kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ワンピース考察】謎多きDr.ベガバンク正体は?実は平和主義者?登場は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『ワンピース』考察シリーズです。

 

 

今回は、未だ謎多き男、Dr.ベガバンクについて。男かどうかも分かりませんが・・・

正直、ワンピースで最もベールに包まれた人物なのではないでしょうか?名前のみの登場で、未だ姿すら分かりません。

 

それではいきましょう!!

 

 

初登場は45巻!!

初登場は45巻。ウォーターセブン編の終盤での、ルフィーがコビーとヘルメッポとの会話の最中に名前が出てきたのが最初です。

 

僕が小学生の時なので、もう10年以上前にさかのぼります。

 

また、ローグタウンで一瞬、能力者であるバギーが海軍に捕まった時、使用された対悪魔の実の能力者用の網など、海軍の科学者によって発明された物や、アラバスタ編に出てきた、イヌイヌの実を食った銃など、ベガバンクの発明品らしいものはすでに出ていました。

 

設定自体は、割と初期のころからあったのだと思われます。

 

その後も、ちょくちょく名前だけは出てくるのですが、未だその正体は謎に包まれています。

 

Dr.ベガバンクについてわかっていること

悪魔の実の研究の最先端を行っている

主に、能力の伝達条件、物に悪魔の実を食わせる技術などです。

 

そして、悪魔の実の血統因子の発見などは、シーザークラウンによって人造悪魔の実SMILEに応用されています。

 

シーザーによる人造悪魔の実は副作用が存在する失敗作ですが、ベガバンクが作ったとされる悪魔の実を食べた、モモの助には今のところ副作用は存在しません。

 

もしかしたら、ベガバンクは完全な悪魔の実を人工的に作る技術を完成させているのかもしれません。

 

しかし、今はその研究はやめているのか?今のところ、世界政府によってベガバンクの悪魔の実が量産されている気配はありません。

 

人類の500年先の頭脳を持つ男

50巻での、七武海、クマのセリフの一部です。

 

人間がこれから500年かけて到達するであろう技術力をもつ男だと言っています。

 

もはや人間なのかも怪しくなってきました。

 

兵器も作っている

悪魔の実以外でも、画期的な兵器も作っています。それが、パシフィスタです。

 
最強のロボットに近い兵器です。そこらの海賊では歯が立ちません。2年後のルフィーたちには余裕でしたが・・・

 

おそらく、鉄よりも固い物質が使われ、さらに黄猿のレーザー光線も実現しています。

 

今のところ、七武海のバーソロミュー・クマのモデルのパシフィスタだけです。今後、パワーアップしたパシフィスタが見られるかもしれません。

 

また、バーソロミュー・クマはベガバンクによって、少しずつ機械化されていき、今では完全に機械人間となりました。クマの真意についても未だ謎のままです。

 

そして、人間の巨大化研究。あのベガバンクですら、成功しなかったようですが・・・政府の意向によって、研究させられているのか?

生まれは極寒の土地

故郷は未来国バルジモア。極寒の冬島です。

 

一応、異世界の生物という説は否定できそうですね。

 

子供の時から、才能がずば抜けており、発明王だったらしく、冬島を温かくするために島ごと温める暖房施設を作ろうとしたり(実現はしなかったが・・)、島の人のために、動物たちを労働用に改造したり(愛護団体に叩かれそうだが・・・)

 

など、心優しい一面を見せています。まだ幼き頃の研究ですが、設計図を見たフランキー曰く、当時からかなりぶっ飛んだ頭をしているとのこと。

 

後にフランキーは、子供の頃のベガバンクが無理だった、ロボットを実現させます。

 

元は無法組織で研究していた

実は一回、ベガバンクは逮捕されています。おそらく、この時、世界政府直属の研究者になったのだと思われます。

 

逮捕当時、ベガバンクが研究していたのが、生物の血統因子。いわば、人間の設計図。これによって、クローン人間を量産できうる技術です。

 

世界政府はこの研究を恐れ、逮捕したとのこと。まー当然ですね。クローンを大量に生み出されると、それが兵力になる可能性もありますし、政府としてはほってはおけなかったのでしょう。

 

しかし、その時ベガバンクの技術力をぜひ政府は利用したいと考えたのでしょう。

いわば、スカウト的なものをされたのだと思います。ベガバンクは、政府に対して、好意的なのか、嫌々研究しているのかは不明です。

 

その後、ベガバンクと共同で研究していた、ジェルマによってこの研究は完成します。

 

強力なボディーガードがついている

 

 
戦桃丸ですね。かなりの実力者と思われます。2年前のルフィーでは歯が立ちませんでした。

 

世界一の科学者として狙われることは想像がつきます。政府は必死に守っている感じです。

しかし、戦桃丸はベガバンクのことを、パンク野郎と呼び、呼び方からは尊敬が感じられません。関係性に関しても注目です。

 

実は兵器は開発したくない?

おそらくですが、ベガバンクはめっちゃいい人だと思います。

 

本来、兵器など作りたくないような人だと思っています。

 

政府直属の研究者となる前、生物の血統因子について研究していましたが、それはクローン兵器を作ることが目的ではなく、労働力を生み出すための研究だと思われます。

 

また、政府直属となってから開発したと思われる、パシフィスタは、おそらく嫌々でしょう。パシフィスタは日本語で「平和主義者」です。このネーミングにはベガバンクの願いが込められているのではないでしょうか?

 

また、戦桃丸との関係性からも、政府から技術力は認められているが、ベガバンクの志向は認められていないことも想像できます。おそらく、兵器開発に関しては半ば無理やりやらされているのでは?心優しい、ベガバンクの事ですから、故郷を人質にされていたりするのかもしれません。

 

和の国がベガバンクを求める理由

 

オロチが政府との取引で、Dr.ベガバンクを欲していることが明かされました。

 

ただ、和の国もかなりの技術力だと思われます。

 


海楼石関連の技術です。ベガバンクがついている、世界政府以上の技術力を持っているのではないでしょうか?

 

海楼石は対悪魔の実の重要なアイテムです。もし、ベガバンクが和の国側に着くとそれこそ手に負えなくなると考えられます。

 

和の国としては、ベガバンクが持っている、おそらく悪魔の実に関する研究が欲しいのだと思います。特に、人造悪魔の実ですね。

 

ベガバンクが開発した新たな兵器とは?

すでに、大将藤虎にはお披露目されており、とんでもないものと評されています。

 

考えられる可能性として、パシフィスタの進化版でしょう。

 

前は、黄猿のレーザーのみでしたが、他の能力の再現にも成功したのだと思います。

 

藤虎の重力の能力まで再現されたら、それはとんでもないもんですね・・・

藤虎曰く、七武海の代わりとなるもの。この兵器の開発により、七武海制は撤廃されるのか・・・?

 

ベガバンク登場はいつ?

 

今年はまだなさそうですね・・・

 

しばらく、和の国編が続きますから。ただ、登場は近いと思われます。

 

和の国編の幕間期間に、ベガバンク登場させてほしいですね。何気に、ワンピース史上最も登場を引っ張ているキャラだと思います。

 

コナンみたいに、劇場版でネタバレとかしてくれたらめっちゃ盛り上がると思いますが・・

 

スポンサーリンク