kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ワンピース931話】考察と感想 932話展開予想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

それでは、今週2月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ10号に掲載の『ワンピース』931話についての考察です。

 

今週はラストに驚きの展開がありました・・・

 

 

931話あらすじ

タイトル 『おそばマスク』

 

~~前回の続き サンジVSページワン~~

 

ジェルマの変身道具を手に取るサンジ。俺はジェルマに成り下がる気は無い!!と言いつつ、スイッチを押して変身するサンジ・・・

 

変身シーンに、ウソップとフランキーは大盛り上がり。

二人は、ホールケーキアイランド編でジェルマとは絡んでいないので、ジェルマの変身を見るのは初めて・・・

 

そして、地味にローも盛り上がる。北の海出身のローにとってはジェルマは常識。しかし、読者目線で、ローはジェルマが嫌いだったと・・・

 

サンジは変身後、髪型に変化が・・・。イチジやニジと同じような髪形に。そして、なぜかサングラスも。

 

「悪の軍団ジェルマ66 NO3」 ””ステルスブラック””

 

ページワンはジェルマを知らない様子。名前を聞くと、サンジは「おそばマスク!!」と名乗ります。ダサすぎて、ウソップからブーイングが・・・

 

さっそく、サンジはジェルマの科学力がどの程度のものか、戦闘で試してみることに。すると、サンジの姿は背景に溶け込み、透明に!!

 

まるで、ステルス戦闘機がレーダーから姿を消すように、透明人間になり、ページワンを戸惑わせます。

 

透明人間になったことに、サンジ自身も驚きます。子供の頃、透明人間に憧れて、スケスケの実を欲していましたが、結局食べられず・・・

 

しかし、そんな願いを、嫌い続けたジェルマの科学力が叶えました。

 

マントは盾となり、かかとに加速装置、足に浮遊装置、そして透明能力・・・早速、サンジは自分の変身スーツを分析し始めます。

 

試しに、ページワンの攻撃を食らってみましたが、耐久力もグッド!!一気にけりをつけます。

 

~~オロチ城~~

 

場面は変わって、オロチ城に潜入しているロビンに場面が移ります。

 

将軍オロチたちが完全に宴会に浮かれている間に、古い倉庫に忍び込み、ポーネグリフの情報を盗もうとするロビン。

 

しかし、突如どこからともなく、忍者集団が現れる。

 

彼らは、””オロチお庭番衆””

 

ロビンは彼らの気配に全く気付かず、驚きます。そこに、お庭番の隊長の””福ロクジュ””が現れます。

「言い訳は一回だけ聞こう」と・・・

 

~~九里「九里ヶ浜」~~

 

モモの助とお玉、そして護衛のチョッパーとお菊。

 

モモの助が浜辺に流れ着いて倒れている、大きい人間を発見します。

チョッパーはすぐにそれがビッグマムであることに気づき、すぐに逃げようとしますが、そうこうしている内に、ビッグマムが目覚めます。

 

ビッグマム「俺は誰だい?」

一同「!!?」

 

なんと、ビッグマムはショックで記憶を失っている様子。

 

今週はここまで!!

 

今週のポイント

  • サンジのレイドスーツの能力
  • ロビンピンチ!!
  • 記憶が混乱しているビックマム
サンジのレイドスーツの能力

能力の名前は””ステルスブラック””。

トレードカラーはブラックでした。

 

カラーでコミックスの表紙に書かれるのが楽しみですね。

 

能力の内容は、背景に溶け込み透明になること。これを、使いこなせればかなり強力なのではないでしょうか。サンジは知能戦も多いので、すごくあった武器だと思います。

 

すでに、サンジは自分のスーツの能力を分析し始めてますし、ウソップとフランキーにデザインの改良を頼みたいみたいなことも言ってますし、今後も使う気満々ですね。

 

これは、もはやゾロよりも強くなってるんじゃない???

 

ロビンピンチ!!

