kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『ワンピース』ウォーターセブン編】当初は設定が固まっていなかった!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、『ワンピース』に関する記事です。

 

作者の尾田先生のコメントで、『ワンピース』のウォーターセブン編は、最初ほとんど設定が決まっていなかったというのがありました!!

 

割とびっくりですよね~(笑)

 

『ワンピース』は綿密に張り巡らされた伏線なども売りですが、それなのに、ウォーターセブン編は実は行き当たりばったりだったという事実・・・!!

 

ウォーターセブン編は『ワンピース』の中でも、かなり評価が高い所なので、なおさら驚きです・・・

 

 

ウォーターセブン編とは?

あらすじ

アラバスタ編や空島編と数々の激闘を繰り広げてきた麦わらの一味・・・

 

そんな一味を乗せている船、””ゴーイングメリー号””はすでにぼろぼろ・・・

 

そこで、ルフィたちは船大工に船の修理と、仲間に引き入れるために島を目指し、辿り着いたのは、水の都””ウォーターセブン””!!

 

そこには、世界一の船大工たちが・・・

 

早速、船大工に船の修理を頼むが、すでにメリー号は修理できないほどのボロボロ・・・

新しい船に乗り換えることを決めるルフィだったが、ウソップと激突!!

 

ウソップは一味を抜けることに・・・

 

一方で、ロビンの方にも不穏な動きが・・・

なんと、ウォーターセブンには、世界を揺るがす古代兵器””プルトン””の設計図が眠っていることが・・・

 

それを手に入れる為、世界政府直属の機関””CP9””が動いていた!!

そして彼らは、ロビンに近づく・・・

 

理由をが分からないまま、突如、麦わらの一味から姿を消すロビン・・・

 

ルフィたちも戸惑うが、彼らは、CP9とロビンの前までたどり着く・・・

ルフィやゾロがCP9にボコボコにされる中、ロビンの真意に気づく仲間たち・・・

 

ロビンは、一味の無事を願って、自分一人が世界政府の犠牲になるという・・・

 

ロビンは、世界政府の玄関口””エニエスロビー””に連れていかれるが、もちろん麦わらの一味も追いかける・・・

 

また、設計図を持つとされるフランキーも、ロビンと同じくエニエスロビーに連れていかれる・・・

なぜか、流れでウソップも巻き込まれる・・・

 

麦わらの一味は、数々の難関を乗り越え、エニエスロビーに辿り着き、CP9とぶつかる!!

そして、遂に、ロビンの幼いころの過去が明らかになる!!

 

全てを受け入れた麦わらの一味は、ロビンを助け出す為、世界政府の旗を燃やし、宣戦布告する!!

 

途中、バスターコールもかかる中、CP9を倒すが、窮地に追い込まれる。そこに助けに来たのは、ゴーイングメリー号だった!!

仲間を助ける為、もう走れないと言われた船が、仲間の為に駆け付けた!!

 

そして、メリー号に乗って、エニエスロビーから脱出!!

 

再びウォーターセブンに戻る途中、メリー号は突然壊れる・・・

麦わらに一味は、メリー号にお別れを告げる・・・

 

ウォーターセブンに戻った一行・・・

フランキーが一味の為に新しい船を造ることを決意!!

 

そして、ルフィ達は、新しい船””サニー号””と、新しい仲間””フランキー””をゲットし、ウォーターセブンを後にする・・・

 

評価

個人的にウォーターセブン編は最高だと思っています!!

 

ただ、めちゃくちゃ長かった・・・(笑)

3年ぐらい続きました。

過去編を2回挟みましたからね・・・

 

フランキーの過去編、ロビンの過去編・・・

 

特にロビンの過去編はめちゃくちゃ感動しました。ロビンは、アラバスタ編の直後から、ルフィ達の仲間になるのですが、

 

どこか謎めいている女・・・

仲間に本当に気を許してはいない、どこか壁がある女でした・・・

 

それだけに、当時ファンとしては、ロビンの過去編は本当に楽しみで、いつだいつだ??と待ちわびていました・・・

この過去編は、ポーネグリフに関する内容とも深く関わっていたので、割と物語の核心に迫るものだったのも高評価!!

