kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『僕のヒーローアカデミア』劇場版】第2作目製作決定!! 興行収入を予想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


先日発売の週刊少年ジャンプ17号に載っていたニュースです。

 

当ブログでも、何度か『僕のヒーローアカデミア』劇場版について触れていました。前作の興行収入、アメリカ人気などを考えると、劇場版2作目は既定路線でした。

 

 

 

劇場版『僕のヒーローアカデミア』1作目 

 概要

2018年夏公開の映画です。

 

ジャンプ漫画原作のオリジナルアニメ劇場版としてはかなり久しぶりだったので、うれしかったです。

 

『ナルト』無き今、コンスタントに劇場版ができるアニメはジャンプには、『ワンピース』ぐらいしかありませんでしたしね・・・

 

ゲスト声優として、志田未来や生瀬勝久などを招き、千鳥を宣伝に使ったりと、かなりジャンプ側は宣伝に力を入れていました。

 

1作目の興行収入


最終的に興行収入は17.2億円

 

基本的に10億円超えたら、大ヒットと言われる世界なので、十分に合格点です。しかも、1作目です。

 

確かに、同じアニメ映画の『名探偵コナン』は去年、興行収入90億円越えという信じられない記録を残しました。

 

しかし、これはコナンの20年以上の歴史、積み上げてきた実績、人気があったからこそなせた業です。コナンも1作目の興行収入は11億円です。 

 

コナンより、『僕のヒーローアカデミア』の方が上なんです。

 

他の作品の劇場版1作目の興行収入
  • 『ワンピース』(2000年) 21.6億円
  • 『ドラゴンボール』(1986年) 8億円
  • 『ナルト』(2004年) 13.7億円
  • 『コナン』(1997年) 11億円
  • 『ポケモン』(1998年) 72.4億円

など・・・

 

『ポケモン』は当時、ゲームなどの影響で大ブームだったので、同じ土俵で考えない方がいいかも・・・

『ポケモン』の場合、1作目がピークです。基本的に、毎年30億、40億ぐらいをうろうろしてます。

 

やはり、『ワンピース』はすごいですね・・・

初期から大人気でしたから、『僕のヒーローアカデミア』としては『ワンピース』の1作目の記録は超えたかったところでしょうか?

 

『ドラゴンボール』は、データが古すぎます。今とは、劇場の数など全然違いますから、これも比べない方がいいかも・・・

 

全米でも人気だった

 

全米でも、週間ランキングトップ10入りするなど人気だった様子。

 

日本よりもアメリカ人に受ける作品なのかも・・・

 

劇場版2作目の情報

 

公開時期は2019年冬!!

 

2019年10月からはアニメ4期が放送されます。おそらく、放送開始と同時期ぐらいに公開か?

 

間に合わないかな・・・

 

そして、今回も原作者の堀越耕平先生が総監修を務めるとのこと。完全オリジナルストーリーです。

 

新情報は、おいおいこのブログでも取り上げていきます!!

 

『僕のヒーローアカデミア』2作目興行収入予想

実は、僕個人的に2作目の興行収入はかなり重要だと思っています。1作目は、宣伝にも力を入れて、原作人気そのまま勢いである程度のところまでは行きます。

 

だからこそ、2作目からは真価が問われます。本当に人気があるのか?今後も続いていけるか?

 

2作目からは勢いでいける問題ではありません。実際、ポケモンは2作目から一気に落ちました。1作目から20年ぐらいたちますが、未だにピークは1作目です。

 

それでは、過去の作品、1作目に比べて2作目の興収がどうなったか見ていきましょう。

  • 『ワンピース』 21.6億円⇒30億円 アップ↑
  • 『ナルト』 13.7億円⇒11.8億円 ダウン↓
  • 『コナン』 11億円⇒18.5億円 アップ↑
  • 『ドラゴンボール』 8億円⇒8.5億円 アップ↑
  • 『ポケモン』 72.4億円⇒62億円 ダウン↓
  • 『ブリーチ』 6.6億円⇒8.0億円 アップ↑
  • 『僕のヒーローアカデミア』 17.2億円⇒????

上に挙げた人気シリーズはやはりほとんど上がっていますね。

 

『ポケモン』は少し例外ですが・・・

 

『ブリーチ』程度の人気レベルだと、劇場版で興収を稼ぐのがしんどいことが分かります。『ブリーチ』は劇場版4作ありますが、結局一度も10億円は超えませんでした。

 

今回、『僕のヒーローアカデミア』の2作目の興収が、1作目を上回ると長期シリーズになる可能性はでかいと思います。

 

『ナルト』も、2作目は成績を落としていますが、基本的に10億円以上は安定して稼ぎ出していました。

 

ボーダーは10億円。今の『ヒロアカ』人気だと10億円を下回る可能性は低いと思います。

目標として20億円を目指すべきです。

 

予想は19億円・・・

行くといいな・・・公開が冬という事も考慮に入れたら、もしかしたら前作より落とす可能性もあるかも。

 

ハリウッド化の話はどうなった?


 今のところ新しい情報は入ってません。

『ドラゴンボール』の二の舞だけはやめてほしいですね。ちゃんと、原作者の意見を聞いてくださいハリウッドさん!!

 

そういえば、『ワンピース』の実写化はどうなった?なくなったか?お蔵入りか?

 

今後も新着情報を待ちましょう!!

 

スポンサーリンク