kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

初版発行部数100万部越え!! 歴代ジャンプ作品

みなさんこんにちは、キムローです。

 

今回は、コミックスの初版発行部数が100万部を超えたことがある、レジェンド作品についてです。

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

  • 初版発行部数とは?

まず、初めに初版発行部数とはですけど、みなさんお手元にある漫画の最後のページを見てもらうと、

第一版 〇〇年〇月〇日

第二版 ~~

 

とかいうのが表示されていると思うんですけど、初版というのは、世に出るときに一番初めに刷られたという意味です。それ以降に書いてあるのは、何年かして重版されたりした日にちです。

 

大概、前巻がどれぐらい売れたかとかで、どれだけ刷るのか出版社が判断します。

つまり、累計発行部数は長く連載して、コミックスを出すと記録は伸びていきますが、初版はそうとは限りません。というより、連載が長いとほとんどのマンガは人気が落ちていくので、初版発行部数は落ちていきます。

 

実際、累計発行部数で1000万部越えを記録した作品は、ジャンプ歴代で約40作品以上ありますが、初版100万部を一度でも記録した作品はたったの21作品です。こち亀はコミックスは200巻で、累計発行部数もジャンプ歴代3位ですが、一度も初版100万部を記録していません。

 

 

ちなみに、今世紀以降でジャンプで連載が始まった作品の中で、この初版100万部を超えたのは、4作品のみです。

どれだけ高い壁かわかりましたか?

 

逆に100万部越えをした作品はかなりすごいということになります。

 

  • 100万部越え作品 (年代順)

『キン肉マン』 (1979年)      初版最高記録 160万部  17巻

『Dr.スランプ』 (1980年)      初版最高記録 220万部  6巻

『キャプテン翼』 (1981年)     初版最高記録 100万部

『北斗の拳』  (1983年)      初版最高記録 100万部

『ドラゴンボール』 (1984年)    初版最高記録 220万部  35巻

『聖闘士星矢』 (1986年)      初版最高記録 100万部

『BASTARD!!』  (1988年)     初版最高記録 105万部  16巻

『ろくでなしブルース』 (1988年)  初版最高記録 100万部  25巻

『ダイの大冒険』  (1989年)    初版最高記録 105万部  17巻

『電影少女』   (1989年)     初版最高記録 100万部

『スラムダンク』  (1990年)    初版最高記録 250万部  21巻

『幽遊白書』   (1990年)     初版最高記録 170万部  15巻

『るろうに剣心』  (1994年)    初版最高記録 133万部  17巻

『ワンピース』  (1997年)     初版最高記録 405万部  67巻

『ハンターハンター』 (1998年)   初版最高記録 160万部  13巻

『テニスの王子様』  (1999年)   初版最高記録 111万部  16巻

『NARUTO』   (1999年)     初版最高記録 162万部  31巻

『ブリーチ』   (2001年)     初版最高記録 133万部  25巻

『デスノート』  (2004年)     初版最高記録 127万部  7巻

『黒子のバスケ』 (2009年)     初版最高記録 100万部  24巻

『暗殺教室』   (2012年)     初版最高記録 100万部  6巻

 

 

以上、21作品です。基本的に20巻前後でピークを迎えてますね。そんな中でも、デスノートや暗殺教室は、歴代の中でも早い時期に売れた作品ですね。

そして、ワンピースすげー!!

鳥山先生と富樫先生の作品は2作ランクイン!!

理想を言うなら、最終巻にピークを持ってくることなんですが、今のところジャンプにはそんな作品ありません。

 

唯一、最終巻がピークだったのは、鋼の錬金術師だけです。

 

 

  • 惜しかった作品

ヒカルの碁・・・88万部

こち亀・・・80万部

封神演義・・・80万部

 

など

 

 

  • 年代別でみると・・・

70年代・・・1作品

80年代・・・9作品

90年代・・・7作品

2000年代・・・3作品

10年代・・・1作品

 

 

こうしてみると、ジャンプ黄金期だった80年代、90年代に作品が集中していることがわかると思います。

あとは、出版業界自体が、今よりも売れていたという部分も大きいと思います。

 

今世紀に入ってからは、たったの4作品・・・

あの、銀魂やリボーンですら超えることができなかったんですね。

 

 

  • 初版の推移を見ろ!!

確かに、累計発行部数は一つの基準ですが、初版の推移を見たら、あのマンガがどの時代に一番売れていたのかがわかります。

 

 

例、ワンピース

 

ワンピースは、非常に珍しいマンガです。二回もブームを巻き起こしました。

 

まず一回目は、連載開始からアラバスタにかけて。27巻で当時日本出版業界最高の263万部を記録しました。

ちょうど、空島編が始まったあたりですね。しかし、そこをピークにして、ワンピース人気が若干落ちていきます。35巻では200万部まで落ち、その後しばらく200万部ちょっとのところで推移します。

 

その後、徐々に人気を上げていき、55巻で約7年ぶりに263万部を記録します。第二次ワンピースブーム到来です。

そして、話は戦争編で物語最高の盛り上がりを見せて、57巻で300万部、そして、64巻で400万部67巻でワンピース史上最高の405万部を記録します。

2018年現在は、若干落ち着きましたが、2010年、11年、12年あたりのワンピース人気はものすごかった!!

 

 

このように、自分の好きなマンガの初版記録を調べていくと、案外面白い現象がわかったりします。みなさんも、ぜひ調べてみてください。

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

 

それでは、今回はここまでさいなら~。