 

そして、最後のあの場面でメリー号が助けに来るという展開!!

もう説明不要かもしれませんが、本当に感動しました。当時、ジャンプ読みながらめっちゃ泣いてましたね・・・(笑)

 

後、個人的に、コミックス41巻の、そげキングが世界政府の旗を燃やす場面・・・

その後に、ルフィとロビンが叫ぶ場面・・・

 

ここが一番泣けた!!

 

このように、ウォーターセブン編は、泣けるシーンも結構多いんですよね~

そこも高評価!!

 

あと、ボスキャラのロブルッチのキャラも良かった・・・

中々のカリスマ性がありました。当時、読んでいて、本当に勝てるのかな?って思っていた記憶があります(笑)

 

それぐらい無敵感がありました・・・

 

 

ウォーターセブン編の設定はほとんど決まっていなかった??

本当に決まっていなかったようです(笑)

 

始まった当初、決まっていたのがフランキーが仲間になること、メリー号とお別れすること!!の二つだけだったようです。

 

実は、ウォーターセブン編が始まる前に、デビーバックファイト編という小休止を入れてたのを覚えているでしょうか??

 

これは、『ワンピース』史上初めて、アラバスタ編、空島編と、長編が連続したため、間に小休止を入れたみたいです。

だいたいコミックス2冊分くらいの長さです。

 

僕の感覚だと、この間に、次の長編の準備でもしていたのかな?と思っていたんですけど、

どうやらそうでもなかったみたいです(笑)

 

ほとんど決まっていない状況で始まり、船大工たちも登場させました。ルッチやカクも、出た当初は敵のつもりで書いていなかったようです・・・(笑)

 

さて誰を敵にしようかな??みたいな感覚で決めたよう・・(笑)

 

フランキーのみは、最初にだいたい決まっていたので、読者を騙す為に、最初はウソップをいじめる嫌な奴にしたみたいです。

 

まんまと騙されました。出てきた当初は、ルフィにぶっ飛ばされるだけのキャラだと思ってました。(笑)

まさか、あいつが仲間になるとは??

 

いつのまにか流れで、一味と一緒にCP9と戦ってましたもんね・・・

 

パウリーが仲間になると思ってた!!

ウォーターセブンあるある(笑)

 

””途中までパウリーが仲間になると思ってた””

 

(笑)

 

僕も思ってました。

メインで出てきた船大工の中で唯一、CP9でなく、純粋に良い奴でした。アイスバークの一番信頼している部下というのも、勘違いさせた要因です!!

 

今思えば、フランキーでよかったような気がしますけどね・・・

 

あのロープ使いの能力をこれ以上パワーアップもできないだろうし、まともすぎて、一味の中で影薄い奴になっちゃいますよ・・・(笑)

 

フランキーぐらいキャラが濃くないと、麦わらの一味にはなれないですね(笑)

 

フランキーが嫌な奴

本当に出てきた当初はヤな奴でしたよ~

 

ウソップファンは未だに怒ってるんじゃないですか??

 

いつのまにか、めっちゃ兄貴肌のいい奴になってましたけど・・・

 

でも、もう10年以上前の話なんですよね(笑)

まだ連載が続いているっていうのも驚きですが・・・

 

本当にいつまで続くのか??

 

ウォーターセブン編ってもう10年以上前なんですよね~

僕は小学生でしたから・・・

 

本当に月日が経つのは早い!!

 

まとめ

行き当たりばったりで、あれだけのクォリティーに仕上げてくるあたりは、さすが!!というしかないです。

 

 

あの、鳩の奴を悪い奴にしよう!!という感じで決めたとは!!

 

本当に驚きです!!

ルッチはまだ出てますからね~

 

CP0は、和の国編でも関わってきそうです!!

 

そして劇場版でもルッチの戦闘シーンがあります。

 

スポンサーリンク