kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ジャンププラス】 無料でも楽しめるアプリ!! 魅力を徹底解説!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

僕が毎日読んでいる、ジャンププラスというアプリについてです。

 

www.kimuroulab.com

 

 

ジャンププラスとは?

簡単に言うと、週刊少年ジャンプの電子版です。

 

本誌とは違い、毎日何かしらの作品が更新されます。基本的に無料です。

 

課金すると自由度が広がり、様々な作品がその場で読めるようになります。また、週刊少年ジャンプもお得なお値段で定期購読できます。

 

ジャンププラスの魅力!!

毎日作品が更新される

上にも書きましたが、本誌だと毎週月曜日だけですが、ジャンププラスだと毎日、何かしらの作品が更新されます。

 

つまり、毎日好きなマンガを読むことができるわけです。

 

基本的に、曜日ごとに更新される作品が決まっており、(中には、月1連載、隔週連載の作品あり)、週刊連載となっています。

 

例えば、月曜日連載の作品だと、月曜日だけ更新されるので週刊連載と同じ感じになっています。しかし、各曜日に自分の好きなマンガがあった場合、毎日好きなマンガを読むことができるわけです。

 

レジャンド作品が読める

ジャンププラスのアプリができた当初は、これが最大の売りでした。

 

アプリが始まった当初のラインナップは

月曜日には『ドラゴンボール』、火曜日に『ワンピース』、水曜日に『デスノート』、木曜日に『ろくでなしブルース』、金曜日に『セクシーコマンドすごいよマサルさん』、土曜日に『るろうに剣心』、日曜日に『ジョジョの奇妙な冒険』

という感じでした。

 

これらの作品が、1話目から毎週、決まった曜日に更新されていきます。ワンピースやドラゴンボールなど、話数が多いので、週1更新だと何年かかるのか、気が遠くなる感じですが、

 

週1連載なので、当時のジャンプ連載時の、1週間待たされるあの感覚を感じることができるのも魅力だと思います。

 

今は、アプリ開始から4年ほど経つので、作品の中には最終回を迎え更新が終わった作品もありますが、すぐに次の作品の更新が始まります。

すでに、水曜日の『デスノ』は終わり、『ヒカルの碁』になっており、金曜日の『マサルさん』も終わり、『幽遊白書』に切り替わってます。

 

ジャンププラス生まれの名作も多い 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

当初は、過去のレジャンド作品の復刻連載が売りでしたが、ジャンププラスから生まれた名作も徐々に増えてきました。

 

過去の記事にも取り上げましたが、現在連載中の『地獄楽』、『ナノハザード』などめちゃくちゃ面白いです。

 

特に、この作品の作者は持ち込みも、ジャンププラスなので、生粋のジャンププラスの生え抜きです。

 

他にも、ジャンプ本誌にて連載した経験を持つ先生の作品も何作かあります。

 

例えば、2007年から2013年にかけてジャンプ本誌で『スケットダンス』を連載していた篠原先生による、ジャンププラス連載作『彼方のアストラ』も名作です。

 

僕個人的に『スケットダンス』より名作だと思っています。

 

また、2004年から2012年までジャンプ本誌において連載されて1時代を築いた『リボーン』の天野先生による、ジャンププラス連載作『エルドライブ』も人気で、アニメ化もしました。

 

他にも、面白い作品があるのでぜひ!!

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

コインで色々な作品が読める!!

現役で連載されている作品以外にも、過去ジャンプの関連誌で連載されていた作品も読むことができます。

 

およそ、数百種類の作品を読むことができます。人気作から、アニメ化にはならなかった隠れた名作、マニア向けの打ち切り作まで読むことができます。

 

それらの作品を、1話ずつコインで読むのですが、課金をすれば一定数のコインを購入することができ、かなりの作品の話数を読むことができると思います。

 

しかし、無料でもコインは手に入ります。

 

下の方にスクロールしていくと、じゃんけんコーナーがあり、負けたとしても5コインもらえます。勝ったら、20コインです。

毎日、2回挑戦でき、コツコツコインを貯めていくと、好きな作品を読むことができます。

 

ですので、無料でも読むことはできます。実際、僕は1円もかけていません。

 

週刊少年ジャンプ電子版の定期購読ができる

これはさすがに、どんな手を使っても無料では無理です。

ですが、紙媒体で買うよりお得な値段で購読できます。電子版だと、スマホ一つで済むのでかなり便利だと思います。

 

ジャンプっ子の永遠の課題である、ジャンプをいつ捨てるのか問題。

ジャンプが徐々に積みあがっていき、家に置く場所がなくなる問題が解決します。

 

電子版で持ち込みができる

これは、僕はあまり関係がないのでよく知りませんが、漫画の持ち込みが電子版でできるみたいです。

 

たぶん、漫画製作用のアプリも存在したと思います。

 

漫画家志望の方はぜひ!!

 

まとめ

他にもジャンププラス以外に、ジャンプ関連のアプリはあります。

 

どれも無料で楽しもうと思えば、楽しめます。実際、僕も無料で楽しんでおります(笑)

今まで、1円もかけたことはございません。

 

ぜひ、みなさんアップロードしてみましょう!!

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

スポンサーリンク