kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『約束のネバーランド』実写化】本当にできるの??検証してみた!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今朝、起きたときにツイッターのトレンドに上がっていました!!

 

””約束のネバーランド実写化!!””

 

その時はガセっぽいな~と思っていたのですが、その後、公式サイトが発表!!

 

これマジだ~っと・・・(笑)

まだ解禁情報は少ないですが、多少年齢設定などをいじるみたい・・・

後は、作者のコメントも届いています!!

 

キービジュアルも・・

 

果たして『約束のネバーランド』は実写化可能か??

過去のジャンプ実写映画なども振り返りながら、検証していきます!!

嘘だと思ったら本当に実写化することになった『約ネバ』!!今回は成功するかどうか検証していくぞ!!

日本の映像技術はゴミだからな~どうなるかな~??

 

 

『約束のネバーランド』実写映画化

『約束のネバーランド』とは??

2016年から週刊少年ジャンプに連載されている作品で、

 

原作:白井カイウ

作画:出水ぽすか

 

の二人で連載しています。

 

コミックス累計発行部数は1000万部を突破しており、当然アニメ化もしています。

 

来年には第2期も放送予定です。

 

他にも、””このマンガがすごい!””オトコ版1位を獲得するなど、ジャンプの連載陣において名実ともにトップクラスです!!

 

現在連載はクライマックス、最終章を迎えていると思われ、来年ぐらいには最終回を迎えるのではないでしょうか?

 

作者自身も、長く連載させるつもりはないことを公言しており、もう後1、2年で終わることが予想されます!!

 

 

ジャンル的には、過去のジャンプには無かった系で、サスペンスあり、知能戦ありのマンガになっています。

1話目が連載されたとき、個人的に大ヒットを予測しました!!

 

””絶対売れる!!””と感じました。

 

今までのジャンプには無かった漫画だったので、連載当初はかなり盛り上がったことを覚えています。

 

伏線が各所に散らばっており、未だに謎が多い部分があります!!

おそらく来年にかけて、怒涛の最終展開、伏線回収が行われるでしょう!!

『約ネバ』の注目度は高そうだな!!

 

実写映画の公開は2020年冬!!

公開時期は2020年冬の予定!!

 

徐々に情報が解禁していくでしょう!!

 

次号の週刊少年ジャンプでも告知があるのではないでしょうか??

本来なら本誌で発表と言う形だったのかも・・・

 

予想外に早くバレたみたいな・・・??(笑)

 

キービジュアルも解禁!!

 

公式ツイッターはこんな感じ!!

 

エマ、レイ、ノーマンのスリーショット!!

f:id:kimurou:20190927131802j:plain

『約束のネバーランド』実写化

引用元:https://natalie.mu/comic/gallery/news/349181/1246679

 

他にも複数枚公開されています!!

f:id:kimurou:20190927123455j:plain

『約束のネバーランド』実写化

引用元:https://natalie.mu/comic/gallery/news/349181/1246681

 

『約束のネバーランド』屈指の人気キャラ、フィルの姿も・・・!!

 

このキービジュアルを見る限りは、ビジュアル的には問題ないか??

ビジュアル的には意外と行けるんじゃないか?

動いたらどうなるか?ですよね~

 

年齢設定を変える??

年齢設定を変えるみたいです!!

 

原作では、ハウスにいられるのは限界で12歳まで!!

ほとんどの子供たちはそれまでに食用児として出荷されてしまいます!!

 

その年齢を16歳にするのだとか・・・

 

つまり、エマ、レイ、ノーマンの年齢を16歳にするということ!!

 

これに関しては個人的に反対です!!

 

なぜなら、原作の一つの魅力である、子供が大人に知能戦を挑み、大人の束縛から脱出するというところが失われるからです!!

 

12歳の子供が必死に頭を働かせて、今いる自分たちの状況や、ママの持っているあらゆる情報の可能性などを精査しながら、

 

知能戦を挑み、脱走不可能とされるハウスから脱走する!!

 

それが魅力なのに、それを16歳にしたら面白さ激減です!!

 

『名探偵コナン』がなぜ人気なのか??

確かに頭脳は高校生かもしれないが、見た目が小学生のガキが必死に頭を巡らせて事件を解決するから面白いんです!!

 

少年探偵団が、全員高校生だったら、面白さ半減です!!

別方向にストーリーを持っていく必要があります!!

 

つまりそれはもう『名探偵コナン』ではないという事!!

