kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ワンピース939話】考察、感想 940話展開予想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

939話ワンピース最新話の考察記事です。

 

ちょっと遅くなりました。(笑)

 

それでは行きましょう!!

 

 

あらすじ

タイトル『老いたる豹は路を忘れず』

 

ゾロと日和の会話から・・・

 

モモの助の妹、日和が20年間生き延びていたことに驚くゾロ。

ひとまず、モモの助は無事で自分は味方だという事を伝える。ことの顛末をお互いに確認する。

 

トコは小紫(日和)にとって大事な人の様子。日和の秘密も知っている。

 

20年前のあの日、目の前で兄、モモの助たちは20年後に飛ばされました。日和は、何かあったとき光月家の血が途絶えてはいけないと、兄とバラバラになりました。

 

日和にはおでんの部下、””カッパの河松””がつきました。日和を連れて、城が燃え盛る中、水路を通って何とか逃げ延びます。

その後、数年日和の世話をしていた様子。しかし、日和が13歳の時、はぐれてしまった様子・・・

 

そして話は現在の和の国について・・・

オロチ将軍への反乱を示したお札が見つかってしまい。反逆者たちが次々捕らえられていく。ゾロは考えても仕方ないと思い、寝ます。

 

ーー花の都「羅刹町」ーー

反逆者たちが牢に入れられていく・・・

 

オロチ将軍、直々の命令でとらえられて行っているよう・・・

 

ーー兎丼「囚人採掘場」ーー

ルフィの処刑ゲームの続き・・・

 

ルフィは余裕すぎて、武装色の覇気の練習をしている。どうやら、レイニーが見せてくれた、武装色の覇気を取得したい様子。

 

しかし、いまいちコツがつかめず悩んでいる。

 

ルフィと一緒に処刑ゲームに参加させられているヒョウじいが、ルフィのやりたい武装色の手本を見せる・・・

ヒョウじいも昔は豪剣で腕を鳴らした人物。一応、覇気の概念も知っている。

 

END

 

今週のポイント

トコの重要性

小さい子供ですが、日和と相当深い絆で結ばれている様子。

 

日和の正体もわかっているみたいです。一体この少女にどんな重要性が隠れているのか?

 

ただの女の子だとは思えません。絶対、和の国編に深く絡んでくると思います。

 

河松は能力者

和の国には””悪魔の実””という概念は無く、妖術として扱われます。日和が言う、河松の河童の妖術というのは、河童の悪魔の実で間違いないでしょう。

 

20年前、河童の能力を使って、日和を連れて燃え盛る城から脱出することに成功したのでしょう。

 

河松についてはまだシルエットだけの登場なので、初登場が待たれます。

 

光月家が途絶えてはいけない力

光月家はポーネグリフを作った一族。

 

今後間違いなく『ワンピース』の物語の中核になってくるでしょう。

 

モモの助と日和を行き分からせた理由は、光月家を途絶えさせないため。光月家は、ポーネグリフの読み書きができる一族。しかし、モモの助の代でこれは途絶えてしまっています。(日和ができるのか・・・?)

 

もしかしたら、この読み書き以外にも、光月家をどうしても途絶えさせてはいけない理由があるのかもしれません。

 

そして、それは過去から来たトキ様だからこそ知っている事実なのかもしれません。

光月家が生き続けなければいけない理由とは何でしょうか?

 

ルフィの武装色は完璧でない?

処刑ゲームを修行に使っているルフィ(笑)

 

レイニーや戦桃丸が使っていた、弾き飛ばす武装色をルフィはマスターしていないみたいです。2年間の修行では身に使ったのか?

 

カタクリとの対戦で武装色にも格上、格下があることが判明しています。カイドウ戦の前に、クイーン戦の前に何とか身につけたいところ・・・

 

940話展開予想

  • ルフィの処刑ゲームの続き
  • クイーンが遂に登場か?
  • ビッグマムが兎丼到着

今後の展開として、まずはルフィの処刑ゲームの展開を早く消化してほしいところ・・・

 

そして、和の国編の過去編が待ち遠しくて仕方ない!!

 

トキ様の正体、おでん様の凋落の原因、オロチとカイドウはどうやって和の国を支配したのか?

 

そして、光月家の謎は?

 

早く、過去編が見たい!!本当に見たい!!

 

それでは、さいなら~

スポンサーリンク