kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【僕のヒーローアカデミア劇場版】 全米で人気らしい

 

 

www.kimuroulab.com

 

前にも記事にしましたが、『ヒロアカ』の劇場版がアメリカの方で人気らしいです。

 

全米で公開された日本の歴代アニメ作品でトップ10入り!!

日本のアニメの全米での興行収入で、『風立ちぬ』をぬいてトップ10入りしました。

 

しかも、公開からまだあまり日がたっていない中での成績なので、今後さらに伸びていきそうです。

 

9位にドラゴンボールが控えており、まさかのDB越えもあり得てきました。

 

何気に、遊戯王人気もアメリカではすさまじいですね。

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

なぜ人気が出たのか?

なぜ、アメリカでこんなに人気なのか?

 

単純な話、アメリカ人への受けがいいのだと思います。

 

『ヒロアカ』のキャラデザ自体、割とアメコミっぽいところがあるので、向こうの人にも受け入れやすいのか?

 

連載初期から、アメコミ風な絵柄だったので、もしかしたらアメリカの方で人気が出るかもな~

とは思ってました。

 

さらに、ヒーローとヴィランといったものが出てくるのも受けがいいのか?

 

海外で人気な日本の漫画と比較

『ドラゴンボール』

やっぱり何といっても、海外で人気といえば、『ドラゴンボール』です。

 

『DB』みたいな、ヒーローと悪役(ヒール)がはっきりしているのを海外の人は好むのかもしれません。

 

『ナルト』

単純にこの作品は、忍者という文化が、アメリカ人にとっては神秘的で魅力的に映ったので、ここまで海外人気が高かったのだと思います。

 

アメリカでの忍者人気は半端ないです!!

 

同時期に、海外ではあの『ワンピース』の売り上げを凌いでたぐらいですから。

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

スポーツ物の作品はアメリカでは受けない?

僕的に、いわゆるスポ根漫画と呼ばれるものは、アメリカでは受けない気がします。

これで、人気がでれば逆にすごいのですが・・・

 

なぜかというと、アメリカ人は、ヒーロー、ヒールといった、善悪がはっきりした者同士の争いを好み、最終的にヒーローが勝つといったものを好みます。

 

なので、スポ根みたいに、どっちが正義とはっきりしていない者同士での争いは好まないのだと思います。

アメリカ人にとっては、正直どっちも頑張ってんだから、どっちが勝ってもいいじゃんという感じなんだと思います。

 

ですので、アメリカで日本のスポーツ漫画が流行ることは一生ないでしょうね。

 

www.kimuroulab.com

 

アメリカ人と日本人の感覚の違い

映画でよくあるのは、全米で大人気になった作品が日本にきて滑ったり、逆に全米で滑った映画が日本で大人気になったりすることです。

 

有名なのが、『アルマゲドン』で、全米でダダ滑りした本作が、日本で歴史に残る大ヒットしました。

 

最後に主人公であるブルースウィルスが、自己犠牲になって地球を救う姿に対して、アメリカ人と日本人とでは感じ方が真逆だった典型的な例です。

 

アメリカでは、最後にヒーローが勝って当たり前なんです。

逆に、日本では自己犠牲のもとお涙頂戴が受けるんです。

 

たぶん、『ワンピース』がいまいち海外で受けないのもそういうところなのではないでしょうか?

 

まとめ

『ヒロアカ』は、アメコミ風な画風と、ヒーロー、ヴィランの存在が、アメリカ人に受けていると思われます。

 

もしかしたら、数年後はアメリカで、歴代の日本のマンガの中でかつてないほど、アメリカでヒットするかもしれません。

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com