kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ジャンプ打ち切り競争】かつてない激戦・・・次打ち切りになる作品は??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、週刊少年ジャンプの打ち切り競争に関する記事です!!

 

現在、10月10日時点でジャンプには19作品が掲載されています!!

おそらく年内にもう一回、新連載が始まると思います・・・

 

その時、打ち切られるのはどの作品か・・・?

 

また冨樫が帰って来る時も、必ず1作品打ち切られます!!

年内に冨樫が帰って来ることもあるのか・・・??

ま~多分冨樫はないな~(笑)

年末に漫画書いてる冨樫なんて想像できないもんね!!去年は2回も連載再開したし今年はお休みでしょう!!

 

 

現在ジャンプに連載されている作品

最新号、週刊少年ジャンプ45号に掲載されている順番に書いていきます!!

 


  • 『約束のネバーランド』
  • 『鬼滅の刃』
  • 『Dr.STONE』
  • 『ワンピース』
  • 『ぼくたちは勉強ができない』
  • 『呪術廻戦』
  • 『ハイキュー!!』
  • 『ブラッククローバー』
  • 『夜桜さんちの大作戦』
  • 『アクタージュ』
  • 『ミタマセキュ霊ティ』
  • 『チェンソーマン』
  • 『ゆらぎ荘の幽奈さん』
  • 『神緒ゆいは髪を結い』
  • 『サムライ8八丸伝』
  • 『ふたりの太星』
  • 『トーキョー忍スクワッド』
  • 『ビーストチルドレン』

以上、19作品となっています!!

 

上のは掲載順位なので、参考の為、連載期間の長さ順で並べていきます。

 

ーー10年以上ーー

『ワンピース』 958話

 

ーー5年以上ーー

『ハイキュー!!』 368話

『僕のヒーローアカデミア』 245話

 

ーー3年以上ーー

『ブラッククローバー』 223話

『ゆらぎ荘の幽奈さん』 178話

『鬼滅の刃』 177話

 『約束のネバーランド』 153話

 

ーー1年以上ーー

『ぼくたちは勉強ができない』 130話

『Dr.STONE』 124話

『アクタージュ』 84話

『呪術廻戦』 78話

 

ーー1年未満ーー

『チェンソーマン』 41話

『神緒ゆいは髪を結い』 29話

『サムライ8八丸伝』 21話

『ふたりの太星』 20話

『ビーストチルドレン』 19話

『トーキョー忍スクワッド』 18話

『夜桜さんちの大作戦』 7話

『ミタマセキュ霊ティ』 6話

 

こうしてみると、若い作品が多いですね~

 

そしてそういう作品ほど、掲載順位が低いという結果に・・・

若い作品ほど掲載順位が低いのは仕方ない部分もあるけど、将来のヒット候補が無いというのも寂しい・・

連載陣が二分化されてきてますね!!

 

打ち切りになる作品は?

次なる打ち切り候補作

まず、アニメ化作品や、長期連載作は打ち切られることはほとんどありません!!

 

もちろん、例外はありますが・・・

 

累計発行部数2600万部以上記録し、アニメ化までした『シャーマンキング』が突然打ち切られたり、

 

アニメ放送中だった『ジモトがジャパン』の突然の移籍が決まったり・・・

 

ジャンプの長い歴史の名では、実績がある作品も数多く打ち切られてきたのも事実・・・

 

しかし、今回は通常とはかなり状況が違う・・・

 

さて打ち切りになる候補作ですが、アニメ化していない若い作品が多数あるので、この中の何作かになるでしょう!!

 

 

  • 『アクタージュ』 84話
  • 『呪術廻戦』 78話
  • 『チェンソーマン』 41話
  • 『神緒ゆいは髪を結い』 29話
  • 『サムライ8八丸伝』 21話
  • 『ふたりの太星』 20話
  • 『ビーストチルドレン』 19話
  • 『トーキョー忍スクワッド』 18話
  • 『夜桜さんちの大作戦』 7話
  • 『ミタマセキュ霊ティ』 6話

 

上に挙げた10作品が、今のところ、ジャンプの連載陣の中でアニメ化経験が無く、連載期間も短く実績を残していない作品となります・・・

 

打ち切りになるのは3作品?

次の打ち切りになる作品数は10作品も無いと思うので、ここでは3作品とします!!

おそらく、次の新連載は多くても3作品だと思います!!

 

さすがに1年に2回も新連載4連弾はやらないと思いますので・・・

年内最後の新連載祭りは3作品か2作品だとみています!!

 

冨樫が帰って来るのかが注目です!!

 

先ほど上に挙げた10作品の内、1年以上連載していて、かつ掲載順位が割と安定している、

 

『アクタージュ』

『呪術廻戦』

 

は除きます。さすがにこの二つが打ち切りになることはあり得ません!!

コミックスも重版出来ですから・・・

 

さらに、1年未満の連載ですが、何かと話題になっている、

『チェンソーマン』の打ち切りもないと思います!!

 

よって、本当に打ち切りになる可能性が大いにある作品は・・・

 

  • 『神緒ゆいは髪を結い』 29話
  • 『サムライ8八丸伝』 21話
  • 『ふたりの太星』 20話
  • 『ビーストチルドレン』 19話
  • 『トーキョー忍スクワッド』 18話
  • 『夜桜さんちの大作戦』 7話
  • 『ミタマセキュ霊ティ』 6話

 

このうち7作品のどれか!!

 

実績のある先生は有利??

過去にヒット作を飛ばしたことある先生は、こういう打ち切り競争において優遇される傾向にあります!!