各々、作戦を遂行しようと頑張ってますが、うまくいっていない中、ロビンだけは順調でした。

 

芸者として気に入られ、オロチ城に潜入するところまでは計画通り。宴会の途中で、古い倉庫から情報をかすめ取るのも、ロビンの得意中の得意分野ですが、

 

そのロビンの目をかいくぐって、お庭番衆が現れました。

 

ロビンはおそらく見聞色なども使って、人がいないかどうかチェックしたうえで、倉庫に忍び込んでいるはずですが、全く気づかず・・・

 

彼らは何か特別な力を持っているのでしょうか?

 

記憶喪失のビッグマム

今回の最大の目玉。

 

今後どうなっていくか想像がつきません。一時的な記憶の混乱でしょうか?

 

どっちにしろ記憶が戻るタイミングが運命の分かれ道ですね。そして、ビッグマムの子供たち、幹部はどこに行ったのか?

 

悪魔の実の能力者が多いので、海に沈んだ仲間たちを引き上げるのに、かなり手間取っているのかもしれません。

 

ビッグマムが麦わらの一味に手を貸す展開になるのか?

 

考察

ゾオン系古代種は体もタフなのか?

ページワンはゾオン系古代種の能力者です。

 

ジェルマの科学力で変身したサンジの蹴りを思いっきり食らっていましたが、その後の描写ではほぼ無傷・・・

 

ゾオン系は耐久力もパワーアップするのでしょうか?

 

実際、イヌアラシとネコマムシの二人がかりで対戦したジャックのタフネス具合は以上でした。ジャックも、同じくゾオン系古代種の能力者です。

 

これは今後、相当タフな戦いになるのではないでしょうか?

 

お庭番衆には気配を消す能力がある?

あのロビンの目をかいくぐって、完全に虚を突かせたのは見事。

 

覇気の一種に見聞色がありますが、それは生まれながらの人の声を聞く力です。

 

おそらく、ロビンにもその力は多少はあるはずです。

 

しかし、彼らお庭番衆は、完全に気配を絶ってロビンの意表を突きました。おそらく、人の気配を完全に消す力があるのでしょう?

 

それは、悪魔の実の能力でしょうか?自分や、他人の気配を完全に消すことができる能力。本当に、そんな能力があるとすればかなり脅威となるでしょう。

 

持っているとしたら、今週出てきた、お庭番衆のリーダー””福ロクジュ””でしょうか?

 

史実のお庭番衆

実はお庭番衆は現実に存在しました。江戸時代、幕府の為に隠密に動く、いわばスパイみたいな人たちです。

 

『るろうに剣心』や『銀魂』にも出てきますね。

実際の彼らは、庶民に紛れて、地方に潜入して幕府に情報を流す程度だったらしく、特殊な人間離れした運動神経を持っていたわけではないようです。

 

彼らの最期は悲劇的なものだったと書かれる作品も多いですが、明治になってからも、要職で活躍した者も多いようです。

 

『ワンピース』にも出てきたお庭番衆。彼らは、一体どのように物語にからんでくるのか?

 

ビッグマムの記憶はいつ戻る?

すぐに戻るとは考えにくいですね。

おそらく、すぐに子供らビッグマム海賊団の幹部たちが、ママを見つけ出すと思いますが、記憶がないママを見てかなり困難するでしょう。

 

さらに、ここで記憶の失ったビッグマムに最初に絡むのがチョッパーだというところにも注目してほしいです。

記憶の無くしたビッグマムといい感じに打ち解けている様子が想像できないでしょうか?

 

もしかすると、ビッグマムが麦わらの一味に手を貸すという展開があるかもしれませんね。

 

一体、いつ記憶が戻るのか?楽しみなところです。

 

932話展開予想

  • サンジVSページワン決着へ
  • サンジがページワンをボコボコにする
  • 側で観ていたドレークが現状報告をしにオロチ城へ

 

 

スポンサーリンク