kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【岸本斉史新連載】『サムライ8八丸伝』の予告が連載!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


いよいよ、『ナルト』の原作者、岸本先生の新連載が近づいてきました。去年に新連載の話が出て以来、音沙汰がなかったものですから、どうなったのかずっと気になっていました。

 

もしかしたら、話自体がなくなったのかも?なんて考えていました。

 

 

が!!

 

いよいよ岸本先生の新連載『サムライ八丸伝』の予告が・・・

 

 

平成最後のジャンプで予告を掲載!!

 いよいよ平成30年間が終わります。

そして、平成最後の週刊少年ジャンプは4月27日発売です!!

 


平成最後のジャンプにふさわしく、表紙巻頭カラーは平成最高のヒット作『ワンピース』が務めます。

 

そして、その『ワンピース』と唯一互角に渡り歩いた『ナルト』を生み出した、岸本先生の新連載の予告編が載ります。

 

さらに、『トラブル』の矢吹先生が、画業20周年を記念して、『トラブル』の読み切りも載ります。

 

色々、話題が豊富な平成最後のジャンプ・・・

 

予告編は全4ページ

 予告編はカラー1ページとモノクロ3ページで構成されるようです。

 

すでに、カラーカットは公開されています。

 

カットからは、和風、そして機械ものの作品であることが予想できます。

 

和風テイスト、SFテイストが混ざった作品になるのか?

 

長期連載は2014年以来!!

長期連載作という事になると、『ナルト』の最終回が掲載された2014年以来、5年ぶりのジャンプ帰還という事になります。

 

元々画力が高いことで知られている、岸本先生の絵がまた見れるというのは、ファンとしてはすごいありがたいことです。

 

すでに一生を遊んで生きていくだけのお金があると思いますが、また週刊で連載するというのは、本当に漫画が好きなんでしょうね~(笑)

 

僕なら、もう長期連載作なんて書かないでしょうね(笑)

 

一体、どうなるのか楽しみです。なんせ、これほどの大物作家が再び週刊少年ジャンプに連載となると、過去にもそんなに例はないと思います。1作目が15年にもおよぶ長期連載ですからね~

 

本当にどうなるのか楽しみです。これで2作目も大ヒットするようなら、まさに神という言葉がふさわしいです。

 

岸本先生の2作目はどうなるのか?

期待値が異常なほど高い

おそらく、何を書いても『ナルト』と比べられることになるでしょうね。

 

序盤は、どんなキャラを書いても、どんな話を書いても、背景に『ナルト』がちらつくと思います。

 

それぐらい『ナルト』は偉大な作品でした。

もちろん、それだけファンの期待値も高いでしょう。普通のヒットだとダメなんです。大ヒットであることが、確実に求められます。

 

だからこそ、『ドラゴンボール』の鳥山明先生などは、もう読み切りしか書かないのだと思います。まー週刊連載に懲りたというのもあるでしょうが・・・

 

才能の枯渇

個人的な意見ですが、人間ってそれぞれ一生のうちに発揮できる才能の量って決められてると思っているんです。

 

だからこそ、全く違う話で2作もヒットに導ける人ってすごいな~と思っているのですが・・・

 

岸本先生の場合も、『ナルト』の連載で、自分の才能のほとんどを使い果たしたのではないかと思っています。僕的に、『ナルト』の終盤はもうガス欠状態だったな~と・・・

 

果たして、もう一つ作品を大ヒットに導くだけの力が残っているのか?

 

まとめ

『ナルト』で一世を風靡した岸本先生の新連載の連載が近づいてきました。

 

タイトルは『サムライ8八丸伝』!!

 

『ナルト』とは違う世界観を見せてくれることを期待しています。前作の『ナルト』の影響があまりにも大きすぎますが、ぜひとも2作目の伝説を残してほしい!!

 

また『BORUTO』との新旧のコンビ連載も見てみたいですね(笑)

スポンサーリンク