kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『天気の子』4D上映決定】興収127億円 海外人気が止まらない!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、『天気の子』に関する最新情報です!!

 

え~タイトル通りです!!はい!!

 

『天気の子』の4D上映が決定しました。さらに、興収は今月9月16日時点で127億円を突破!!

 

ここからさらに、4D上映が足されるので、最終興収は150億円ちょっと・・・

 

ぐらいかな~?

歴代の日本映画でいうと、155億円を記録した『崖の上のポニョ』ぐらいまで行くのではないでしょうか?

 

当時は4D上映が無かったことを考えると、さすが宮崎駿!!ですね・・・

やはり観客動員に関しては今も昔も変わらず日本一です!!

 

しかし、新海監督が宮崎監督に勝っている部分・・・

 

それは、

海外人気です!!

 

確かに、ジブリも海外人気はすさまじいですが、ジブリ公開当時の海外での人気よりも、今の新海作品の人気の方が勝っているように思います!!

トロントでの人気は凄まじかったな~

海外の人にも受ける映画なんですかね?

東京の街並みが詳細に描かれているのが魅力なんだろ~な~

 

 

『天気の子』現在127億円!!

7月に公開せれて、早2か月以上・・・

ちょっと前に100億円を超えましたよね~

 


上の記事では最終興収は150億円程度と予想しました。

 

これに4D上映がプラスされるので、最終的には160億円ほど・・・?

かな・・・

 

9月27日から4D上映が開始!! 

 

9月27日(金)から4D上映が開始です!!

 

みなさん4D上映を体感したことあるでしょうか?

最近何かと話題ですよね~

 

今後もっと一般的になってくると思います。

 

去年とかだと、コナンの『ゼロの執行人』や、『ボヘミアンラプソディー』など・・・

 

公開してから一定期間が経った後に4D応援上映が始まります!!

本当にここ数年で始まった、映画業界の最新テクノロジーです。

ダメタローは4D映画を観たことあるかな?

いや、無いですよ~どんな感じなんですか?

それに関して次で解説していくぞ!!

 

4D上映とは?

アトラクションに近い?

一度行ったことがありますが、

 

口で説明すると、””アトラクション””に近いですね・・・

ユニバの””ターミネーター””に近いのではないでしょうか?

 

シーンによっては、席が前後左右に動いたり、水が発射されたり、光がフラッシュしたり・・・

 

目で見るだけでなく、体で感じる映画です!!

 

より観客が臨場感を感じることができます!!

 

IMAXとはまた違う感じですね・・・

あれは3Dの進化系と言う感じですから・・・

 

4Dの施設自体はまだ少ないですが、今後もっと増えていくでしょう!!

 

気になるお値段は?

ちなみにお値段ですが・・・

 

通常料金+1000円です!!

さすがに高いですね・・・(笑)

 

レイトショーでも

1300円+1000円ですから、2300円・・・・

 

でもそれぐらいの価値はあると思います。一応、最新テクノロジーですから・・・

 

なぜ4D上映は後公開なのか?

なぜそもそも最初から4D上映で公開しないのか?

 

まず一つは、先ほども言いましたが、施設自体がまだ少ないこと・・・

関東、関西都市圏の中心部に住んでいる方なら別ですが、地方に住んでいる場合、中々見る機会はないのではないでしょうか?

 

そしてもう一つの理由は

 

採算が取れないから・・・

 

おそらく、絶対ヒットするという確信が無いと、費用が大きい4Dでの上映は無理なのだと思います。

 

ですので、すでに興収が100億円を突破している『天気の子』や

 

毎年安定して好成績をたたき出している『名探偵コナン』シリーズや

 

去年、驚異的な大ブームを巻き起こして100億円以上を記録した『ボヘミアンラプソディー』

 

ぐらいでないと、4D上映の採算条件はクリアできないのでしょう!!

 

もちろん、公開前から大ヒットするなんて分かりませんから、

しばらく公開させた後、大ヒットだったら4Dで、さらにお客さんを呼ぶという、映画製作側の魂胆です!!

 

4Dがある映画館は?

https://cinema.ne.jp/recommend/4dxmx4d2015120411/

 

上のサイトで全国の4D映画館が紹介されています。

 

僕は大阪住みなので関西圏の情報を描くと・・・

 

大阪には4つの劇場があります。

 

  • イオンシネマ四条畷
  • 109シネマズ大阪エキスポシティ
  • シネプレックス枚方
  • TOHOシネマズ なんば

以外にも梅田でやってないという・・・

 

梅田だったら行きやすいのに・・・!!

 

ちなみに京都では2劇場

兵庫では3劇場です!!

 

やっぱり関東圏は多いですよ~

せっかく関西都市圏に住んでるから観に行きたいもんだな!!

『天気の子』は3回観に行ったけど、もう一回観に行ってもいいかも!!

 

『天気の子』お祈りポスター公開

 

これが新たに公開されたビジュアル!!

 

もうね・・・綺麗すぎる!!

 

本当にうまい!!

 

映像の綺麗さは天下一品です。これだけでも観に行く価値はあります!!

 

もう一回観に行こうかな~(笑)

 

新海作品は海外人気が凄い!!

宮崎駿監督最盛期90年代から2000年代にかけて・・・

 

当時のジブリ作品の海外人気をはるかにしのぎます!!

これは間違いない!!

 

トロントでも大盛況!!

韓国、台湾、インドでも初週1位獲得!!

 

当時のジブリより、外国人の熱狂ぶりは凄いです!!

 

作品の質的に、ジブリも新海作品も遜色はないと思います。

新海作品も、ジブリに負けづ劣らづ映像が綺麗!!

 

むしろ、最新のCG技術を駆使して描いているので、当時のジブリを凌いでるかも・・・

 

特に新海監督は、雨の映像がうまいですよね~

 

こういう部分も海外受けするのかも・・・

 

おそらく、今回『天気の子』の興収は150億円ちょっと・・・

最盛期の宮崎作品には敵いません!!

 

しかし、全世界興収だとはるかにしのぐと思います。

 

そういう時代なんだと思います!!

 

日本映画が、特に一アニメ監督の作品をもっと海外に売り出していく時代が来たのだと思います。

 

たぶん新海監督自身そのことが分かっていて、日本では頭打ちだと思っているのでしょう!!

もう宮崎監督が残した『千と千尋の神隠し』の304億円の記録は超えられない!!

 

これから先は海外でも売り出してくべき!!

 

正直、日本での映画宣伝の開拓はスタジオジブリによって成し遂げられていると思います。

ただ、海外戦略だけは後の時代に引き継がれた・・・

ジブリでは開拓しきれなかった!!

 

ある意味、新海監督に残された使命です。

 

2作品連続で興収100億円以上!!

今後10数年、日本アニメ映画業界は新海監督中心に回ります。

 

ジブリによって、日本国内はほぼ開拓し終えている・・・

これからは世界へ羽ばたく時代です。

 

ですので、今回の『天気の子』の海外人気はいい傾向ですね!!

要は日本だけだと限界が来てるんだな!!

海外に向けて宣伝に力を入れていくべきなんですね!!

スポンサーリンク