、10巻しか出ていないので、まだ間に合います。

 

 

名作たる所以

ジャンプらしくない

 

約二年前、新連載として、この作品を読んだとき、一番印象に残った点は、ジャンプらしくないという点でした。

 

僕も、15年以上ジャンプを読んでいると、読んだ瞬間に、これは絶対売れる!!と思った作品が、何年間に一回はあります。『約束のネバーランド』は、僕にとってはそんな作品でした。

 

ジャンプにしては珍しい、知能戦が繰り広げられる漫画です。主人公が、まだ、12歳の子供で、知恵を振り絞って、大人を欺いていきます。

 

自分たち12歳以下の子供たちが、何不自由なく暮らしている施設が、実は、鬼の食糧のために育てられている施設にすぎないことを、ある事件をきっかけに知り、施設からの脱走を図るという漫画です。

 

子供だけなので、当然力では、施設の大人たちにかないません。そんな中で、自分たちで、綿密な計画をたてて、施設にある道具を使って、あらゆる方法で、脱走を試みます。

 

さながら、それは、普通のジャンプ漫画と違って、頭脳戦です。毎週、楽しみに読んでます。

 

序盤は脱走編から始まり、現在は外の世界の秘密が徐々にわかってきたという段階です。世界観は、最初のころに比べて、かなり広がりましたが、話づくりが丁寧なので、非常に読みやすいです。

 

絵がきれい

 

独特の絵で描かれていることが理解できるでしょうか?

 

見やすい、読みやすい絵だと思います。イラスト集でも楽しめたりすると思います。

 

綿密な伏線

 

話自体が、まだ完結していないので、分かりませんが、1巻から、かなり伏線が張られていると思います。

 

さらに、脱走編が終わった後も、次々に謎が出てきています。最初は、短期連載だと思っていましたが、ここにきて、長期連載の予感が漂ってきました。

 

おそらく、今後、アニメ化されどんどん人気が高まっていくと思います。

読むなら、今しかありません。ぜひ、読んでみてください!!

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com