kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【ジャンプコミックス】 一巻当たりの発行部数ランキング② 14位~1位

 

www.kimuroulab.com

 

みなさんこんにちは、では、今回は前回の記事の続きからです。

 

前回の記事は、上のリンクをどうぞ。

 

 

14位 『ダイの大冒険』 一巻当たり 136万部

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

90年代のジャンプ黄金期に連載されていた漫画です。

 

最終章が最も盛り上がる作品で、歴代の中でも評価が高いです。

 

当時、ドラクエブームで、モンスターを仲間にしたり、勇者が魔法を使うなど、まだゲームでは無い設定をいち早く取り入れていました。

 

13位 『シティーハンター』 一巻当たり 143万部

 

 

最近、アニメ映画が作られることが決まった、『シティーハンター』です。

 

80年代の作品で、冴羽亮はジャンプ史上最もかっこいい主人公といっていいでしょう。

 

まだ、公衆電話が主流で、駅に掲示板があった時代です。今、読むとさすがに時代を感じます。

 

12位 『キャプテン翼』 一巻当たり 189万部

 

www.kimuroulab.com

 

あのジダンを生んだ名作です。

 

Jリーグが作られるきっかけを作った作品で、その意味では、かなり社会貢献した作品です。

 

海外人気も高く、作中では日本がワールドカップで優勝する様子も描かれています。

いつか、実現するといいですね。

 

10位(同率) 『Dr.スランプ』、『ナルト』 一巻当たり 194万部

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

ここで、『ナルト』が来るのは意外だったのではないでしょうか?

 

巻数が多いですから、それだけ一巻分は少なくなります。それでも、ほぼ200万部ですから、めちゃくちゃすごいですけどね。

 

そして、もう一つは、鳥山先生のデビュー作、『Dr.スランプ』です。今なお、人気の作品です。

 

さー、ここからは一桁順位です!!

 

9位 『ハンターハンター』 一巻当たり 206万部

 

www.kimuroulab.com

 

おそらく、休載がこんなに無ければ、もっと上の順位だったと思います。逆に、あれだけ休載があっても、こんだけ売れているということです。

 

これは、ジャンプが誇る名作なので、読んでない人は、マジで読んだ方がいいと思います。

 

一巻当たり200万部を超えてきましたね。この先は、レジェンド漫画ばかりです。

 

8位 『るろうに剣心』 一巻当たり 214万部

 

 

www.kimuroulab.com

 

90年代の作品ですが、最近、実写化もされて再び人気が出てきた作品です。

 

子供のころに読むのと、大人になってから読むのとでは、また違った感じ方ができると思います。

 

後、現在ジャンププラスにて、復刻連載中です。

 

www.kimuroulab.com

 

7位 『デスノート』 一巻当たり 220万部

 

ここで、デスノートです。累計発行部数だと3000万部無いぐらいなのですが、12巻でこの売上です。

驚異!!

 

一巻当たりだと、あのナルトなども凌ぎます。それだけ当時、すごいブームでした。

 

6位 『北斗の拳』 一巻当たり 222万部

80年代、この作品から、ジャンプ黄金期が始まったといっていいと思います。

 

数々の名言を世に残し、今なお、色あせない名作です。

 

今読むと、当時はかなり、ジャンプは男っぽい感じだったのだなと思います。時代を感じます。

 

5位 『コブラ』 一巻当たり 250万部

 

あまりにも古すぎて、キムロー読んでおりません・・・

 

カズレーザーのモデルになったことしか知りません。

 

4位 『幽遊白書』 一巻当たり 263万部

 

19巻で、累計発行部数が5000万部です。さっきのデスノートもすごかったですが、幽遊白書はもっとすごかった。

 

さすが、冨樫先生です。200万部越えの作品を2つも世に送り出してます。

 

幽遊白書の後半には、後にハンターハンターで使われる設定が少し出てきています。

 

 

 

さー、いよいよトップ3です。もうだいたい、分かっているのではないでしょうか?

 

3位 『ドラゴンボール』 一巻当たり 374万部

 

一巻当たり374万部・・・

まさにレジェンド作品です。今なお、アニメや映画が放映されています。

 

もう説明不要な作品でしょう。

 

2位 『スラムダンク』 一巻当たり 387万部

 

最近、新総裁編版が発売されている、スラムダンク。

 

バスケットのルールさえ変わっていなければ、続きを描いて欲しい漫画です。

 

人気ランキングでは、スラダンは、一度もドラゴンボールに勝ったことがないですが、一巻当たりの発行部数は、スラダンの方が上です。

 

 

そして、栄えある一位はあの作品です。

 

1位 『ワンピース』 一巻当たり 405万部

売り上げという観点からいうと、今後、この作品を超える漫画は出てこないと思います。

 

それぐらい、圧倒的な売上です。405万部は、異常すぎます。

 

 

どうでしたでしょうか?意外な結果だった感じですか?

 

まー後半は妥当かなと思いましたけどね。

 

では今回はここまでにします。

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com