kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『東京喰種』実写化第2弾】新着情報と展開予想 月山さんメインか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いよいよ、『東京喰種』実写映画第2弾の公開が近づいてきました。

 

公開日は7月19日です。

 

今回は、新映画の情報に関してです。すでに、ほとんどのキャストは発表されており、だいたいの話の展開も予想できます。

 

注目だった、霧嶋薫香(トーカ)の代役、月山のキャストもわかっています。

 


『東京喰種』第1弾から第2弾の製作へ

 今回の新作は第2弾。

 

知っての通り、『東京喰種』の実写映画第1弾は2017年夏に公開されました。興行収入こそ、11億円ほどで大ヒットとまではいきませんでしたが、僕個人的に完成度は高かったと思います。

 

逆になんでこの程度までしか行かなかったんだ?レベルの出来でした。

まだ見てない方は、ぜひ見てみてください。

 

おそらく、興行収入的には続編があるかどうか微妙なラインで、製作陣も悩んだと思いますが、

何よりも続編の有無を心配させたのは、主演ヒロインのトーカ役だった””清水富美加””の騒動でしょう。

 

彼女の例の騒動により、一時期は本当に続編をあきらめましたね~

 

ただ、代役で””山本舞香””が登用されることが発表され、続編製作が正式に決定しました。

 

『東京喰種』第1弾の展開

第2弾は第1弾の展開の続きから・・・

 

ということで第1弾の展開ですが、単純に月山登場前までですね・・・

 

主人公の””金木研””がある事故がきっかけで喰種になってしまい、同じく喰種である””霧嶋薫香””など喫茶アンテイクのメンバーに出会います。

喰種として生きていく決心と、人間としての意思の間で揺れながら葛藤していきます。

 

そんな中、喰種ハント専門のCCGのメンバーと交戦し、激戦の末、CCGの攻撃を退けます。金木は、CCGの捜査官””亜門鋼太郎””と戦い、トーカは宿敵””真戸くれお””との戦いに勝利します。

 

第1弾はここで終了。

 

人間としての視点、喰種としての視点で世界を見て、本当の自分の行き方を模索する日々は続きます。

 

『東京喰種』実写第2弾展開予想

普通に考えると、第1弾の続きから・・・

 

おそらく、ほぼ原作通りにやってくれると思います。ということは、月山さん編からということに・・・

 

原作でも人気の高い話です。

 

月山さんのキャストは知っての通り、””松田翔太””さんです。ビジュアル的には文句なしです。これは正に月山さんです。

 

月山さんの変態さをどれだけ表現できるかがミソですね。

 

映画でやる話は、月山さん編。金木と月山の壮絶な戦い。

これだけで、映画2時間に入れてくるか?

 

それとも、アオギリ編もやるのか?

 

アオギリ編もやるとすると、かなり詰め込まないといけなくなるので、月山編オンリーになるか?

 

アオギリ編もやるならば、篠原特等なども出さなくてはいけなくなりますが、映画公式サイトの登場人物にはCCGのメンバーで出ているのは亜門鋼太郎のみ・・・

おそらく、アオギリ編はやらないでしょう。

 

つまり『東京喰種』新作のポイントは?

よくも悪くも松田翔太次第・・・

 

松田翔太の””月山さん””次第と言っても過言ではありません。

 

おそらく、『東京喰種』の原作で最も印象的で、最も個性的で、最も謎の多い男で、最も変態なキャラです。(笑)

 

この男の独特のキャラを、松田翔太がどれだけ表現できるか・・・

 

これにかかってます。

 

後は、金木とのバトルにも注目。前回も、CGを駆使してかんりクウォリティーの高いバトルシーンが表現されていました。

今回は、よりパワーアップしていることを期待しています。

 

今回初参加の山本舞香

清水富美加騒動により、物語のメインヒロイン途中交代という前代未聞の事態になりました。

 

正直、前作の清水富美加による””トーカ””が結構よかったので、ここの交代は吉と出るか凶と出るか・・・?

 

ま~これで、例え山本舞香が叩かれたとしても、正直ちょっとかわいそうですが・・・

本人も、かなりのプレッシャーだったと思います。

 

叩かれる可能性が大きいという点では、彼女の演技次第で映画の評価も変わってくるかも・・・?

 

他のキャスト陣に関しては、第2弾ということもあり、安定感があると思うので心配はしていないです。

 

第3弾はあるのか?

あくまで予想です。(笑)

 

第3弾、やるとすれば、アオギリ編・・・!!

 

ぜひ映画で見てみたいというファンの心理はあります。

ま~第2弾の興行収入次第でしょう。前作は11億円・・・

 

これを超えることは絶対条件です。

スポンサーリンク