kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【名探偵コナン11人目のストライカー】コナン映画第16弾徹底解説 Pが暴走した駄作

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、『名探偵コナン』映画シリーズ!!

 

第1弾からやってきましたが、遂に第16弾まで来ました~

前作の『名探偵コナン沈黙の15分』については下の記事をどうぞ!!

 

遂に16作目まで来たぞ~

今回はある意味伝説の作品だね!!(笑)

 

 

 

『名探偵コナン11人目のストライカー』概要 

2012年公開

公開は2012年です!!

今から7年前・・・

 

前作、『沈黙の15分』に引き続き、監督2人態勢!!

 

総監督 山本泰一郎

監督 静野孔文

 

今回は、前作以上に静野監督の色が出ていたと思います!!

当時も話題になりましたが、アクションが過去最高レベルにド派手に・・・!!

 

サッカードームの中を、天井からピッチまで、コナンがスケボーで縦横無尽に駆け巡ります!!(笑)

 

Jリーグとの共同プロジェクト

『名探偵コナン』の作者、青山先生自身がサッカー好きなため、作中でもたびたびJリーグサッカーのシーンや、実際に選手とコナンが絡んだりといった展開が存在します!!

 

それが相まって、遂に、2012年の映画でJリーグとの共同プロジェクトが実現します!!

 

Jリーグ開幕20周年記念ということで、コナン映画において、Jリーグの選手が事件に絡んでいきます・・・

 

実際のJリーグの選手、遠藤選手などが本人役で出演しています!!(笑)

レジェンド、キングカズも本人役で出演しています!!

 

忖度だと思いますが、かなり事件に関わる重要な役どころ・・・

 

主題歌は””いきものがかり””

歴代のコナン映画の主題歌は、””ビーイング””所属の歌手が担当すると決まっていましたが、

 

2012年からその伝統が崩れました!!

 

今まで、””B’z””とか””倉木麻衣””とか、決まっていましたが、ここにきて事務所の垣根を超えてきました!!

 

主題歌は””いきものがかり””で「ハルウタ」!!

かなりの名曲です!!

 

クリックしたら再生します!!

 

興行収入32億円

前作『沈黙の15分』の31億円を上回る、32億円を記録しました・・・

 

ま~前作は東日本大震災の影響があり、例年より劇場数が少ない中だったので、一概に比べられないですが・・・

 

作品自体の評価はめちゃくちゃ低いですが、興行収入はそこそこ・・・

 

コナン映画興収ブーストは翌年から・・・

意外と興収が結構いってるという・・・

アクションが盛り上がった方がいい説・・・

 

『11人目のストライカー』豆知識

現役のJリーガーが出演した

先ほども書いた通り、Jリーグとの共同プロジェクト・・・

 

実際にJリーガーが本人役で出演しています。

 

三浦知良、遠藤保仁、楢崎正剛、中村憲剛、今野泰幸・・・・

 

彼らが、本人役で出演!!

もちろん声も自分で担当!!

 

ま~知っている方も多いと思いますが・・・(笑)

ある意味、伝説・・・(笑)

 

超ド下手くそです!!

 

マジで、素人としてもひどすぎる出来・・・

特に遠藤!!

 

他のメンバーはセリフ自体少なかったし、登場シーン自体がどうでもいいシーン・・・

 

しかし、遠藤はセリフが多く、しかもそのセリフが、最後のコナンと犯人が対峙するシリアスな場面で流れるので、本当に最悪でした!!(笑)

 

出すのはいいけど、そんな重要なシーンを任せてはダメだって・・・

 

実は槙野も出る予定だった!!

実は、Jリーガーのメンバーで、当初は槙野智章も出演する予定でした!!

 

槙野は子供のころからコナンのファンで、出演を熱望していたようですが、都合がつかず・・・

 

結局、劇場版では登場できず・・・

 

後日談には出演しましたが・・・

 

遠藤再び・・・!!

映画で伝説的な棒読みを披露した遠藤ですが・・・

この男が再び戻ってきます!!(笑)

 

Jリーグ開幕25周年記念!!

今回は、劇場版ではなく(さすがに懲りたか・・(笑))、TVスペシャルでした。

 

約5年ぶりの遠藤の再登場・・・

 

相変わらずの棒読みでしたが、さすがに練習したのか、5年前ほどひどくはなかったと思います!!

 

もうここまで来たらJリーグ30周年の時も出演してほしいな~(笑)

 

歴代の中でも最低評価

この作品は、歴代のコナン映画の中で、最低評価を受けている作品の一つです!!

 

個人的にも、歴代のコナン映画の中で、

 

第11弾 『紺碧の海賊』

第16弾 『11人目のストライカー』

 

の二つは見る価値が無いと思ってます!!

 

コナン映画を観たことがない人には絶対にオススメしません!!

マジでクソです!!

 

前述した、Jリーガーの棒読みも、評価を下げた要因ですが、そもそもストーリーがひどすぎる!!

 

ま~例年以上に縛りが多かった作品なので仕方なかったが・・・

結局、Jリーグと絡ませよう絡ませようとしすぎて、縛りが多くなっていき、こういうストーリーにしかできなくなったという感じです・・・

 

もう二度と、こういうことはやめてほしいですね!!

 

低評価の理由

P(プロデューサー)の暴走

当初から、20周年を迎えるJリーグとの共演のプロジェクトがあったのだと思います!!

 

コナンの作中でも、Jリーグの話が出てきているので、製作陣からしたらいつか、Jリーグと大掛かりなプロジェクトをやってみたいと考えていたのでしょう!!

 

その結果、プロデューサーが忖度しまくって、監督や脚本陣に制約をつけまくったといったところか・・・

 

Jリーガーを出演させろ!!

Jリーガーのセリフが事件の伏線になるように絡ませろ・・・!!

キングカズはできるだけ重要な役で出演させろ!!

サッカードームで派手な事件を起こしてほしい!!

サッカーに関連した謎解きが欲しい!!

・・・

 

など・・・

 

それでなくても、コナン映画は、同じく毎年映画を公開している『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』に比べて、縛りが多いのに、ますます縛りが多くなってしまいました!!

 

この作品に関しては、監督に同情します・・・

 

監督や脚本が悪いというより、プロデューサーが悪い!!

 

ゲスト声優の演技力がひどすぎる

素人が声優をやる以上、ある程度は仕方がない!!

 

だから、チョイ役でよかったんです!!

わざわざ、深いところまでストーリーに絡ませる必要が無かった!!

 

アクションのゴリ押しが凄い

仕方がない部分もありました・・・

 

縛りがきつすぎて、あそこまでストーリーの出来が低かったので、盛り上げる為にアクションごり押しでいった気持ちは分かります!!

 

だから仕方がなかった・・・

 

静野監督はアクションがド派手なことで有名・・・

それが悪い方向に出てしまった作品ということ・・・

年一回の劇場版でこういうことはやらないでほしい!!

翌年の映画から興収連続更新が始まるよ~

 


歴代の作品  

スポンサーリンク