kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

週刊少年ジャンプ 2018年32号 感想、考察、評価 ①

銀魂 dTVオリジナルドラマ 3つのギャグエピソード
第一話 「眠れないアル」 

僕のあいまいな記憶だと、確か夜眠れない神楽が銀時にからみまくって睡眠を邪魔するはなしだったような?誰もが絶対経験したことある、夜眠れないあるある。共感できる方も多いのでは?

第二話 「土方禁煙」

世の中の禁煙ブームを受けて、徐々に土方の肩身が狭くなっていく話。しまいには、喫煙場所を求めて宇宙まで行ってしまう。僕個人的にも好きなお話です。

第三話 「幾つになっても歯医者はイヤ」
謎に歯医者に恐怖を抱きすぎてる銀ちゃんと土方の絡みがうけます(笑)。個人的には、序盤の銀ちゃんと土方の、ジャンプかマガジンかで争うところが好きです。


そして、僕の好きなマダオの実写のキービジュアルが公開されました。(笑)

なんと・・・立木文彦さんです!! 

まさかまさかの本人役(笑) 
知らない人に説明すると、アニメでマダオ役の声優さんです。


さて、ではでは、さっそく連載漫画の方の感想に行きましょう!

① 『ゆらぎ荘の幽奈さん』 巻頭カラー

相変わらずのお色気満載の話。まー、小学生のときの僕だったら盛り上がっていたかもですが、20を超えた今となっては、ほとんどなびきませんね~。ホントです。巻頭カラーだったので、掲載順位は一番です。

② 『約束のネバーランド』

個人的にいまジャンプで一番熱いマンガ。ついに強敵バイロン卿を撃破!!しかし、エマが致命傷を負いピンチに。エマのみ連れてシェルターへ戻るのか。どっちにしてももう一山ありそうな展開です。
アニメ化も決まってますから、そちらの情報も気になるところですね。

③ 『ワンピース』

遂に和の国へ!!!
個人的には、レヴェリー編が超いいところで終わってるので、もう少しそっちを描いて欲しかった・・。
まーでも、やっと和の国に着いたということで。思い返せば、初めてワンピースの中で和の国という単語が出たのが、僕が小学校6年の時だったので、やっとという思いの方が圧倒的に強いです。しかし、和の国に何年ぐらい費やすのでしょうかね~。
5年ぐらいは覚悟しておくべきだとおもいますよ。

④ 『鬼滅の刃』

これ実は、連載一話目読んだとき、すぐ打ち切られると思って、まったく読んでなかったんですよ~。(オイ!)
いや~、何が売れるかホントわかんないですよね~。(投げた)
また、なんかコメントください。

⑤『ブラッククローバー』

これは、ちゃんと一話目から読んでますよ。もちろん。世界観が素晴らしいと僕は思うんですよ。あんまりジャンプではこういう魔法ファンタジー系は失敗することが多いんですけど、これは数少ない成功作ですね。それに、田畠先生の前の作品『ハングリージョーカー』のときからでしたが、背景にすごい伏線が隠されている感を感じるんですよね~。

⑥ 『火の丸相撲』 センターカラー

最近、火の丸がずっと怖かったのですが、今週、刃皇のおかげで目の輝きを取り戻しました。先週までの流れだと、火の丸が負ける流れだったのですが、今週で分からなくなりました。刃皇との勝負はまだ、五週ぐらい続きそうですが、最終的には負けるが、刃皇の心になにかしらの傷跡を残し、引退を踏みとどまらせるのではないかと予想します。

⑦ 『Dr.STONE』

なんと、原始の世界に携帯電話を作って連絡取れちゃったって話。これ、ホントこんなにうまくいくのかな~?毎週、驚かされる話で僕は、めっちゃこの話好きです。原作者がアイシールドの人なんですよね~。アイシールド好きの人はぜひ、おすすめの作品だと思います。


今日は、ここまでにします。また、すぐに②の方も更新するつもりなので、待っといてください。