kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【週刊少年ジャンプスポーツ漫画】 まだ開拓されていないスポーツをまとめてみた 今後出てきそうなスポーツ漫画!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、キムローです。

 

今回は、週刊少年ジャンプスポーツ漫画、まだ開拓されていないスポーツまとめです!!

 

そして、2019年、もしくはその先、出てきそうなスポーツ漫画を考えてみました。

 

野球やサッカーは、そもそも人気スポーツなので、今更出てきても正直目新しさがありません。おそらく、相当うまく話を作らないと、打ち切られるでしょう。

 

今後も、人気作はもしかしたら出てくるかもしれませんが、社会現象になるレベルのスポーツ漫画となると、やはり新競技を開拓していく必要があると思います。

 目次

 

スポーツ漫画の最大の魅力

スポーツ漫画には、スポーツ漫画にしかできない魅力があると思います。

 

それは、漫画の大ヒットによる、競技人口の増加など他のジャンルのマンガに比べて、社会に与える影響が大きいという点です。

 

バトル漫画やギャグマンガが大ヒットしても、関連商品の売り上げの伸びによる経済効果が限界だと思います。まー『ワンピース』レベルまで行くと、それでも相当なものですが・・・

 

しかし、スポーツ漫画は、大ヒットによってそれを読んだ子供たちが、スポーツをはじめ、競技人口が増加し、日本のスポーツ界が盛り上がる。果ては、その時スポーツを始めた子供たちの何人かは、後に世界で活躍するアスリートになるといった例も、過去実際に確認されています。

 

例えば例を挙げていくと・・・

 

『キャプテン翼』

当時、まだ人気がなかったサッカーに注目が集まるきっかけとなり、後にJリーグの発足へとつながりました。

 

そして、その時サッカーを始めた子供たちが、世界で活躍し、日本のサッカーレベルの向上の原因となりました。

 

世界的人気もすさまじく、あのジダンも、『キャプテン翼』を読んで、サッカーをはじめ世界のトッププレーヤーとなりました。まさに、世界的スターを生み出した作品といえるでしょう。

 

『スラムダンク』

こちらも、当時まだ人気のなかったバスケットボールを盛り上げるきっかけとなった作品です。

 

今や、Bリーグができ、東京オリンピックに向けて、バスケットボール界全体が盛り上がっています。まだまだ、世界とは開きがありますが、近年レベルが向上してきてます。

 

特に、スポーツ漫画の金字塔といわれ、後のスポコンに与えた影響も計り知れません。いまだに、スポーツ漫画史上最高発行部数です。

 

『テニスの王子様』

あの錦織選手も読んでいた、テニス漫画の金字塔です。

もしこれがなければ、錦織選手のあの活躍は無かったといえるでしょう。

 

今なお人気が高く、スクエアジャンプにて連載が続いています。

 

 

今後出てきそうなスポーツのジャンル

上でも少し書きましたが、やはりスポーツ漫画が売れるためには、目新しいスポーツ!!

 

かつ話作りもうまくやる必要があると思います。

 

なので、今後でてきそうなスポーツ漫画をまとめてみました。

 

eスポーツの漫画

これは、近いうちに書いてくる漫画家絶対いると思うんですよね~。

 

タイミング的に今が一番いいような気がします。この前、新聞読んでて見つけたんですけど、高校の部活で、eスポーツ部がある学校も増えてきてるんですね。

 

時代の進むスピードには驚かされますね。

 

単純にゲームと言えばゲームなのだと思います。過去、ジャンプでゲームを扱った代表作と言えば、『遊戯王』ではないでしょうか?

 

あれはカードゲーム。いわば、アナログ的ですね・・・

今の、コンピューターゲームと比べると、さすがに時代を感じますね(笑)まー今読んでも面白いですが・・・

 

僕も、eスポーツに関してあまり知らないのですが、色々種目が決まっているんですね。車で争う、サッカーゲームとかあるようです。空を飛んだりもするようで、まさにスポーツに革命を起こす可能性を秘めたものだと思います。

 

いずれ、これを題材にした人気漫画が出てくる気がします。

 

箱根駅伝

僕は、関西在住なので、周りはいまいち箱根駅伝に興味がないですが、僕はマラソン大国京都出身という事もあり、小さいころから箱根を見てました。

 

実は、近年、視聴率が上がってきていることをご存知ですか?今は、余裕で30%後半なんですよ。

 

徐々に全国区に知られてきているんです。僕も色々、漫画を読んでいますが、箱根駅伝を扱ったスポーツ漫画で、有名な作品がないんですよね~

 

唯一、僕が呼んだのは、小説ですが、三浦しをんさんの『風が強く吹いている』ですね。これは、箱根駅伝を扱った小説です。非常に面白く、これをみて箱根にはまったといってもいいぐらいです。

 

割と歴史が長い、箱根駅伝ですが、いままでそれを取り扱った、漫画がないのは、おそらくですが、絵的に地味になってしまうからだと思います。確かに、相当うまく書かないと、盛り上がりに欠けることになると思います。

 

スタート時やゴール、タスキがつながるとき、誰かを抜かした時などは見ごたえはありますが、走っている場面を、漫画にずっと描き続けるとなると、相当大変だと思います。

確かに、漫画として描くにはリスクが大きい題材だとは思います。

 

ですが、今後出てきてほしいですね。社会現象になるレベルのマンガが出てきてほしいです。

 

スポーツ漫画は今の時代受けない?

どうしても、努力、修行の期間が長期間におよぶことになりがちですからね。

 

今の読者には耐えられないと思います。おそらく、スポーツジャンルの選出意外にも、相当うまく話を作りこんでいかないと、ヒットは難しいでしょう。

 

でもだからこそ、社会を変えてしまうような、大ヒットスポーツ漫画が出てきてほしいというのが、一ファンとしての願いです。

 

『スラムダンク』を超えてくるような漫画が出てくることを楽しみにしています。

スポンサーリンク