kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【週刊少年ジャンプ 新連載】 冬の新連載 『チェンソーマン』、『ne0;lation』、『獄丁ヒグマ』の今後を予想。打ち切り?生き残る?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプでは、毎年10作品ほど新連載が始まります。

 

今年、2019年も早速の新連載3連チャンです!!一通り、出終わったので、3作品を振り返っていきたいと思います。

果たして、生き残って未来の大ヒット漫画となる作品なのか?・・・

 

 

今回の新連載は3作品!!

今回の新連載作品は、

週刊少年ジャンプ2019年1号より、『チェンソーマン』

2号より、『ne0;lation』

3号より、『獄丁ヒグマ』がスタートしました。

 

 

 

『チェンソーマン』は、悪魔退治の漫画です。悪魔の能力を手に入れた主人公が、世間にはびこる悪魔を退治していく、バトル漫画です。(現在3話)

 

『ne0;lation』(ネオレイション)は、ハッカーの漫画です。天才ハッカーの高校生が、持ち前のパソコンスキルで、悪者退治していく漫画となってます。(現在2話)

 

『獄丁ヒグマ』は、霊能力バトル漫画です。地獄から脱走した、悪霊を退治していく漫画です。(現在1話)

 

いずれも、2018年12月21日現在の情報です。

 

新連載のほとんどは打ち切り?

残念ながら、新連載の大半は1年ももちません。これはマジ・・・

 

それが、少年誌の頂点を走る所以であります。毎週、アンケートで順位が発表され、下の順位が続いていると、ある時期になると打ち切りとなります。

 

一応、優遇はされると思いますが、どんな大物作家でも関係ありません。

 

 

現に、大物作家でも打ち切りを食らっています。ですので、新人のデビュー作などになると、打ち切り率は8割ほどとなっています。

 

ですので、ほとんどは打ち切りです。仮に、新連載の今後の展開を予想するとして、「打ち切り!!」って、予想すれば、正解率7割は超えると思います。

 

ですが、このサイトでは、僕の今までのジャンプ歴を生かして、できるだけ正確に予想してみようかと考えております。

 

 

『チェンソーマン』の予想!!

 

まず、作風が今絶賛連載中の漫画、『呪術廻戦』とかぶってます。

 

『呪術廻戦』自体、去年連載が始まったばかりで、まだアニメ化もしていない作品ですが、一応、天下のジャンプにて1年近く生き残っている作品なので、新連載に比べると実績があるかと・・・

 

仮に、二つが当落線上にいた場合、『チェンソーマン』のほうが打ち切られる可能性はあると思います。

 

2つとも売れるに越したことはないですが、アンケートの票が割れる可能性はでかいですね。その点だと若干、不利だと思います。

 

『ファイアパンチ』の作者

実は、作者はジャンププラスにて連載していた『ファイアパンチ』の人なんですね。

 

ですので、まるっきり新人というわけではなく、前作のファンの方もバックについているという強みもあります。

これが、アンケートにもうまく作用すれば、『呪術廻戦』にも負けないかもしれません。

 

まーどっちにしろ2作も、同じカラーの漫画はいらないでしょう。

 

 

総評

1年以内打ち切り率 65%

半年以内打ち切り率 45%

 

ちなみに、僕はこういう暗い話が苦手なので、作品自体は好きではありません。

打ち切り率65%ですが、すぐに打ち切られることはないかと思います。僕の予想ですが、『食戟のソーマ』など、かなり最終回に近づいているはずです。タイミングにもよりますが、延命される可能性もあります。

 

今後の新連載の出来次第では、半年以内の打ち切りもあるかなと・・・

 

『ne0;lation』の予想!!

ハッキング漫画。ハッキングと聞いて思い出されるのが、マガジンの名作、ドラマ化もされた『ブラッディマンデイ』でしょう。

 

あの作品が始まった当時は、サイバーテロは最先端であり、同時期にハリウッド映画『ダイハード4』もサイバーテロを扱った作品になっていたのも印象的でした。

 

そこから、10年以上たってのこの漫画ですが、正直今の時代、ハッキングに新鮮さはありません。それこそ、あと10年早ければ、革新的な設定の漫画として、話題になったと思いますが・・・

 

悪役がへちょい・・・

どうしても『ブラッディマンデイ』と比べてしまうのですが、せっかくハッキング技術で悪者を退治していくのであれば、国際テロ組織レベルの悪役を出してほしいです。

 

まだ、2話ですが今のところ、借金取りレベルの悪役しか出てきてません。

 

なんか、盛り上がりに欠けるような・・・

 

総評

1年以内打ち切り率 90%

半年以内打ち切り率 75%

 

まー今後の展開次第ですが、今のままだと短期打ち切りかなと・・・

あと、個人的に主人公がうざいです。過去設定があるのかもしれませんが。

 

新連載は最初の3話までが勝負なので、早めに勝負かけてほしいです。

 

『獄丁ヒグマ』の予想!!

第1印象は、ありがちな設定の、ありがちな能力の、ありがちなバトル漫画だな~と・・・

 

1話目は面白かったんですが、今後の展開もだいたい読めるというか、既視感がありますね。

たぶん、この2人は同じ学校ですよ、たぶん。次の話あたりで、学校での様子が描かれる感じですよ・・・

 

僕程度に、先を予想されてちゃ、たかが先が知れてますよ・・・

 

総評

1年以内打ち切り率 90%

半年以内打ち切り率 80%

 

どうなるかはわかりませんけどね。あくまで今の時点ではです。

 

最後に

あくまで、僕の意見です。この予想が100%当たると思わないでください。正直、ジャンプを15年以上読んできましたが、何が当たるかなんてわからないんです。

 

これはあんまりだなと思った作品は、短期で打ち切られることが多いですが、それでも過去、その作品が売れた例はあります。

逆に、個人的にこの作品は面白いなと思っても、打ち切られたこともあります。

 

だからわからないんですよね~正直!!

 

ただ、ごくまれにですが、1話目を読んだ時点でこれは絶対いける!!って思う作品が数年に一回あるのも事実です。今回はありませんでしたが・・・

 

最近だと、『Dr.STONE』など、1話目読んだ時点で、絶対売れると確信しました。現に、アニメ化も決まりましたし・・・

 

過去これで唯一外したのが、『サイレン』ですね。1話目読んだとき、絶対いける!!って思ったんですけどね・・・(笑)

 

 

 

 では、今回はここまでにします。さいなら~

スポンサーリンク