 

 

という事は、『約束のネバーランド』の実写化において、12歳という年齢を16歳に変えるということは、もうそれは別の作品です!!

これが吉と出るか凶と出るか!!

脚本次第ではこれは解決できそうですね!!

 

『約束のネバーランド』実写は可能か?

成功した作品の方が少ない


ジャンプの実写映画として成功した作品は何でしょうか??

 

『デスノート(2006)』、『るろうに剣心』、『銀魂』、『ルーキーズ』・・・

 

細かく調べていくともう少しあると思いますが、すぐに出てくるのはこれぐらいか??

 

『ルーキーズ』はみなさん覚えてますか?

あれはドラマからの映画だったので、ちょっと違いますが・・・

 

地味にジャンプ歴代実写映画で、興行収入はダントツトップです!!

あの『デスノート』や『るろ剣』より上です!!

 

この中でも一番成功したのは個人的に『デスノート』ではないでしょうか?? 

 

映画の終わり方が、原作を超えて、一番いいという奇跡を起こした作品です!!あれは脚本をほめるべきです!!

 

初めて見ました!!

実写映画が原作を超えたなんて・・・

 

 

一方で実写映画の失敗作!!

 

『ブリーチ』、『ジョジョの奇妙な冒険』、『デスノート(2016)』、『ドラゴンボール』・・・

 

ジャンプではない作品も含めるとたくさん出てくるのではないでしょうか??

 

特に『ブリーチ』は興行収入面でも、もはや爆死です!!

 

『ドラゴンボール』も相当ひどかった印象・・・

 

 

こんな風に、ジャンプの実写映画は成功より失敗の方が多いです!!

ジャンプに限らずだと思いますが・・・

 

キャストは日本人で可能か?

なんやかんや言って見た目は重要!!

 

内容以前に、見た目が原作とあまりにもかけ離れていたら、その時点で試合終了です!!

 

そこで重要になってくるのが、キャストが日本人でいけるかどうか??

 

今思うと、『るろうに剣心』はその点で、かなり有利でした!!

主人公の剣心も背が低い設定でしたし、典型的な日本人顔のキャラばかり・・・

 

キャストが日本人でも問題なしと言うのが大きかった・・・

 

 

その点で、『約束のネバーランド』は微妙・・・

 

メインキャラの名前は全員カタカナ・・・

日本人の名前ではありません・・・

 

百歩譲って、メインキャラ3人は日本人でもいいとしましょう!!

 

作中で屈指の人気キャラである3歳児のフィルは??

シスターはどうする?

 

キービジュアルではフィルっぽい子が映っていました。写真上では、ま~問題なしです!!

 

しかし、シスターはどうするのか??

 

出さないというのも手ですが・・・

 

CGを使うシーンが多いかどうか??

これで『ブリーチ』は失敗したと言ってもいいでしょう!!

 

大量の虚を出せるだけのCG技術が無かった・・・

 

『約束のネバーランド』の場合、鬼ですね!!

鬼はおそらくCGになると思われます!!

 

おそらく、映画でやるシーンは、序盤のハウスからの脱走編のみだと思います。

そんなに鬼が出てくるシーンは無いです!!

 

ただ、最低限は出さないといけないと思いますが・・・

 

ですので、CG技術での鬼のシーンは、最低限で済み、そこまでCG技術を多用する必要はないと思われます!!

 

あまりにも現実世界と離れすぎていないか?

例えば『ワンピース』の実写化が日本ではムリゲーであるみたいに・・・

 

世界感があまりにもファンタジーすぎると実写化はそれだけ厳しいことになります。それでも実写化させてしまうあたりが、ハリウッドの凄いところです!!(笑)

 

まず日本では無理です!!

 

その点で『約束のネバーランド』はどうか??

 

ハウス編のみだったら不可能ではない!!

 

と言ったところか・・・

ま~何とかなるんじゃない・・・

 

まとめ

実写化をするにあたって、不可能ではない作品だとは思います。

 

心配なのがキャラが全員日本人でも違和感がないかどうか!!

年齢設定を変えたことが吉と出るか凶とでるか!!

 

この2点ですね~

 

原作自体もかなり人気なので、実写化するにあたって相当注目されるでしょう・・・

 

僕もおそらく観に行きます!!(笑)

 

成功か失敗かはその後で・・・

ほとんど原作通りにやるのが成功の最低条件だな!!

改変はリスクが高いですからね~さてどうなるか?

 

スポンサーリンク