キムローの部屋

このブログは、20代サラリーマンが米国株投資で本気でFIREを目指して、会社を辞めるまでの全記録を発信するブログです!!

MENU

スポンサーリンク

【『鬼滅の刃』4000万部&初版150万部突破】『ナルト』以来の快挙!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、現在絶賛大人気連載中の『鬼滅の刃』について!!

 

累計発行部数が4000万部を突破!!

しかも、まだコミックス19巻でです!!

 

これはマジで凄いです・・

基準が分からないかもしれないですが、一つ例を挙げると、

当時、あれだけ流行った『テニスの王子様』でも、コミックス42巻で4400万部ほどでした・・

 

『鬼滅の刃』は、ジャンプ50年間の歴史を彩った、名作たちと比較しても、史上最速レベルで売れているということです!!

 

後、個人的に1番凄いと思っているのが、初版150万部!!

 

 

『鬼滅の刃』人気を数値から探る

累計発行部数4000万部到達!!


コミックス19巻で・・

 

因みに、コミックス18巻時点では2500万部でした・・

ということは、たった2か月少しで1500万部発行されたということか??

 

現在、『鬼滅の刃』人気はすさまじく、週間コミックス売り上げランキングは、ほとんど独占状態!!

かつての『進撃の巨人』や『ワンピース』、『ハガレン』のブームの時と同じ状況になっています!!

 

 

 

後、一つ言っておきますが4000万部という数字はとてつもないことです!!

ジャンプの歴史の中で、ここまで売り上げた作品が、そもそも少ない!!

 


 

ジャンプに連載された作品は、おそらく700作品ぐらいあると思います・・

そのうち、累計1000万部を超えた作品は、おそらく60作品ほど・・

 

これを多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれ!!

 

漫画業界では、基本的に100万部超えたら成功、1000万部超えたら大成功と言われる世界です!!

ま~天下のジャンプですから、1000万部がヒットの基準といっていいでしょう!!

 

 

歴代の名作を振り返ると、1000万部~3000万部ぐらいなら、割と作品が多いんですよ~

先ほど言った60作品の中の大半は3000万部以下です!!

 

 

ですから、3000万部を超えた作品となると、あの天下の週刊少年ジャンプでもそんなに無い!!

 

初版発行部数150万部を記録!!

正直こちらの方が凄い!!

 

1000万部を超えた作品でも、初版で100万部を超えた作品は少ないです!!

 

ぶっちゃけると、長期にわたって連載しとけば、それだけコミックスも多くなるので、累計発行部数1000万部くらいなら、ジャンプの知名度があれば行きます!!

 

ただ、初版発行部数100万部は、一時期とはいえ大ヒットを記録しないとたどり着けない領域です・・

 

事実、累計1000万部を超えた作品は60作品ほどありますが、初版100万部を超えた作品は21作品のみです!!

 

最期に、100万部以上を記録したのは2013年に記録した

『黒子のバスケ』と『暗殺教室』です!!

 

実に7年ぶりの快挙です!!

あの天下のジャンプですらこのレベルです・・

 

因みに、2000年以降の連載作品で初版発行部数を記録したのは、

2001年連載開始の『ブリーチ』

2004年連載開始の『デスノート』

2009年連載開始の『黒子のバスケ』

2012年連載開始の『暗殺教室』

 

そして、2016年連載開始の『鬼滅の刃』だけです!!

 

21世紀最高記録は『ブリーチ』27巻が記録した初版133万部です!!

 

何やかんや『ブリーチ』は凄かった・・(笑)

 

ということは、すでに『鬼滅の刃』19巻の初版150万部は週刊少年ジャンプ今世紀最高記録という事になります!!

コミックス18巻は初版100万部!!

 

たった2か月でここまでの伸び・・

 

今まさに、『鬼滅の刃』が来てます!!

 

 

初版150万部以上は『ナルト』以来!!

初版発行部数はジャンプ歴史上22作品目の快挙!!

 

あの『銀魂』や『リボーン』ですら超えられなかった壁です!!

 

そして、今世紀最高記録!!

あの『ブリーチ』より短期的には売れているということです!!

