kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

歴代ジャンプ作品 累計発行部数 ランキング② 30位~21位

こんにちは、キムローです。

前回の続きからです。

30位からどうぞ!!

  

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

 

30位 『ヒカルの碁』 2460万部 コミックス 23巻

一巻あたり 約107万部

 

小畑先生を一躍有名にした、出世作です。この作品がなければ、その後のデスノートもおそらくなかったでしょう。

 

囲碁のルールは、結局最後まで分かりませんでしたが、というより、作品自体ほとんどルールの説明はなかったと思いますが、小畑先生の画力で圧倒されてました。

 

ルールは分らんが、なんかすごいことが起こっていることは、絵をみて伝わってきます。

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

29位 『家庭教師ヒットマンリボーン』 2550万部 コミックス 42巻

一巻あたり 約60万部

 

2004年から2012年にわたって連載していたマンガです。女性人気も高かったですね。ジャンプでは珍しく、女性作家です。ジャンプ史上、女性作家としては、歴代最高ヒットです。

 

 

www.kimuroulab.com

 

28位 『魁!!男塾』 2600万部 コミックス 34巻

一巻あたり 約77万部

 

ザ、80年代の男の漫画です。アメトークでも話題になった作品です。アメトークの魁!!男塾芸人はめっちゃおもろいです。

 

27位 『シャーマンキング』 2600万部 コミックス 32巻

一巻あたり 約81万部

 

まさかの打ち切りで終わった作品。

 

当時、アニメ見てました。ハオ様の声が高山みなみで、アンナの声が林原めぐみだったんですが、コナンと灰原がしゃべってるみたいでした。(笑)

 

26位 『デスノート』 2650万部 コミックス 12巻

一巻あたり 約220万部

世界累計発行部数は3000万部を超えてます。去年、アメリカにいたとき、ハリウッド版のデスノートを見に行ったのですが、僕のリスニング力では、あまり理解できませんでした・・(笑)。

 

かつてない、衝撃作で一世を風靡した作品ですね。2006年度版の実写映画が、終わり方を含めて、一番良かったです。実写が漫画を超えた珍しい例ですね。

 

25位 『BASTARD』 2960万部 コミックス 27巻

一巻あたり 約110万部

 

元祖、長期休載漫画です。作者の荻原先生は、ハンターハンターの富樫先生の師匠でもます。長期休載まで似なくてもいいと思いますが・・・。

 

24位 『黒子のバスケ』 3000万部 コミックス 30巻

一巻当たり 100万部 

高校生の時、女子みんな読んでました。教室に漫画が揃ってました(笑)。

 

この作品は、当初は主人公と同じで、影が薄かったんですが、アニメ化が決まって、一気に人気に火が付きました。

 

 

www.kimuroulab.com

 

23位 『ハイキュー』 3000万部 コミックス 32巻(連載中)

一巻当たり 約94万部 

ここにきて、初めて、現在連載中の漫画です。

 

記録は、これからも伸びていくでしょう!!

 

22位 『コブラ』 3000万部 コミックス 12巻

一巻当たり 250万部

なんと、1970年代のマンガが登場です。金髪で赤い服、カズレーザーのモデルにもなったことでも有名です(笑)。

 

21位 『聖闘士星矢』 3500万部 コミックス 28巻

一巻あたり 125万部

  

これを、80年代に書いたってのがすごい!!

キャラデザは今見てもかっこいいです。車田先生最大のヒット作です。

 

とりあえず、今日はここまでにします。20位以降はまた次回。

一巻当たりの発行部数にも注目してみると面白いかもしれません。さいなら~。

  

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com