kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ジャンプ+オススメポイント】ジャンプ+が週刊少年ジャンプを超える!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

皆さんこんばんは、キムローです!!

 

今回は、リリースから5年を迎えたジャンプ+についてです!!

最初は、ジャンプ編集部側も試行錯誤の連続の中、始まったのだと思いますが、5年経って、ようやく方向性が定まってきました。

 

週刊少年ジャンプではできないような企画ものや、アプリ版だからこそできる、幅広いコーナー、

毎日更新というメリットを生かして多数の作品を掲載してきました。

 

今や世間は、電子書籍が一般的になりつつある時代・・・

紙媒体の出版数は減少し続けていますが、アプリ版、電子書籍の規模は拡大し続けています!!

 

 

近い将来、ジャンプ+が週刊少年ジャンプを超える日も近い!?

ところで、ダメタローはジャンプ+やってる?

やってないんですよ~。あれお金かからないんですか?

結論から言うとお金をかけずに読むことは可能だ!!その点含めて解説していくぞ!!

 

 

ジャンプ+とは?

2014年リリースされた、週刊少年ジャンプのアプリ版です。

 

リリースされてから、5年経ちかなり有名になってきたと思ってます。割と、ダウンロードしている人も周りに増えてきたと思います。

 

僕は割と創成期からのユーザーでしたが、当時は周りに””ジャンプ+””を読んでいる人はいませんでしたね~

 

時代的にも、これから電子書籍の時代が来るぞ!!と言われ始めていた時代なので、あくまで主流は紙媒体、コミックスや週刊少年ジャンプでした。

 

ですので、当時のジャンプ編集部もかなり試行錯誤・・・

手探りの状態で企画がスタートした感じだったと思います。

 

ヒットの基準をどう決めるか?

 

これが一番の問題だったのではないでしょうか?

 

読まれた数で判断するのか?

お気に入り登録された数?

いいね!!の数?

コミックスの売り上げ?

 

一体何を基準にしてヒットしたというのか?

 


おそらくこの問題はまだはっきりとは解決はしていないと思います。

 

莫大なデータから、AIなどを利用して判断しているみたいです。

今や、発行部数などという言葉は死語なのか? 

5年経ってようやく形になり始めたということだな!!ただ、電子書籍自体が発展途上だから今後どうなるかはまだわからないと言う感じだな!!

データで作品の人気度を測るなんて一昔前じゃ信じられなかったな~

ジャンプでは人気アンケートを昔からやっていたわけだから、データの数が莫大に増えたというだけの話だな!!

ある意味、人気アンケートは時代を先取りしてたわけですね・・・

 


ジャンプ+おすすめポイント 

毎日漫画が読める

まず週刊少年ジャンプとの大きな違いは、毎日、何かしらのマンガが読める点!!

 

週刊少年ジャンプはあくまで週刊・・・

1週間に1回です!!

 

しかし、ジャンプ+の場合、

月曜日更新の作品

火曜日更新の作品

水曜日

・・・

 

と言う風に、毎日違った作品が読めます。

 

全部読んでいる人もいるかもしれませんが、僕なんかは、曜日ごとにお気に入りのマンガだけ読んでいます。

 

週間と違って、毎日好きな作品が読めるというのはかなり嬉しくないですか??

 

そして基本的に最新話は無料です!!

ですので、基本的に毎日アプリの起動させれば、見逃す心配もなく、お金もかかりません!!

 

連載作の数が多い!!

これは電子版の利点です!!

 

紙媒体だと、例えばジャンプだと掲載作品の数は決まっています。だいたい18~20作品です・・・

これ以上増やそうとすると、単純に冊子が大きくなって邪魔です。誰も買わなくなります(笑)

 

アプリ版の場合、そういう心配がありません!!

 

ですので、掲載しようと思えば、何作でも掲載できます。

 

実際は、ユーザーのことを考えて、多少、掲載作品数は制限されていると思いますが・・・

 

それでも、毎日連載というメリットと合わせると、かなりの数の作品が1週間に連載されます。

 

また、ジャンプ+の場合、何作品も載せられるメリットを生かして、新人の投稿作品を大量に掲載しています。

 

””ジャンプルーキー””というやつで、ユーザーが自由に読み、いいね!!の数を競わせます。

 

紙媒体だと、新人に与えられる連載枠なんて限られてます。

その分、新人にとってはチャンスが減るということ・・・

 

このジャンプ+の登場で、新人に多くのチャンスの場が与えられるようになったと思います。

 

カラー連載や、隔週連載など掲載方法の幅が広い

こちらも電子版のメリット!!

 

今は、漫画家でもデジタルで絵を描く時代・・・

若手の作家さんなんてみんなデジタルなんじゃないですか?

 

その分、カラー連載などが昔より可能になったように思います。

 

週刊少年ジャンプだと、全ページカラーなど、数年に1回ぐらい、どれかの作品がやるかな~ぐらいですが、

 

ジャンプ+だと、割と普通です。

 

『リボーン』の作者で有名な、天野先生の作品『エルドライブ』など、全ページフルカラーです!!

