キムローの部屋

このブログは、20代サラリーマンが米国株投資で本気でFIREを目指して、会社を辞めるまでの全記録を発信するブログです!!

MENU

スポンサーリンク

【親にお金の相談はしない方がいい説】親世代とは給与水準も生活水準も違う!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本人はお金嫌いなので、あまり他人にお金の話をしないと思います。

皆さんの周りでも、あまりそういう話題にならないのではないでしょうか??

 

そうなってくると、いざ、お金に関して誰かに相談したいとなった時、真っ先に思い浮かぶのが”親”となってくるのでは??

しかし、正直に言って、お金に関してだけは親には相談しない方が良いと思います。

 

なぜなら、親世代と自分世代ではあまりにも時代が違いすぎるからです。

俺の親とかだと、狂乱のバブルを生き抜いた世代です。そんな人と、今の少子高齢化、衰退経済を生きている俺が、お金の価値観が合うわけが無い!!

給与水準も、生活コストも今とは、あまりにも時代が違いすぎます。

 

 

『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしって凄くない??

f:id:kimurou:20201208220813j:plain

『クレヨンしんちゃん』は、1990年連載開始です。

あの家族構成や、生活水準などは、当時の30代前半がベースに描かれていると考えられます。

 

野原ひろしのスペック

  • 30代前半
  • 妻あり、子供は2人持ち
  • 埼玉県春日部市に在住
  • 2階建て、ガレージ付き、庭付きの一軒家のマイホーム
  • 2流商社勤め(本社は東京都丸の内)
  • 年収650万
  • 妻のみさえは専業主婦
  • マイカー持ち(セダン)

 

もしこれが、2020年だとすると・・

かなりのハイスペックじゃないですか??

今の時代に、30代前半であんな立派な家住めますかね??しかも、奥さんは専業主婦!!

 

 

ただ1990年代は、これが日本の30代前半男性の平均だったのだと思います。

 

30歳前後でマイホーム当たり前・・

奥さんが専業主婦は当たり前・・

年収650万円でも妻から安月給と罵られる・・

 

今じゃ考えられないですね~~

 

もし『クレしん』が2020年連載だったら・・

もしも、『クレヨンしんちゃん』が2020年だったとすると・・

 

野原ひろしのスペックは、

  • 未婚
  • 実家暮らし
  • 契約社員

 

以上。

 

たぶん『クレヨンしんちゃん』の話が成り立たないです(笑)

 

親世代とはお金事情が違いすぎる

日本人の平均年収の推移です。

f:id:kimurou:20201208214417j:plain

 

1997年をピークに日本人の平均年収は毎年下がって言ってます。

 

一方で親世代は、年月が経てば経つほど、給料が上がった時代を経験した人たちです。そして、定年まで勤めあげたら退職金があり、それで住宅ローンの残りを払い、年金で老後安定というのを、ずっと常識として教えられてきた世代です。

(実際はそうはならなかったが・・)

 

つまり、普段の生活のコストとかの面でも、お金の使い方なども、親世代とはあまりにも価値観が違うのは当たり前なんです!!

 

昔は、就職したら最初のボーナスで車を買うとかが普通だったのでは・・??

大体、新人は1年目で車を買っていた・・??

 

俺は、自動車会社に勤めているから余計でしょうが、

よく先輩社員から車は買わないの??とか、何の車欲しいの??とか・・

車を買うのが前提みたいに話をされました。

 

今時、そんな奴、少数派だって・・(笑)

 

大半の新入社員は車なんて買う余裕なんて無いって・・

割と、周りでも奨学金借りて大学行ってた人も多い。社会人生活を借金からスタートしてる奴もいるんだから・・

 

親とか世代が離れた人にお金の相談はするべからず!!

後、銀行員にも・・

相談するべからずです。あいつらは、自分が儲ける事しか考えてないから・・

 

相談するなら、自分で調べた方が良いと思います。

身近に奇跡的にお金に詳しい人がいたら別ですが・・

 

本屋行って、お金のコーナーに置いてある本を片っ端から読んでいけば、十分すぎる知識が付くと思います。

 

おすすめ書籍紹介

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

スポンサーリンク