 

そしてもう一つ!!

初版150万部以上を記録したのは、あの『ナルト』以来です!!

 

 

『ナルト』は27巻と31巻で記録した162万部!!

さすがです!!何といっても、かつてのジャンプの看板漫画!!

 

ジャンプ50年間以上の歴史の中で、初版150万部以上を1度でも記録したのはたったの8作品!!

 

年代順に行くと、

  1. 『キン肉マン』1979年 160万部
  2. 『Dr.スランプ』1980年 220万部
  3. 『ドラゴンボール』1984年 220万部
  4. 『スラムダンク』1990年 250万部
  5. 『幽遊白書』1990年 170万部
  6. 『ワンピース』1997年 405万部
  7. 『ハンターハンター』1998年 160万部
  8. 『ナルト』1999年 162万部
  9. New『鬼滅の刃』2016年 150万部

これを見ると皆さん何を思いますか??

 

鳥山明すげ~

冨樫すげ~

 

ですか?(笑)

 

歴代9作品の内、この二人で4作品です(笑)

 

そして、何といってもワンピースが強すぎる!!

この記録は日本出版業界最高記録です!!

 

 

結論言うと、『鬼滅の刃』は既にこれらの作品に肩を並べるレベルということです!!

ストーリー的に、今年で終わりそうですが・・

 

最高の形で、人気絶頂の中で終わっていくのだとすると、もっと記録は伸びると思います!!

そうなってくると、歴代でも4作品しかない初版200万部を超えてくるかもしれません!!

 

なぜここまでの人気?

アニメ効果

まずは何といってもアニメの効果!!

 

もうね~

皆見てますね・・(笑)

 

アニメの放送がきっかけで人気に火が付いた漫画は過去にも例がありました。

ジャンプでいうと『黒子のバスケ』とか・・

 

そもそもアニメの出来が良かった!!

これに尽きます!!

アニメの出来に関しては、正直運要素が大きいです。そう考えると、鬼滅は運が良かった・・

 

それとプラス・・

主題歌のLISA!!

LISAが今までアニメ界だけの人気だったのが、それ以外の層からも支持を集めるようになったこと!!

 

主題歌を歌ったアーティストが人気だったのも、今回の『鬼滅の刃』人気の要因です!!

 

著名人が発信している

今は、SNSが絶大な力を持ちます!!

 

一般人より、影響力を持った方が、『鬼滅の刃』を読んでる!!と発信するだけで、口コミで広がっていきます!!

 

特に今回、その意味で『鬼滅の刃』人気に勢いづけたのが

 

””椿鬼奴””さん!!

 

この人がTVで『鬼滅の刃』を語って、それがネットニュースに挙がったり・・

 

今は、本当にこういう影響力がモノをいう時代!!

SNSを駆使して、人気を高めるのも一つの立派な手だと思います・・

 

単純に面白い!!

単純に面白いです!!

 

最初読んだとき、正直、個人的に評価は高くなかった・・

1話目を読んだとき、そもそも絵が受け付けなかったんです・・・(笑)

 

ジャンプ歴長いんですけど、これだけの歴史的大ヒット作を正しく評価できなかった自分が情けない・・

 

『鬼滅の刃』の最期を見逃すな!!

今年いっぱいかな~

 

と思ってます・・

 

というか、ここで終わらしたら、マジでジャンプ史上最高傑作のひとつとして後の時代に語られます!!

 

長い間、ジャンプを読んできましたが・・

 

実は、人気絶頂で終わった作品なんてほとんどありません!!

パッと思いつくのが『スラムダンク』ぐらい・・・

 

個人的理想としては、『ハガレン』みたいに、最終巻が初版最高記録を記録するという状態!!

 

『ハガレン』の最終回がガンガンに載った時、マジで街からガンガンが消えましたからね~

 

こういう感じになって欲しい!!

最高の形で、人気絶頂で終わって欲しい!!

 

今は初版150万部ですが、おそらくまだ伸びる・・

このまま終わったら、最終巻で初版200万部もあり得ない話ではないと思います!!

 

 

『鬼滅の刃』購入はこちら!!

 

スポンサーリンク