kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ワンピース 考察】 和の国の亡霊の謎

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、キムローです。

 

今週の『ワンピース』で衝撃展開があったので、先にそちらを記事にします。

 

 

なぜ、生きているはずの、モモの助や錦えもんの墓が和の国にあるのか?

 

しかも、相当古い感じです。

 

これについて考察していきましょう。

 

www.kimuroulab.com

 

 

 

墓が作られたのは20年前?

和の国編が始まって以降、色々、明らかになった事実があります。

その一つが、20年以上前まで、和の国は光月家によって治められていたことです。

さらに、20年前、カイドウの手によって光月家は滅ぼされ、和の国のトップが変わります。

 

これまでの和の国に至るまでの、錦えもんや雷ぞうの会話などから、その時の争いで、光月家の将軍のおでんは死んだということがわかっています。

 

しかし、今週号の『ワンピース』で、おでんだけでなく、息子のモモの助、その家臣たちの墓の描写が描かれています。おそらく墓を作ったのは、国民たちで、20年前の争いで光月家は家臣もろとも死んだと思ったのでしょう。

 

国民たちがそう思うのは、不思議なことではありません。

問題は別にあります。

 

生きていたとしても年齢がおかしい!! 

普通に考えると、先のカイドウとの争いで、光月家は全員死んだと思っていたが、何らかの方法で生きていたという事で終わるのですが・・・

 

さすが尾田先生!!一筋縄にはいきません。

 

生きていたとしても、モモの助の年齢がおかしい!!20年前の事件にかかわったとしたら、もう大人でないといけない!!

 

なぜ、まだ子供なんだ!!

かつて、ゾウにてモモの助は、ロジャーに会ったことがあると言っていましたが、本当に会ったことがあるのかもしれません。

 

あの時は、子供故、勘違いをしてしまっただけだと思っていましたが、頭の片隅で少し引っかかっていました。

 

時間を飛び越えた説

今のところこれが最有力!!というより、これしか考えられない。

 

20年前、カイドウとの争いのさなか、もうかなわないと悟って、20年後にタイムスリップしたと考える説です。

 

おそらく、イヌアラシとネコマムシは、タイムスリップせず何とか逃げて、ゾウに帰ったのでしょう。そして、将軍おでんの死が原因で、仲たがいしてしまったということでしょうか?

 

20年後に、タイムスリップした、モモの助と家臣達はおでんと共に旅をしたイヌアラシとネコマムシを求めて海に出ます。

 

そして、ゾウにて麦わらの一味によって送り届けられたモモの助たちと20年ぶりの感動の再会を果たしたという流れでしょうか?

 

どうやって時間を飛び越えた?

悪魔の実の力しか考えられません。”トキトキの実”といったところでしょうか?

 

では、誰の能力か?

将軍おでん様でしょう。

 

錦えもんや、カン十郎はすでに能力者で、モモの助も悪魔の実を食べてもどうもならなかったので、元々はただの人間です。

 

20年前、カイドウの手によって殺される寸前、最後の力を振り絞って、自分の息子のモモの助と家臣達を20年後に逃がしたという事でしょう。

 

そして、20年後に消えたモモの助たちは、周りから死んだと思われ、墓が作られます。

 

おそらく、この能力は将軍家に代々伝わる能力で、ポーネグリフを作るうえで必要な能力なのではないでしょうか?

何をしても壊れない石は、この能力で時を止められているのではないか?

 

 

20年後にタイムスリップしたことをカイドウは知っている?

おそらく、知っているでしょう。

 

光月家がカイドウ側から悪霊一族といわれている点。

そして、ドフラミンゴが執拗にモモの助を狙っていた点。

 

これらを考慮すると、20年後にタイムスリップしていることは、カイドウ側にバレています。

 

20年後に飛ぶ瞬間を見たのか、それとも、突如20年後に現れた瞬間を見られたのかは分かりませんが。おそらく、後者だと思います。

 

なぜ20年後なのか?

何か、深い理由があったのか?

おでんは海賊王ロジャーと共に、世界の秘密を知った人物。

 

あえて、20年待たなければいけない理由があったのかもしれません。

 

これに関しては、まだ分かりませんが。

 

 

まとめ

一応、『ワンピース』はファンタジーです。タイムスリップ系の設定があってもおかしくはないと思います。

 

今後、和の国の過去編などが語られる日が来るでしょう。その時に、この説が正しいのかどうかがわかります。

 

この和の国編は、『ワンピース』の物語の核心に迫る話だと思うので今から楽しみです。

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

スポンサーリンク