 

天野先生の場合、カラー絵に定評があるので、先生自身の個性を一番発揮するのがカラー連載なんですよね~

 

また、連載スパンも毎週、隔週、月一、不定期、毎日・・・

 

など、色々です・・・

 

この辺りの自由度もジャンプ+のメリットかなと思います。

 

週刊少年ジャンプの場合、基本的に、連載は毎週ですよね~

『ハンターハンター』のみ不定期ですが・・・(笑)

 

例外中の例外です!!

 

企画ものが多い!!

普通のマンガも多いのですが、ジャンプ+オリジナルの企画もののマンガもあります。

 

有名なのは、

サクライタケシ先生のルポ漫画ですね!!

 


ジャンプの疑問について、読者に変わって調査します。

 

元漫画家のおにぎり屋さんのおっさんが描いているのですが、これが面白い!!

 

おそらく、漫画家として芽が出なかったので、夢をあきらめておにぎり屋をやっていたのだと思いますが、数年ぶりに元担当から電話がかかってきて、こういう作品を描くことに・・・

 

(担当がつくぐらいなので、相当のところまではいっていた漫画家だったのだと思いますが・・・) 

 


最近だったら、新しく始まった岸本先生の最新作『サムライ8八丸伝』の裏話を聞きに、岸本先生のお宅に突撃する企画も!!

 

たまに来るお祭り企画!! 

たまにですが、ファンにはたまらないものすごいサービスが来たりするんです!!

 

5周年企画では、数多くの作品が全話無料になったり・・・

アニメ化が決まったりすると、その作品が全話無料になったり・・・

往年のレジェンド漫画家の読み切りが掲載されたり・・・

 

最近、個人的に一番テンションが上がったのが、

 

『デスノート』の完全新作読み切り!!

And

『デスノート』読み切り2008年Ver!!

 


 往年の名作が完全オリジナル読み切りということでかなり話題になってましたね!!

 

しかも予想を超える、ハイクウォリティー!!

めちゃくちゃ面白かったです!!

こう考えると、アプリ版になってできることが広がった感があるな~

もはやジャンプ+の方がいいんじゃ?

少なくとも今後、紙媒体は少なくなっていくだろうな~。その点に関しては次で説明するぞ!!

 

ジャンプ+の今後

今後、どんどん人気が上がっていくでしょう!!

 

紙媒体が衰退しているので、将来的にはアプリ版が主流になっていると思います。

 

5年が経ち、徐々に人気作も増えてきたと思います!!

 

 

ちょっと前ですが、『彼方のアストラ』がアニメ化しましたね!!

こちらもジャンプ+の作品です。

 

この作品は、ある意味ジャンプ+を有名にした作品と言ってもいいでしょう!!

作者の篠原先生は、元々週刊少年ジャンプにて2000年代後半、『スケットダンス』という名作を6年間も連載していました。

 

それほどの有名な先生が、自らツイッターを使い宣伝し、ジャンプ+連載されている自分の『彼方のアストラ』を有名にしました!!

 

逆にいうと、それぐらいやらないと当時のジャンプ+に連載してるぐらいでは全く和田にならなかったということです!!

 

しかし、そこからアニメ化までこぎつけたという事で、かなりジャンプ+も有名になったと思います。

 

他にも、おすすめ作品は多数存在します。

 

個人的に『地獄楽』、『SPY×FAMILY』とかおすすめですね!!

 

 

ジャンプ+で『ワンピース』並みの作品は生まれるか?

ジャンプ+もかなり人気が出てきたと思いますが、

 

でもやっぱりまだまだ本家、週刊少年ジャンプには敵わないかな~

 

知名度的にも、作品の売り上げ的にも・・・

 

その理由は、やっぱり本家には『ワンピース』があるということです!!

 

逆に、ジャンプ+に『ワンピース』並みの超大ヒット作が出れば、すぐに本家を超えられると思います!!

 

1作品、そのレベルの作品があるだけで、全然違います!!

 

かつて、

ガンガンというマイナー雑誌には、『鋼の錬金術師』という今世紀最高傑作が掲載されていました。

元々、全く知名度もない超マイナー雑誌でしたが、『ハガレン』の存在によってかなり有名になりました。発行部数も相当伸びたはずです!!

 

最終回が掲載された時で、全国各地の書店で、ガンガンの売り切れが続出しましたしね~

 

こういう作品が一つあるだけで、あっという間にマイナーなものが有名になるんです!!

 

いつか、ジャンプ+にもそういう作品が出て来てほしいですね~

いつの日かあのレベルの作品が生まれる可能性は高いだろうな~。それが新時代の令和を引っ張て行く作品になると思う!!

何か、ジャンプ+ダウンロードしたくなってきました!!

時代は電子書籍だからな!!ダウンロードしておくことをおすすめするぞ!!

shonenjumpplus.com

 

 

スポンサーリンク