kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『ワンピース』まもなく950話到達】950話の凄さを語りつくす!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


現在、2019年6月30日時点で『ワンピース』の話数は946話!!

 

近いうちに950話に到達します。そしてほぼ間違いなく1000話も超えてくるでしょう!!

 

近年、『ワンピース』の作者、尾田先生は自身の体調を考慮しながら、たびたび休載をはさんで連載しているので、連載ペース自体は落ちていますが、2020年末、もしくは2021年の初めには、1000話に到達するでしょう!!

 

これ実はものすごいことなんです。今回は、週間少年ジャンプにおける長期連載の凄さについてです。

 

 

1000話を超えた作品は過去1作品だけ!!

 週刊少年ジャンプ51年間の歴史の中で、連載話数1000話を超えた作品はただ一つ!!

 

おそらく皆さんもうわかっていると思います。

 

そう!!

『こちら亀有交番前派出所』です!!

 


前人未到の連載40年!!

連載話数1960話!!

しかもその間、休載なし!!

 

もはや人間じゃないです(笑)

僕的には、どうせなら2000話まで連載してほしかったですが・・・

週刊連載ってかなり酷なんです。休みがありませんから。ま~作者によってそのあたりは異なるようですが・・・

 

たまにしか連載しない作者もいますしね・・・(笑)

 


 つまり、『ワンピース』が1000話に到達すると、ジャンプ史上2作目の快挙となります。

 

『ワンピース』の1000話の意味

まだ1000話には到達していませんが、ほぼ間違いなく到達するので・・・

 

『こち亀』の1000話と、『ワンピース』の1000話では、全く意味が違うと思います。もちろん、どちらともとてつもないことであることは事実ですが・・・

 

1000話も連載しようと思ったら、最低でも20年はかかります。だいたい、1年で50話連載なので、1000話に達するのは20年ぐらい 計算です。

 

『ワンピース』は、今年で22年目で、現在950話の手前ですが、これは休載があるからです。これは仕方ないです。はっきり言って!!

 

週刊連載を20年間も続けるなんて、一般人からしたら正気の沙汰じゃないです。どれだけ過酷かは『バクマン。』を読んでください。

中学生なら死にかけるレベルの仕事です(笑)

 

 

『こち亀』は毎回1話完結のギャグマンガです。ギャグ漫画ですから、キャラクターは年も取らず永遠にループし続けます。

まー良くも悪くも、話が進まないわけです。

 

ですので、続けようと思えばいつまでも続けられるわけです。(『サザエさん』みたいに作者が死んでも続いている感じ)

 

ただ、週刊少年ジャンプという、競争の激しいマンガ雑誌の中で、数々の名作と共に連載しながら、1度も休載の危機がなかったのは見事です。特に80年代を、切り抜けたのは見事!!

 

 

一方で、『ワンピース』は冒険ファンタジー漫画です。20年以上たっても、描き切れないほどの壮大な物語です。

もはや一人の人間が考えられる域を超えています。

 

まず、そんだけ広い世界観の話を考えられる凄さと、それを見事に描き切れている凄さ!!

話も崩壊していないですし、ちゃんと読者にも理解しやすい展開、おそらく、作者自身ちゃんと現状を把握できているのでしょう。

 

話の設定でも、つじつまが合わないといった展開もほとんどありません。(少しはあるが・・・)20年以上の長期連載でこれは見事としか言いようがありません。

 

週刊少年ジャンプで生き残ることの難しさ

週刊少年ジャンプには有名なアンケートシステムがあります。

これにより、毎週連載作品の順位が出て、当然下位の作品は打ち切られていきます。

 

そして、その代わりにまた新しい連載作品が始まります。そしてまた打ち切られ・・・

 

このサイクルの繰り返しにより、ジャンプは日本一のマンガ雑誌の地位を築いてきました。

 

僕の経験上、毎年10作品ちょっと新連載が始まるのですが、1年後残っているのは、多くて2作品です。

 

数年に一度、4、5作品ぐらい残ったりします。その年は豊作の年ですね~

 ひどい時は1作も残らない年もありますからね・・・

2019年は今のところ、外れ年ですね~

 

なので、ジャンプの連載作の大半は打ち切られるわけです。

 

こう見ると、より一層、『ワンピース』の凄さが際立ちます。そもそも、20年以上連載していた作品というと、『こち亀』、『ワンピース』ぐらいか・・・?

後、『ハンターハンター』、『ジョジョシリーズ』・・・?

 

そもそもジャンプで5年以上続いた作品は42作品のみ・・・

ちなみに、ジャンプに連載された作品数は600作品以上です。

 

 

5年以上連載することも、相当の困難な確率です。ちなみに、2000年以降だと15作品です。このことから、近年、ジャンプ作品は長期化の傾向にあるということが言えます。

 

新しい血が入ってないということなのか?

これがいい傾向なのかは分かりませんが・・・・

 

スポンサーリンク