kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ジャンプ漫画家出身地】田舎出身が多い? 田舎の方がクリエイティブ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回はジャンプ漫画家の出身都道府県についてです。

 

案外、田舎出身が多いんですよね。東京出身の漫画家って秋本先生ぐらいじゃないでしょうか?

田舎には漫画家になる何かがあるのでしょうか?

 

 

連載陣の出身地は?

尾田栄一郎 『ワンピース』

これは有名だと思いますが、尾田先生の出身地は熊本県です。

 

熊本地震の時に何億か寄付していたのはニュースになりましたね。熊本が生み出した、ビッグスターです。

 

熊本駅の近くには『ワンピース』の銅像もあるようです。

 

冨樫義博 『ハンターハンター』

山形県出身です。

 

『レベルE』は、冨樫先生の出身地山形県が舞台になって描かれています。こちらも、結構有名ではないでしょうか?

 

当時のジャンプ担当が、冨樫の才能を見出し、山形まで訪れて東京まで連れてきたのも有名です。

 

 

古舘春一 『ハイキュー!!』

岩手県出身です。

 

中高時代はバレボール部だったようです。

 

附田祐斗 『食戟のソーマ』

『食戟のソーマ』の原作担当の附田先生は福岡県出身です。

 

ちなみに、作画担当の佐伯先生の出身地は分りませんでした。(笑)

 

川田 『火ノ丸相撲』

分かりませんでした。この人謎が多いです(笑)

 

本名も非公開ですし、生年月日も分かりません。あまり表に出てこない先生の様です。

 

堀越耕平 『僕のヒーローアカデミア』

愛知県出身。

 

 

田畠裕基 『ブラッククローバー』

福岡県出身。

 

ミウラタダヒロ 『ゆらぎ荘の幽奈さん』

出身地は分りませんでした。が、京都精華大学出身のようで、もしかしたら京都出身かもしれないです。

 

僕と一緒かも・・・

 

吾峠呼世晴 『鬼滅の刃』

福岡県出身です。

 

岸本斉史 『BORUTO』

岡山県出身です。

岡山県勝田郡奈義町出身です。

 

僕は行ったこともないので、あまりこういうことを言うのもあれですが、名前からしてド田舎っぽい(笑)

 

ここから『ナルト』は生まれたんですよね~

 

 

出水ぽすか 『約束のネバーランド』

謎が多い漫画家です。

 

都内の某国立大学出身の様です。もしかして東大か・・・?

 

確かに、あの作品はアホには書けないと思います。知性が無いと書けない作品です。東大出身と言われても大して驚きはないですね~

 

ちなみに原作者の白井先生も謎が多く、本名非公開です。

脱サラ漫画家の様で、デビューは遅かったみたいです。

 

筒井大志 『ぼくたちは勉強ができない』

千葉県出身です。

 

稲垣理一郎 『Dr.STONE』

東京都出身です。

 

僕は、稲垣先生と中学時代同級生だったという人とたまたま知り合いで、色々エピソードを聞かしてもらいました。

中々、面白いエピソードばかりで、すごい変わった人だったようです。

 

漫画家としては珍しく大都市出身です。

 

ちなみに、作画のBoichi先生はなんとソウル出身です。

 

 

マツキタツヤ 『アクタージュ』

出身地は分りませんでした。

 

ツイッターからジャンプ漫画家まで上り詰めた異色の経歴の持ち主です。

Twitterに挙げた漫画が、今の『アクタージュ』の作画担当の宇佐崎先生の目に留まりました。

 

この人もツイッター上がりです。時代の流れに乗った漫画家コンビといえるでしょう。

 

芥見下々 『呪術廻戦』

仙台市出身です。

 

黒木雄心 『思春期ルネサンス!ダビデ君』

福岡県出身です。

 

林聖二 『ジモトがジャンパン』

ジモトネタを毎週披露してくれる漫画です。

作者自身は山口県出身です。

 

僕はこの作品を読んでから、人の地元が気になり始めました(笑)

 

藤本タツキ 『チェンソーマン』

秋田県出身です。

 

椎橋寛 『神緒ゆいは髪を結い』

大阪府出身です。

 

『ぬらりひょんの孫』の京都編は本当に面白かったです。作者自身、大阪出身で京都の事は良く知っていたのだと思います。

 

 

野々上大二郎 『最後の西遊記』

岡山県出身です。

 

ジャンプの大御所作家の出身地

鳥山明 『ドラゴンボール』

愛知県名古屋市出身です。

 

鳥山という名字は珍しいですが、愛知県ではよくある名字らしいです。

昔は、鳥山明先生の為に、名古屋空港までの直通の””鳥山ロード””があるといわれていましたが、さすがに都市伝説だったようです(笑)

 

行ったことはないですが、タクシーで鳥山邸までというと、鳥山明先生の家に行けるといわれています。

 

井上雄彦 『スラムダンク』

鹿児島県出身です。

 

高校時代に、当時マイナーだったバスケ部に所属し、バスケットと出会ったみたいです。

 

森田まさのり 『ろくでなしブルース』

滋賀県出身です。

 

結構頭が良くて、第一志望が阪大だったようです。不合格がきっかけで漫画家を目指したのだとか・・・

 

『ルーキーズ』が実写化する際、森田先生の故郷である滋賀県で収録されたようです。

生粋の阪神ファンであることも有名。この人の作品に出てくるキャラの名前は阪神の選手が多いです。

 

和月伸宏 『るろうに剣心』

新潟県出身です。

 

和月先生も割と頭が良くて、進学校に通っており、周りが受験勉強しているなか、漫画を描いて、在学中に手塚賞を取りました。

 

 

小畑健 『デスノート』

和月先生と同じく新潟県出身です。

 

今度行われる、小畑健先生の個展も東京、大阪以外に故郷である新潟県にも来るみたいです。

 


久保帯人 『ブリーチ』

 広島県出身です。割と、田舎の場所だったようです。

 

秋本治 『こち亀』

東京都葛飾区出身です。

 

まさに自分の故郷である葛飾区について40年間漫画を描いてたんですね。今や、葛飾は両さんの街です。

 

漫画家は田舎出身が多い!!

やっぱり漫画家は田舎出身が多いと思います。

 

これ僕の個人的な意見ですが、田舎はモノがないんです。だから、物がない中で遊ぶことを考えるので、都会の子に比べて、創造力や妄想力が身に付きやすいんだと思います。

 

あのダウンタウンの松本人志も言ってました。

 

””おもろい人の条件に貧乏が挙げられる。貧乏はモノが少ない中で遊ばなくちゃいけないから想像力が働く””

 

物が少ない中で、絵を描くことを覚え、そして想像力も養うんだと思います。小さいころから、こうしてクリエイティブな才能を磨いていたのでしょう。

 

もちろん、都会出身の漫画家もいますが・・・

 

まー結局のところ本人の努力は必要だという事でしょう。

スポンサーリンク