キムローの部屋

このブログは、20代サラリーマンが米国株投資で本気でFIREを目指して、会社を辞めるまでの全記録を発信するブログです!!

MENU

スポンサーリンク

【『耳をすませば』が実写化?】本当に可能なのか?キャストは高橋一生??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

驚くべきニュースが・・・!!

 

何と、スタジオジブリの名作『耳をすませば』が実写化します!!

f:id:kimurou:20200115084612j:plain

耳をすませば

引用元:

http://iam-publicidad.org/article/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%82%8B%EF%BC%81%E8%80%B3%E3%82%92%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%81%B0%E3%81%AE%E9%AB%98%E7%94%BB%E8%B3%AA%E3%81%AA%E5%A3%81%E7%B4%99%E7%94%BB%E5%83%8F

ジブリの不朽の名作を実写化・・

ま~できなくはないと思うが・・・

 

原作が名作なだけに、実写化にはくれぐれも気を付けてほしいものです!!

 

個人的に、実写化が本当に可能なのか?

今、分かっている情報をもとに考察してみます・・

 

 

『耳をすませば』とは??

スタジオジブリの名作

個人的には、割と有名な作品だと思っています!!

 

知らない人はそんなにいないんじゃないかな~

 

作品自体は、1995年で、今見るとかなり時代を感じます!!

 

図書カードとか・・

集合団地とか・・

電車の切符とか・・

 

 

1995年といえば、まだまだジブリ全盛期!!

 

1992年に『紅の豚』

1997年に『もののけ姫』が公開・・

 

時期的には、この二つの間の作品となります!!

 

個人的に、ジブリは『もののけ姫』より前と後で二つに分かれると思っています!!

 

『もののけ姫』以前は、若々しい宮崎駿の真っすぐな制作意欲がうかがえる、非常にパワー感じる作品が多いです。

 

『ラピュタ』、『魔女の宅急便』など・・・

 

対して、『もののけ姫』以降は、利益に走り出した感があります。

 

『千と千尋』、『ハウル』とか・・・

 

 

つまり、『耳をすませば』はそんな時代の作品!!

 

監督は宮崎駿ではない!!

実は、監督はハヤオではないんです!!

 

近藤喜文という、ジブリの若手に製作を任せた作品です!!

 

近藤喜文監督は、当時、ジブリのエースで、宮崎駿の次期後継者だったのですが、『耳をすませば』の数年後、40代の若さでこの世を去ります!!

 

ある意味、この瞬間、ジブリの未来は決まったと言っても良かった・・

 

宮崎駿の後継者は結局最後まで現れなかった・・

 

本当にもったいない人を亡くしたな~という印象!!

 

 

当時、『耳をすませば』の製作にどういう裏事情があったのかは分かりませんが、

 

おそらく、その時、宮崎駿監督は『もののけ姫』の構想がまとまりだした時期だったので、『耳をすませば』の監督をやらなかったのじゃないかな~

 

と思っています!!

 

ま~絵コンテで参加はしているのですが・・・

 

ジブリにしては珍しいガチ恋愛映画

スタジオジブリの歴代の作品を振り返ってみても、あそこまで恋愛を前面に押し出した作品はないと思います!!

 

ジブリ史上最も恋愛色が強い作品です!!

 

 

月島雫と天沢聖司・・・

 

二人の中学生の恋愛模様を描いた作品・・

 

出会った頃の印象は最悪だったのが、徐々に惹かれていく様は圧巻!!

 

恋愛物が好きな人にはたまらない作品になっています!!

図書カードで、名前を見つけるあたりが、90年代っぽい・・(笑)

 

今じゃ、絶対にありえない場面・・・

 

 

そして、一番驚くのが、””天沢聖司””の声が高橋一生という事実!!

 

この映画で一番驚くシーンだと思います!!

 

『耳をすませば』実写化決定!!

公開は9月18日!!

今年の夏!!

 

何とも微妙な時期の公開・・・

 

そこまで製作費もかけてないでしょうし、そんなに興収は望んでないんでしょうね~

 

本家は、だいたい30億円程度でしたから、本家を超えるかが注目・・・

 

キャストは松坂桃李!!

天沢聖司役は、””松坂桃李””さん!!

 

さらに、月島雫役には、””清野菜名””さん!!

 

今のところ、決定しているキャストはこのお二人!!

 

どうせなら””高橋一生””だろーーーー!!

これ私だけでしょうか???(笑)

 

キャストどうせなら””高橋一生””にしてほしかった!!!!

 

雫や聖司君の成長した話も描くのなら、成長した聖司は、””高橋一生””にやってほしかった!!

 

これは私だけでしょうか??

 

原作に加えて10年後の姿も描く!!

今回の注目ポイントは・・・

 

原作では中学生編しか描かれませんでしたが、今回の実写版では10年後の雫と聖司も描かれるとのこと!!

 

 

ここはファンとしては楽しみなところ!!

 

 

原作では、最後結婚の約束をして終わりました・・

この後、雫は高校生になりもっと勉強して、小説家を目指すことに・・・

 

聖司君の方は、イタリアに行き、バイオリン作りの師匠の所に弟子入り・・

 

お互い、離れ離れになっての遠距離恋愛をスタートさせるところで終了!!

f:id:kimurou:20200115084415j:plain

耳をすませば

引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/s_t_m_y2000/1517382.html

 

この後のことは未だ語られず・・・

 

 

ま~普通にいったら別れるんでしょうが・・・(笑)

 

そこは小説の中なので・・・(笑)

 

 

一体どんな恋愛が描かれるのかが楽しみです!!

 

『耳をすませば』の実写化は可能なのか??

ファンである自分からすると、

 

ま~不可能ではない!!

 

と言ったところ・・・

 

 

ただ、原作がジブリの名作なだけに、実写化に対しては少しは心配があります!!

汚さないで欲しいです!!

 

『魔女の宅急便』の実写化の時は、そこまで話題になることなく終わっていきました・・・

 

 

正直、映像面とかでいったら、実写化は全然不可能ではないです!!

普通の、恋愛ドラマです!!

 

原作にオリジナル展開を付け加えるのは、基本的に悪手ですが、今回の場合は、結構面白いと思います!!

 

原作で語られなかった(というより語る必要もなかった部分)未来の話を描くところは、発想としては有りだと思います!!

 

 

よっぽど下手をうたない限り、そんなに完成度の低い作品になることはないと思います!!

 

 

『耳をすませば』の購入はこちら!!

 

 

 

スポンサーリンク