kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ワンピーススタンピード感想】アニメ20周年の集大成!! 興行収入も予想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ようやく『ワンピーススタンピード』観に行けました!!

 

今年のお盆休みは、北京に旅行に行っていたので、中々観に行くチャンスが無かったんですが・・・(笑)

 

アニメ20周年という事もあり、製作側も、ファンも、世間もかなり盛り上がっていた印象があります。未だかつてないぐらい・・・

 

その期待に応えて、映画もかなり盛り上がりのあるものに・・!!

 

**この記事は、ネタバレを含みます!!**

 

 

それでは感想から行きましょう!!

 

 

『ワンピーススタンピード』感想

過去最大の盛り上がり

やはり、たまにしかない劇場版!!

これぐらい盛り上がってなんぼです!!

 

アニメ20周年という事もあり、出演キャストはオールスターに近い状況・・・

 

懐かしのシチュエーションがあったりなど、ファンにとってはたまらないサービスも!!

懐かしのシチュエーションも、人と状況が変わっただけという感じでした・・・

 

そして、最後には、あの往年のワンピースの名曲、””ウィーアー!””も!!

 

とにかく、今回の映画は、過去20年来のファンに向けた、サービス精神あふれる映画になっていたと思います。

 

間違いなく、過去最大の盛り上がりを見せた映画だったでしょう!!

 

個人的に、フォクシー海賊団との再会はうれしかった!!(笑)

あいかわらず、変わってね~~(笑)

 

クロコダイルもかっこいい!!

最近のワンピースでは、力がインフレしすぎて、初期に登場したクロコダイルが雑魚扱いになっていましたが、今回はカッコ良かった!!

 

久しぶりにロビンとの絡みも見れたのは、一番ありがたかったです!!

ロビンはクロコダイルに対して、特におびえた様子もなく・・・

 

アラバスタ編では、けんか別れみたいな感じになっていましたが・・・(笑)

ロビンはクロコダイルの事、どう思っているのでしょうか??

 

過去の男とぐらいにしか思っていないのか??(笑)

 

そして何といっても、最後のエースとサボのコラボ!!

最高です!!

 

声優陣は文句なし!!

ほぼ完璧だったと思います。

 

山里亮太も普通にうまい!!

さっしーもうまい!!

 

ユースケ・サンタマリアは、全く違和感なし!!一番うまかったと思います。

 

山ちゃんやサッシーは、まだ声で誰かが分かるレベルでしたが、ユースケ・サンタマリアは、完璧に演じ切っていました!!

 

声優陣に関しては文句なし!!

 

やっぱり、ローは何回聞いても、リヴァイにしか見えない・・・(笑)

 

サッシーの役どころは良かったですね~

 

最後の、エースの幻影はセコイよ~~

最後の最後に最大の見せ場を作ってくれました!!

 

オールスターキャスト

普通、漫画とかアニメでも、オールスターキャラ総出演となると、一体一体のキャラの掘り下げが浅くなって、逆に話のクォリティーが下がる傾向にあります。

 

その点は、確かにあったかな・・・

 

今回、中心キャラはかなり絞ってはいたが・・・

 

麦わらの一味をもっと活躍させてほしかったかな~

昔の映画みたいに、ゾロやサンジもボロボロになるまで戦ってほしかった!!

 

ま~他にも、主演級キャラが多かったので、もう昔みたいには無理かもしれませんが・・・

 

今回の中心キャラは

 

ルフィ、ハンコック、ロー、スモーカー、サボ、(バギー)

 

だったように思います。やっぱり往年の人気キャラですね~

彼らが一番活躍してたかな~

 

次点で、

最悪の世代、クロコダイル、ウソップ・・

 

あたりかな・・・

 

この辺りを中心に、今回はまとめられてた印象があります。

 

珍しくウソップが大活躍でしたね。ルフィ以外だと唯一、ラフテルのエターナルポーズを、この目で見ていましたからね~

 

ウソップが、バレットによってボコボコにされた場面では、ウォーターセブン編で、フランキー一家にボコボコにされたシーンが再現されていました!!

 

あの時は、ルフィとウソップの決闘にまで発展しましたが、今回はそうはならなかったのは、お互いの成長があったから??

 

月日の流れを感じさせますね~

 

後は、ボスキャラのバレットですが、このキャラに関しては、かなり掘り下げられていたかな・・・

 

前作の『GOLD』では、ボスキャラの掘り下げが甘かったように感じましたが、今回はその点は、前作よりマシになっていました。

 

物語の重要な伏線も??

僕が思っているより、あまりロジャーに触れるシーンが少なかったな・・・という印象

 

何かと謎が多いロジャー・・・

もっとロジャーに迫ってほしかった!!

 

しかし、最後に物語の核心に迫るセリフが・・・

 

””俺たちは早すぎたんだ・・・””

 

ラフテルに到達して、世界の秘密を知ったロジャー・・・

過去、レイニーも同じようなことを言っていました。

 

一体、このセリフの意味するところとは??

 

後、何年待てばこの真意が分かるんだーーー??(笑)

 

現在、原作の方では和の国編が連載中です。和の国の過去編もおそらく年内には突入するのではないでしょうか??

 

そうなると、ロジャーと共に、世界の秘密に辿り着いた、おでん将軍についても描かれるでしょう。

 

遂に物語の核心に迫る日も近いのか???

 

興行収入予想

まず初日観客動員数は、今年公開の全映画の中で1位でした。

 


現在、興行収入91億円を超えている『名探偵コナン紺青の拳』よりも、現在興収78億円を超えている、この夏一番の注目作『天気の子』よりも、上の成績でした。

 

 

 初週4日間で興収16億円以上!!

前作の『GOLD』よりも108%の成績をキープ!!

 

単純に、『コナン』、『天気の子』よりロケットスタートだったからと言って、最終的に興収でも上回るとは限りません。

 

例年のワンピース映画から察するに、だいたい初週の4倍から5倍程度とみればいいと思います。

 

よって70億円ぐらいになるのではないでしょうか??

 

作品の出来は結構いいので、失速するとは思えません。最終的には、ワンピースシリーズ最高の興収をたたき出すのではないでしょうか??

 

スポンサーリンク