kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【ジャンププラス名作】 『彼方のアストラ』が名作な件

 

www.kimuroulab.com 

www.kimuroulab.com

 

今回は、ジャンププラスの『彼方のアストラ』についてです。

 

 

『彼方のアストラ』とは?

ジャンププラスにて、2016年から2017年から約1年半にわたって連載されていた作品です。巻数は5巻です。すぐ読めると思います。

 

連載期間は短いですが、別に打ち切りというわけではなく、しっかりと話は完結しています。おそらく、作者自身そんなに長期連載をするつもりはなかったのだと思います。

 

ちなみに、作者は、『スケットダンス』でおなじみの、篠原先生です。『スケットダンス』も名作で、こちらもぜひおすすめです。

 

www.kimuroulab.com

 

ストーリー概要

時は、少し進んだ未来。宇宙旅行が当たり前の時代。

 

主人公カナタが通う高校では、教師に引率され、初めて会う生徒同士だけで五日間の惑星キャンプを行う予定でした。しかし、キャンプが始まってまもなく、謎のワープ装置に巻き込まれ、生徒全員はるかかなたの宇宙に放り出されます。

 

奇跡的に、近くに自分たちの宇宙船によく似た宇宙船が有りそこに避難します。しかし、自分たちの星までは、絶望的な距離があり、時間もかかりとてもじゃありませんが、全員分の食料、水が持ちません。

 

そこで、カナタたちは、水や食料が手に入りそうな星を経由して、食料調達をしながら自分たちの星へ帰れるたった1つのルートを見つけ出し、宇宙を又にかけた冒険がスタートします。

 

途中、仲間とのいざこざがありながら、次第に絆を深めていき、徐々に自分たちの運命、謎のワープ装置などが明らかになり、想像以上のスケールの物語になっています。

 

様々な星を冒険していくという設定に引き込まれる

まず、なんといっても設定に引き込まれます。

 

篠原先生の前作の『スケットダンス』は、確かに名作ですが、舞台が学園の中だけなので、ギャグあり涙ありの話にはなっていたのですが、動きが少なく地味という印象がありました。

 

しかし、今作では宇宙を又にかける壮大な冒険ファンタジーという設定で、もうこれだけで作品に引き込まれます。しかも、冒険をする目的も非常にわかりやすく、読者が置いてけぼりになることはありません。

 

さらに、ほぼ初対面に近い生徒同士が、冒険を通じて絆を深めていく、成長していく物語性となっており、べたですが、非常に王道ではあるかと思います。

 

伏線回収が見事!!

篠原先生の真骨頂といってもいい、緻密に張り巡らした伏線を、終盤怒涛の勢いで回収していく様は圧巻です。

 

しかも、読者に気づかれないように伏線を張ってくるあたりが見事です。

ほんの些細な会話の1フレーズや、みんなが逃げるシーンで一人だけ描かれていなかったりといった、

本当にちょっとした場面に伏線を入れてきます。

 

読みやすい絵

さすが、ジャンプ本誌で連載経験者だけあって、絵はうまいです。

女の子の絵がうまく、全員かわいいことも魅力の一つです。

 

あと、全部で5巻しかないので、一気に読めると思います。ジャンププラスで、スマホを使っても読めるので、ぜひ読んでみてください。

 

まとめ

僕自身、『彼方のアストラ』がジャンププラスで連載中の時は、一番楽しみな作品のひとつでした。

 

個人的には、もっと続いてほしかった、もっとカナタたちの冒険を見てみたかったという気持ちですが、作品として、非常にきれいにまとまっていたと思います。

 

アニメ化しなかったのが残念ですが、みなさん読んでみてください!!

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com