kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【名探偵コナン紺碧の棺】コナン映画第11弾徹底解説 コナン史上最大の駄作

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コナン映画シリーズに関してです。

 

今回は第11弾『名探偵コナン紺碧の棺(ジョリーロジャー)』です。

 


世間的には、コナン映画史上最大の駄作と言われていますが、僕もそう思います(笑)

 

コナン映画を見ようと思っている人は、この映画は見る必要はないと思います。まじで、退屈になると思います(笑)

 

本当に盛り上がりに欠ける映画だったな・・・

この頃は、コナン映画が一番面白くなかった時代で、コナン映画暗黒期を象徴するような作品です。

 

 

『名探偵コナン紺碧の棺』の概要

 2007年公開のコナン映画第11弾です。

 

興行収入は25億円!!

前作『探偵たちの鎮魂歌』より5億円ダウン!!

 

監督は山本泰一郎監督。これで、第8弾『銀翼のマジシャン』以来、4作目のコナン映画です。

 

脚本は、前作に引き続き、ルパンシリーズの柏原さんです。

 

ストーリーは、毛利蘭と鈴木園子がメイン回でした。

二人の友情をメインに描かれた作品と言う感じでよかったのか??

 

本当に実在したとされる女海賊、””アン・ボニー””と””メアリー・リード””をモデルにして、二人の女の友情を描きました。

 

『紺碧の棺』は駄作

全体的に盛り上がりに欠ける

全体的に盛り上がりに欠けます!!!!!!

 

もうこれに尽きる!!

 

最初から最後まで退屈作品でした。

 

山本監督時代のコナン映画の特徴は、割とラブシーンがメインになっています。アクションは控えめなんです。

 

ただ、この作品に関しては、そもそも脚本の段階でミスっていたような気がしますが・・・

監督よりも、脚本の方が罪が不快ような・・・

 

新一と蘭の関係がいい加減ウザい

シンイチーーーー

ラーーーーンーーーーー

 

が、いい加減ウザくなりだしてきた時代・・・

 

毎年同じことの繰り返し・・・

この時代は本当にこれの繰り返し

 

特に蘭の場合、別に近くに新一がいると認識しているわけでもないのに、新一に助け求めすぎだし・・・

 

 

ま~おそらくこの頃は、製作陣の方も試行錯誤だったのかもしれません。興行収入の数字的にも伸び悩んでいましたから・・・

 

初期の頃のコナン映画で、一通りやりたいことをやってしまって、ネタ切れもあったでしょう。

 

さらに、ファンの高齢化・・・

高齢化と言っても、小学生が中学生になったぐらいですが・・・

 

ただ、小学生の時、コナン映画を観ていた人たちが、中学生になり見なくなって、それが興行収入の数字として出ていた・・・

という事でしょう。

 

僕は、正にその世代だったので分かります。

 

この時代、コナン映画が面白くなくなって、しばらく見ない時代がありました。

 

主題歌は名曲

主題歌は名曲です。かっこいい~~!!

 

予告の時はこれで流れるんで、結構いい感じになってたんですよね。

 

主題歌を担当したのは、愛内里菜さんと三枝夕夏さん!!

女性コンビでのデュエットというコナン史上初の試み・・・


七つの海を渡る風のように 中文字幕

 

作品自体は駄作だと思いますが、主題歌は名曲なんですよね~

 

いや~もったいない!!

 

『名探偵コナン紺碧の棺』豆知識

映画で島を訪れたのは史上初

第9作『水平線上の陰謀』以来、2年ぶりの海がメインの映画となりましたが、どこか島に訪れての話は、今作がコナン映画史上初の試み・・・

 

後の作品を振り返っても、第14作『天空の難破船』でちょこっと出てくるのみです。

 

ルパンが出ている

序盤に、ルパンと峰不二子がカーチェイスをしているシーンが出てきます。

 

ま~犯人の変装だったというオチなんですが・・・(笑)

 

今思えば、コナンとルパンの絡みはこの時が初めてなんですよね~

 

これが後に、2013年のルパコナ映画につながっていくんですね・・・

 

ちなみに、この時、初めて佐藤刑事の初恋がルパンであったことが明かされます(笑)

 

総括

ま~観なくていい映画(笑)

 

これから観ようと思っている人や、見たことない人は、わざわざ見るまでもない映画だと思います。

 

コナン映画歴代23作品の中でも、一番の駄作だと思っています。

他にも、評価の低い作品はありますが、これはマジで見る必要がないと思います。

 

本当に、当時はコナン映画暗黒期でしたからね・・・

 

よくぞここまでの数字が稼げるコンテンツへと成長したな~っとしみじみ思いますね。

 

 

 今や100億円に届く勢い!!

 

過去作についても記事にしています!!

 

 

『名探偵コナン紺碧の棺』を観たい方はこちら!!

 

スポンサーリンク