 

これは間違いなくあります!!

 

何といっても、実績がありますから・・・

前作がヒットだった場合、その作品のファンが少なからず存在するはずです!!

 

前例があるので、しばらくしたら面白くなるかもしれないという期待値も、

何一つ実績のない新人よりかはあるはずです!!

 

今回の場合、上に挙げた作品の中にはそのような作品が・・・

 

知っての通り、『サムライ8八丸伝』の作者は、あの伝説的大ヒット作『ナルト』の岸本斉史先生です!!

 


すでに二度目の巻頭カラーももらい、10月には新刊コミックスが発売され、何と1巻と2巻が同時発売という編集部からの猛プッシュぶり・・・(笑)

 

しかし、当の作品の掲載順位はいまいち・・・

もしかしたら打ち切られるかも・・・という掲載順位です!!

 


 

そして、打ち切り候補作の中にはもう一つ、大御所作家の作品が・・・!! 

 

『神緒ゆいは髪を結い』の作者は、かつて『ぬらりひょんの孫』を掲載していた、椎橋先生です!!

 


『ナルト』の岸本先生ほどではないにしても、十分に実績のある先生と言えるでしょう・・・

 

今回の7作品の中から3作品打ち切られるという現状を踏まえても、この2作品は削られるのではないでしょうか??

 

よって、今回打ち切りになる作品の最有力候補は、 

  • 『ふたりの太星』 20話
  • 『ビーストチルドレン』 19話
  • 『トーキョー忍スクワッド』 18話
  • 『夜桜さんちの大作戦』 7話
  • 『ミタマセキュ霊ティ』 6話

 

の5作品のどれか!!

 

 

5作品の中から3作品が打ち切りに!!

上記に挙げた5作品・・・

 

  • 『ふたりの太星』 20話
  • 『ビーストチルドレン』 19話
  • 『トーキョー忍スクワッド』 18話
  • 『夜桜さんちの大作戦』 7話
  • 『ミタマセキュ霊ティ』 6話

多少連載経験に違いはあれど、全員、実績という面では横一線だと思います!!

 

ただ、前回の新連載で始まった、

『夜桜さんちの大作戦』と『ミタマセキュ霊ティ』の2作品に関しては、次回の打ち切りは見送られるのではないかと考えています!!

 

 

というのも、新連載作品でも少しは優遇されるもので、10話未満で打ち切りになることは、ジャンプの歴史を振り返っても、そんなに無い・・・

(もちろんあるにはあるが・・・)

 

個人的な意見ですが、2作品とも、そんなに出来の悪い作品ではない・・・

そんな10話即打ち切りにするほどヒドイ作品ではないと思います!!

 

よって今回の打ち切りは、

 

  • 『ふたりの太星』 20話
  • 『ビーストチルドレン』 19話
  • 『トーキョー忍スクワッド』 18話

この3作品だと思います!!

 

 

もちろん、3作品打ち切られるというのも、個人的な予想ですし、もしかしたら2作品だけかもしれないし、4作品も打ち切られる可能性はあります!!

 

ただ、この上3作品に関しては、打ち切り率はほぼ100%だとみてます!!

 

『夜桜さんちの大作戦』と『ミタマセキュ霊ティ』の打ち切りが50%くらい??

 

『神緒ゆいは髪を結い』の打ち切り確率が30%くらい・・・

『サムライ8八丸伝』の打ち切りが25%くらい・・・

 

と言ったところか!!

 

 

上に挙げた3作品は当確かな~

椎橋先生って毎回、新連載陣に救われて延命されてますよね!!

かつてない打ち切り競争

打ち切り候補が多すぎる!!

 

喜んでいいことなのか??

 

逆を言えば、上位連載陣が安定しているという事ですが・・・

 

アニメ化している作品もしくは、していた作品が9作品

  • 『ワンピース』
  • 『ハイキュー!!』
  • 『僕のヒーローアカデミア』
  • 『ブラッククローバー』
  • 『約束のネバーランド』
  • 『鬼滅の刃』
  • 『ゆらぎ荘の幽奈さん』
  • 『ぼくたちは勉強ができない』
  • 『Dr.STONE』

アニメ化未経験が10作品!!

個人的にもうすぐアニメ化しそうなのが、

 

  • 『アクタージュ』
  • 『呪術廻戦』

 

の2作品・・・

 

この比率自体は通常通り・・・

むしろジャンプはアニメ化作品が多いぐらいです!!

 

問題は、上位陣、下位陣で差が激しすぎること!!

先ほども言ったように、中間層がほとんどいません!!

 

ジャンプ上位陣とそれ以外の差が大きい!!

 

アニメ化未経験の10作品の中で、長期連載になりそうなのが、

 

『アクタージュ』

『呪術廻戦』

次点で

『チェンソーマン』

 

くらいか・・・??

 

それ以外は、いつ打ち切られてもおかしくないです!!

作者に実績があるかないかの違いだけです!!

 

つまり現在、ジャンプはかつてないレベルの低い打ち切り競争激化状態にあります!!

 

新連載陣が弱すぎることが原因です!!

 

確かに、かつて、2000年代中盤、新連載が中々ヒットしない時期がありました。

しかしこれは、当時のジャンプ連載陣が本当に強かっただけです!!

 

あの頃のジャンプの連載陣は隙が無かった!!

 

今のジャンプは、そこそこ隙があるのに、新連載陣がそこに入り込めてないだけです!!

ワンピ、ナルト、ブリ、H×H人気が健在だった2000年代が懐かしい!!

未だに残ってるワンピの凄さ!!

 

 

スポンサーリンク