kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【ハンターハンター考察】 もう間もなく休載か? 2018年11月12日現在 王位継承戦の今後

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

www.kimuroulab.com

 

上の記事でも書きましたが、ここ数年『ハンターハンター』は、再開しても10話連載すると、休載期間に入るというスパイラルを繰り返しています。

 

という事は、381話目からスタートした連載が、2018年11月12日現在、388話ですので、もう間もなく休載期間に入るのではないかと予想しています。

 

そもそも今どうなっているのか?

そもそも、『ハンターハンター』今どうなってんだよーー

って話ですが、僕自身完全には把握しきれていません。

 

まず、暗黒大陸編を今やっているのですが、まだ暗黒大陸にすら到着しておりません。

今は、船の上で次期カキン王の王位継承戦が繰り広げられています。

 

そこは、ハンターハンターらしく、単純なバトルではなく、お互い腹の探り合い、知能戦が繰り広げられています。

さらに、ヒソカを追って、幻影旅団も、船の中に入り込み、役者的には面白そうな展開になっています。

 

しかし、いかんせん年に10話程度しか進まないので、どうなっているのか分かりません。去年、連載再開していた時に、クロロはじめ幻影旅団のメンバーが船に入り込み、面白い展開になると思っていましたが、

 

今回の連載では、旅団について触れる部分はほとんどなく、連載期間が終わってしまいそうです。

 

そして、肝心の王位継承戦ですが、船が出発してから最初の1週間が経過し、もうすでに何人かの王子が死んでいます。

有力な王子には、念能力が出現し始め、ほぼ全員能力名が明かされたのではないでしょうか?

 

地味に、話数的には王位継承戦が始まって、50話ぐらいになるのではないでしょうか?

少し長い気が・・・

すでにこれだけで、選挙編より長いと思います。

 

王子達の現在

第1王子 ベンジャミン

能力名は『ベンジャミンバトン』(笑)

 

彼の部下が死んだとき、部下の念能力を受け継ぎます。現在、3つぐらい念能力を保有しています。

おそらく、きつめの制約があるはずですが、現在まで明らかになっていません。

 

なかなかの最強能力・・・

次の王の有力候補であることは間違いないでしょう!!

第2王子 カミーラ

能力名は『百万回生きた猫』(笑)

 

カミーラは女性です。

彼女が敵の攻撃で死んだ場合、攻撃したものの命を持って、彼女が蘇生する能力です。

 

一見、最強に見えますが、能力を知られるとそこで終了です。彼女自身に、戦闘能力は無く、ベンジャミンによって幽閉されました。

 

おそらく、こいつは王継承戦で勝ち残れないでしょう。自死以外、死ぬことはないですが、もうすでに王位継承戦から脱落したと考えていいかと・・・

第3王子 チョウライ

念の知識はほぼなく、情報を得ようとクラピカに接触を図りました。

 

彼自身、念の才能があるか分かりませんが、相当頭が切れるので、最後の方まで生き残るのではないでしょうか?

今後の逆襲に期待ということで・・・

第4王子 チェリードニヒ

能力名は『刹那の10秒』

 

こいつは、性格的に一番やばい・・・

そして、念の素質が天才的で、念能力は『刹那の10秒』以外に、自ら生み出した念獣もいます。こちらは、未だ不明。

 

『刹那の10秒』は、絶状態において、10秒先の10秒間の未来を見ることができ、自分は好きなようにその10秒間は行動できるのですが、他人は、その未来の通りに行動します。他人には、チェリードニヒが見た未来の映像がそのまま映っているのです。

 

たぶんこれを読んだだけでは、意味が分からないので、実際に漫画の方を読んでみてください。

 

そして、能力的に間違いなく、王位継承戦で圧倒的有利です。一躍、王の最有力候補になりました。

が、こういうタイプは、だいたい最後の最後に負けてしまうと思うのですが・・・

第5王子 ツベッパ

ほとんど、目立たず、僕の読んでいる限りでは念能力も特になかったような・・・

 

まー今後どうなるかという感じでしょうか?

第6王子 タイソン

やたら、イケメン好きの女。

 

器の小ささから、すでにかませ犬の雰囲気が・・・

第7王子 ルズールス

まじめな常識人。

性格的に、一番まともなような・・・

 

あまり王位継承戦にも興味なさそう・・・

第8王子 サレサレ

美女が好きな、馬鹿な道楽者。

ベンジャミンの部下によって暗殺されました。

第9王子 ハルケンブルク

能力名は『遊戯王(カルドセプト)』(笑)

 

文武両道で、人望も厚く王に向いています。国を良くするには、個人的にこの人が王になるべきかと・・・

初めは、王位継承戦を辞退するため、自分の父である王の暗殺を企てましたが、失敗し、本気で王位継承戦に臨むことになりました。

 

念能力は、自分の部下の命を引き換えに、体にオーラをまとい絶対防御不可能な弓矢をつくり、その弓にあたった者は、従順な部下になるという能力。

 

有力な人物を自分の部下に引き入れられるので、強力な能力です。

第10王子 カチョウ

能力名 『二人セゾン』

第11王子 フウゲツ

二人は非常に仲が良く、二人で協力して船からの脱出を試みますが、船から脱出しようとすると、命を落とす仕組みになっており、その過程でカチョウが死亡。

 

死亡により、カチョウの『二人セゾン』が発動し、もう一人のカチョウがフウゲツを死ぬまで守ることに・・・

そういう能力なんです。

第12王子 モモゼ

すでに、死亡。

第13王子 マラヤーム

ビスケが護衛についています。

まだ幼く、この子自身にほとんど力はありません。

第14王子 ワブル

まだ赤ん坊で、念能力は不明。

ですが、一度、まがまがしいオーラを発した時があり、相当の素質を秘めていると思われます。

クラピカが護衛についています。

 

まとめ

死亡・・・第8王子、第10王子、第12王子

脱落・・・第2王子(幽閉中)

王位に興味なし・・・第7王子、第11王子、第13王子(幼い)、第14王子(赤子)

 

まだまだ、王位継承戦は続きそうです。

 

おそらく、今月でいったん連載が終わるので、運が良ければ来年の再開まで待ちましょう!!

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

スポンサーリンク