kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【ジョジョの奇妙な冒険 第1部】 久々に読んだ感想

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 ジョジョ展、大阪会場がもうすぐ始まるので、最近、ジョジョの奇妙な冒険シリーズを第1部『ファントムブラッド』から読んでいます。

 

ジョジョの公式アプリにて、第1部から無料で読むことができるので、ぜひダウンロードしてみてください。

 

ストーリー概要

舞台はロンドン。

 

ジョジョとディオのシリーズを通した宿命のライバル同士の出会いから、決戦の終了までを描いています。

 

この二人の戦いは、第2部以降、ジョジョの子孫まで巻き込んだものとなっていきます。

 

今作では、ジョジョの家に養子として、同い年のディオがやってくるところから始まります。

ディオは、当時からすでに悪の心が出来上がっており、いつかジョジョの家の財産を独り占めするため、ジョジョの父親を殺そうと、養子に来たころから企みます。

しかし、ディオが気にかかっていたのは、ジョジョの父が若いころ旅先で手に入れた謎の石仮面の存在・・・

 

その後、数年の月日が流れ、ジョジョとディオはかりそめの友情を演じながら、ジョジョは石仮面にまつわる考古学を大学で研究し、またディオも成績優秀で大学を卒業します。

 

ある日、ジョジョはディオが自分の父親を、薬により弱らせ殺そうとしている計画を知り、ついに二人は決別し、その場で警察官を巻き込んだ銃撃戦となり、

追い込まれたディオは謎の石仮面をかぶります。

 

謎の石仮面は、古代人が開発した人間の内なる力を発現させるもので、ディオは人ならざる力を手に入れます。

 

その後、なんとかデイオに勝利したジョジョですが、デイオは再び生き返り、そしてジョジョも石仮面の力に対抗するため、新たに波紋法という力を習得し、ディオとの決戦へと備えます。

 

そして物語は、ジョジョとディオの最終決戦へ

 

感想

第1部から面白いです。

一応、昔5部あたりまでは読んだので、その後どうなっていくかは、だいたい覚えているのですが、やっぱり面白い。

 

この後、シリーズを重ねるごとに面白くなっていきます。

 

『ジョジョの奇妙な冒険』の面白い点は、第1部が終わって、第2部、第3部となっていっても、人物は変われど、大きい点でジョジョ対ディオの宿命の対決の構造が続いている点だと思います。

 

それが、シリーズを通して、世界中のファンから愛される理由だと思います。

 

また、80年代ということもあり、絵柄は劇画調で、いまならアウトな表現も含まれています。あの、荒木先生の独特な絵のタッチの片鱗を見ることができるのも特徴です。

 

アニメは、見ていないので、またみてみようと思います。

 

現在、4部までは放送済みで、5部が今度アニメ化するはずです。

 

まとめ

jojoapp.jp

 

今、僕が使っている、『ジョジョの奇妙な冒険』の公式アプリです。

 

毎日、コインをためて、何話かずつジョジョを読むことができます。

 

無料です。

 

もちろん、課金すれば一気に何話も読むことはできますが・・・

 

このアプリを使って、1部から読んでいます。また、2部を読み終えたら感想を発信していきたいと思います。

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com