kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【スタジオジブリ最新作】後3年かかる??いつ公開??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、スタジオジブリの最新作の情報について!!

 

2013年に引退を表明した宮崎駿監督ですが、やはりというか・・

案の定、引退を撤回し新作を作っているようです・・(笑)

 

ここ20年ぐらいお決まりの展開ですね~~

結局、ああいう芸術肌は作品を作ってないと生きていけないんですよ!!

故、高畑監督も死ぬ直前まで新作を作っていたぐらいですから・・

 

個人的には『風立ちぬ』は宮崎駿生涯最後の作品として素晴らしかったと思うんですけどね~~

あれで終わればいいのに・・

 

 

スタジオジブリ最新作製作状況は??

タイトルは『君たちはどう生きるか』

””宮崎駿が今作っている新作は、壮大な空想物語である””

 

鈴木プロデューサーがアメリカメディアに語った言葉・・

すでにタイトルは決まっているようですね!!

 

過去にも色々と作品を作ってきたので、もういいのではないか??と鈴木P自身も宮崎駿に伝えたようですが・・

やはり死ぬまで映画を作りたいようで・・

 

それなら、今までで一番長い時間と最高の製作費をかけて作ろう!!

となったのだとか・・

 

1か月で1分の映像を作る

どれぐらいのお金がかかるかは置いといて・・

 

現在、アニメーター約60人で活動しているが、これまで以上に時間がかかっているようで・・

今のところ、だいたい1か月で1分しか進んでいないのだとか・・

 

すでに製作が始まって3年!!

つまり今、36分間はできているようです!!

 

予定だと、あと3年かかるらしい・・

 

宮崎吾郎監督の最新作も!!

息子の宮崎吾郎監督の作品の製作も進んでいるようです!!

 

2006年『ゲド戦記』

2011年『ココリコ坂から』

 

現在タイトルすら未発表なので、製作段階としては宮崎駿監督作品よりも前段階なのでは??

ただ、息子の吾郎は、父親と違って製作が当初の予定より遅れたことは無いので、状況次第では吾郎監督の作品の方が公開は早いかもしれないですね!!

 

それでも、前作以来10年以上経っていることになりそうです・・

 

『ゲド戦記』は、ま~あれでしたが・・(笑)

『ココリコ坂から』は、結構個人的には好きです!!

高度経済成長期の日本がいい感じに描かれていて、特別盛り上がりはしませんけど、いい青春物語って感じ・・

 

いつ公開されるのか??

予定より遅れるのが宮崎駿監督!!

鈴木P曰く、予定だと後3年・・

 

ま~まず無理でしょうね!!

 

宮崎駿作品の歴史を振り返ると・・

  • 1984年『風の谷のナウシカ』

↓ 2年(スタジオジブリ設立)

  • 1986年『天空の城ラピュタ』

↓ 2年

  • 1988年『となりのトトロ』

↓ 1年

  • 1989年『魔女の宅急便』(原作有り)

↓ 3年

  • 1992年『紅の豚』

↓ 5年(『耳をすませば』の製作に関わる)

  • 1997年『もののけ姫』

↓ 3年(近藤喜文死去)

  • 2001年『千と千尋の神隠し』

↓ 3年

  • 2004年『ハウルの動く城』(原作有り)

↓ 4年

  • 2008年『崖の上のポニョ』

↓ 5年

  • 2013年『風立ちぬ』(引退宣言)
  • 2017年 引退撤回

・・・・

 

 

こう見ると、若い頃は作品を多く作ってたんだな~~という印象・・

 

そしてやはり『もののけ姫』の製作にはそれなりの時間をかけたのだなという印象・・

ジブリ始まって以来の超大作でしたから・・

近藤喜文があのタイミングで死んだのは、ジブリ最大の損失・・

 

個人的に思うに、引退宣言詐欺を何度もしてきた宮崎監督も、2013年の引退は割とマジだったんだと思います。

2000年以降、作品から作品までの感覚が広がってきたのはお判りでしょう!!

色々原因はあると思いますが、基本的に予定より遅れた末です(笑)

 

ジブリ展とかいくと、過去のPと監督とのやりとりのメールがあるのですが、大半が予定催促です!!(笑)

 

 

最後の『風立ちぬ』から既に7年!!

引退撤回から製作開始して早3年・・

 

コロナの影響を少なからず受けていると考えて、後3年でというのは多分無理!!

 

製作スピード

1か月に1分間の映像分しかできない・・

 

なんでこんなにも遅いのかは置いといて・・

 

既に、3年間製作して36分間分の映像が出来ているみたいです!!

後3年の予定という事は、映画の長さはだいたい72分前後と考えられます!!

 

マジか???そんな短い??

ちなみに前回の『風立ちぬ』が126分です!!

 

歴代の宮崎作品は

  • 『風の谷のナウシカ』 116分
  • 『天空の城ラピュタ』 124分
  • 『となりのトトロ』 88分(『火垂るの墓』とダブル上映)
  • 『魔女の宅急便』 102分
  • 『紅の豚』 93分
  • 『もののけ姫』 133分
  • 『千と千尋の神隠し』 124分
  • 『ハウルの動く城』 119分
  • 『崖の上のポニョ』 101分
  • 『風立ちぬ』 126分

 

72分何かに収まるわけが無い!!

鈴木Pの発言からだと、過去最高に長くなってもおかしくないようにも取れます・・

少なくとも100分は超えてくることを考えると・・

 

後6年ぐらいはかかるんじゃない??

 

正直『風立ちぬ』が最期の作品としてふさわしい

なんでかな~~

色々賛否両論ある作品だけど、『風立ちぬ』見た時はマジで名作だと思いましたよ!!

これこそ宮崎監督の最後にふさわしいと思いました!!

 

そしてその後の引退・・

ま~完璧だったんです!!

 

この人が日本映画界に与えた功績は計り知れません!!

日本映画史上最も数字が取れる監督です!!

 

特に『もののけ姫』以降・・

これより前の日本映画なんてマジでクソだったんですから!!

興収100億円超えた作品なんて1979年の『南極物語』くらいしかなかったんですかよ!!

その時代の100億越えの大半はハリウッド映画・・

『ET』『スターウォーズ』とか・・

 

それが1997年に『もののけ姫』が公開されて、それまでの日本映画のあらゆる最高記録を塗り替えて、興収193億円を記録!!

その後、これは偶然ですが、

『タイタニック』が公開されまた更なる記録を塗り替え・・

そして『踊る大捜査線』シリーズが公開され、日本実写でも100億円を超える作品が来て・・

 

2000年代の日本映画は宮崎駿監督のおかげで非常に盛り上がりました!!

 

その後宮崎監督引退・・

2016年新海監督が来た!!新たな100億円越えコンテンツ監督の誕生!!

 

 

つまりですね・・

宮崎監督がいなかったら日本映画がどうなってたんだ・・??

っていうレベルです!!

多大なる貢献をしてきた宮崎監督だからこそ、引き際は綺麗に去って欲しかった~~

 

 

あくまで個人的意見ですが・・

 

スポンサーリンク