kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『彼方のアストラ』アニメ化決定!!】アニメ化情報まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

かねてより、このブログでもたびたび紹介していた、『彼方のアストラ』が遂にアニメ化が決定しました。

 

僕自身、すごくアニメ映えする作品で、面白いのになぜアニメ化しないのか不思議だったぐらいです。正直、アニメ化決定は遅すぎたぐらいです。

 

さて、今現時点で分かっている情報なども交えながら、『彼方のアストラ』の魅力について語っていきたいと思います。

 

 

アニメ化情報

 

遂にアニメ化決定!!

待ちに待ったアニメ化です。

 

まだ放送時期は未定。今のタイミングだと、2019年7月ころかな?

 

キービジュアルはすでに解禁されています。篠原先生の書く女の子は可愛いので、そこにも注目です!!

 

すでに完結済みの話なので、原作の最終回までしっかりと描かれることになると思います。話数も24話でちょうどいいぐらいなのではないでしょうか?

 

今後の続報を待ちましょう!!

 

『彼方のアストラ』とは?

2016年から2017年にかけて2年近くの間、ジャンププラスにて連載されていた漫画です。

 

作者は、『スケットダンス』でおなじみの篠原健太先生です!!

 

『スケットダンス』は週刊少年ジャンプで6年以上連載されていた青春ギャグマンガで、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

こちらも名作なので、ぜひ読んでみてください。

 

 

『彼方のアストラ』のあらすじ

時代設定は、少し未来の設定です。

高校生たちが男女何人かで惑星研修旅行に行くという話で、そこでトラブルに巻き込まれ、遠い宇宙に飛ばされてしまいます。

 

何とか宇宙船に逃げ込み、即死を逃れますが、現在の自分たちの位置が、遠い宇宙で、自分の星に帰還する為に何日もかかり、食糧などが明らかに足りていないという現実に絶望します。

 

しかし、アイデアをみんなで出し合い、途中、水や食料が存在する星を経由しながら、自分たちの星へ帰るという手段を導き出します。

 

そこから苦難の旅が始まります。徐々に、メンバーの経歴など明らかになっていき、背後に巨大な陰謀が存在し、自分たちを殺そうとしていることに気づきます。

 

アドベンチャーでありながら、推理要素も絡めており、終盤は怒涛の伏線回収など、最後まで緊迫感のある作品になっています。

 

さらに、作者自身もとギャグマンガを描いていたということもあり、途中、ギャグも織り交ぜて笑える展開も入っています。

 

非常にバランスの取れた良作だと思います。

 

前作の『スケットダンス』よりアニメ映えする??

前作の『スケットダンス』。僕自身めちゃくちゃ好きでした。ファンも多かったと思います。

 

しかし、惜しいのがアニメに不向きだったことです。

 

物語が学園内という狭い中だけで展開される点。いまいちアクションが少なく、基本的にほのぼのとした学園ライフ、日常生活が描かれています。

 

あまり、こういう作品ってアニメに向かないんですよね~

 

漫画で読むとものすごく面白いのですが・・・

あと、たまに挟まる、シリアス編の内容がかなり重たいのも、評価を下げた要因かなと・・・

 

しかし!!

 

今回、『彼方のアストラ』ではこのあたりが修正されています。おそらく、作者の篠原先生自身、前作の『スケットダンス』が動きが少なすぎたと思ったのでしょう。

 

今回の作品は舞台が宇宙です!!広い!!

さらに、地球とは違う未知のワールドの冒険ファンタジー!!

さらに、篠原先生得意のミステリー要素!!そして、終盤の伏線回収!!

 

これほどアニメ映えするものもありません。思いっきり金をかけて、実写化してもいいぐらいです。

 

最後の伏線回収も、さすが元連載経験者とあって、前作よりうまくまとまっています。

 

まー相変わらず、背景にあるシリアス編が重たいという感じはありましたが・・・

篠原作品らしさという事で・・・

 

なぜアニメ化に時間がかかったのか?

コミックスがあまり売れていない?

これは致し方なかったかなと・・・

ジャンププラス自体がまだ知名度が高くない時期に、連載していましたからね。

 

おそらく週刊少年ジャンプ誌上に連載していたら、ある程度売れていたはずです。

前作の『スケットダンス』以上に売れたのではないでしょうか?

 

いまいち、巷で人気というラインから飛び出せずにいた感じはありましたね。すでに完結してからのアニメ化という事ですが、コミックスもちょっと売れ出すのではないでしょうか?

 

 

ジャンププラスがまだアニメ化に積極的でない?

ジャンププラスが始まったのが2014年頃から。もうすぐ5年ほどになります。

 

ようやく名作もかなり増えてきて、ダウンロード数も今後伸びていくと思いますが、アニメ化するほどの作品が多くないのも事実。

 

ジャンププラス側は、まだまだ、アニメ化には慎重な判断をしているといったところだと思います。

 

今後、どんどんアニメ化作品も増えていくと思いますけどね~

『地獄楽』とかアニメ化してくれるのを待ってます!!

 

スポンサーリンク