kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ジャンプ打ち切り】『ダビデ君』、『ジモトがジャパン』打ち切り??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

来週発売の週刊少年ジャンプについて、情報が入って来ました。

 

どうやら、久しぶりの2作品打ち切りを敢行する様子。今回の新連載の作品は4作品。元々、いつもより多い数が打ち切られる予想はされていました。

 

今回、打ち切られる2作品は、2018年に同時に始まった『思春期ルネサンス!ダビデ君』と『ジモトがジャパン』です。

 

正確にいうと、『ジモトがジャパン』は最強ジャンプへ移籍です。一応、アニメ化作品ですから・・・

 

両方とも、ギャグマンガとして毎週盛り上げてくれました。

 


ジャンプは厳しい!!

 まさかアニメ化作品まで打ち切り(移籍)にするとは・・・!!

 

普通は、アニメ化作品はどれだけ人気がなくても打ち切りになることはないんですが・・・

まーギャグマンガという事もあって、大幅なコミックス大ヒットもないでしょうし、売れるかどうかは分からないが、新連載の作品を優先したという事でしょう。

 

しかも、今回の新連載の内の一つは、あの世界的大ヒットした『ナルト』の作者、岸本斉史先生の作品です。

 


今のところ、面白いですし、まず打ち切りになる可能性は極めて低いでしょう。

 

今のジャンプにはギャグ枠が、『思春期ルネサンス!ダビデ君』と『ジモトがジャパン』しかないので、ジャンプを読むうえで、ちょうどいい箸休めになっていたんですけどね~

 

やはりギャグマンガが一つもないというのは寂しい気持ちがします。次の新連載は、ギャグマンガが来てほしいですね~

 

こう考えると、ギャグマンガでありながら、コミックスも売れて、アニメ化も長期になって放送された、『こち亀』、『スケットダンス』、『斉木楠雄』などすごかったんだな~と改めて思いました。

 

 

なぜ打ち切りなのか?

 まー面白くなかったの一言に尽きるのではないでしょうか?

 

僕個人的には、『ジモトがジャパン』は結構好きでしたけどね~(笑)

毎週、地元ネタを盛り込んで、ギャグマンガにするのは面白くて、シュールだったと思います。

 

僕は毎週楽しみに読んでいました。面白い時は面白かったのですが、馬鹿っぽいのも多かったような?

 

ジャンプ史上最速でアニメ化が決まったときは、何かと話題になりましたね。 

 

一方で、『思春期ルネサンス!ダビデ君』は、序盤の方は下ネタが多くて、子供向けすぎると感じましたが、途中から下ネタを出さなくなり、だんだん面白くなってきました。

 

しかし、時折、ギャグマンガらしからぬ、恋愛漫画にしたりと、色々迷走していたと思います。面白い時もあったのですが、もう少しギャグマンガにしてほしかったです。

 

最近は、親友のしょんべん小僧君が、引っ越してしまうというまさかの展開に・・・

終わりそうな雰囲気がありましたが、本当に終わるとは・・・

 

 

次の打ち切りは?

『食戟のソーマ』、『最後の西遊記』、『チェンソーマン』、『神緒ゆいは髪を結い』など・・・

 

今回の打ち切りの候補を見ると、確かに、『思春期ルネサンス!ダビデ君』や『ジモトがジャパン』ぐらいしかなかったかも・・・

 

まじで、『食戟のソーマ』はかなり末期だと思うんですけどね~

もう、いっそのこと打ち切って、赤丸ジャンプで最終章!!とかでもいいと思うんですけど・・・

 

3回もアニメ化したという実績がありますからね~

簡単には打ち切りにはできないといったところか・・・

何気に、連載7年という長期連載作でもあります。もうそろそろ、ストーリー的にも終わりはかなり近いと思うんですけどね~

 

一番微妙なのは『チェンソーマン』です。すぐに打ち切られると思っていたのですが、地味に生き残っています。ジャンププラスで『ファイアパンチ』を連載していた過去がありますから・・・

正直、どこがおもしろいのか僕にはわからないんですが・・・

 

まー頑張ってもらいたい!!

 

 

僕的には椎橋先生の『神緒ゆいは髪を結い』にも頑張ってもらいたいです。『ぬらりひょんの孫』の時代から、椎橋先生は好きなので、ぜひもう一つ大ヒット作を生み出してもらいたいです。

 

 

『ジモトがジャパン』はまだまだ続く!!

『思春期ルネサンス!ダビデ君』は終わってしまいますが、『ジモトがジャパン』はまだまだ続きます。

 

最強ジャンプに移籍するだけです!!

 

アニメもまだ続いています。アニメが放送中の作品を切るというのは、ジャンプの歴史のなかでも、異例中の異例だと思います。

週刊少年ジャンプでは読めませんが、最強ジャンプでは読むことが出来るので、ぜひ読んでみましょう!!

 

 

スポンサーリンク