kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『火ノ丸相撲』クライマックス!!】次回、最終回か?? 火ノ丸相撲を振り返る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いよいよ、『火ノ丸相撲』の最終回が近づいてきました。

 

今週発売の週刊少年ジャンプ33号には、

 

””次号クライマックス センターカラー!!””

 

という、文句が・・・

 

ストーリー内容的にも、おそらく来週最終回であることは、ほぼ間違いないでしょう!!

 

 

 

『火ノ丸相撲』とは? 

概要

2014年26号より連載開始の相撲漫画です。

 

 

連載年数は5年以上!!

 

現在、コミックスは26巻まで出ています。

去年から今年にかけてアニメも放送されました。

 

相撲というジャンプでは珍しいジャンルの作品でしたが、十分にヒットしたと言ってもいいでしょう。

 

特に、画力が高いことで有名で、『黒子のバスケ』の藤巻先生からも、画力の高さは評価されています。

 

相撲漫画という新たなジャンルを切り開いた

ジャンプの歴史を振り返ると、相撲で連載した作品はあるのですが・・・

 

ヒットしたのは、この作品が初めてだと思います。

 

週刊少年ジャンプは、あくまで少年向けの漫画雑誌です。若者にとって、あまりなじみのない、相撲というスポーツで、ここまで人気が出たのは凄いことだと思います。

 

そういう意味では、相撲漫画という新たなジャンルの扉を切り開いた漫画といえるでしょう!!

 

高校相撲編と大相撲編で分かれている

僕自身、高校相撲編が終了した時、最終回だと思っていました(笑)

 

ストーリー的にも、話を閉めるにはちょうどいいタイミングだったように思えました。

 

そして、この『火ノ丸相撲』ですが、ジャンプの読者アンケートの結果はいいようですが、それがうまいことコミックスの売り上げに比例していないという弱点がありました。

 

ジャンプの掲載順位は、安定していて、一見人気漫画っぽいのですが、なぜかコミックスは驚くほど売れていない!!

 

面白いんだけども、コミックスを買うほどではないという、微妙な人気作でした。

 

正直、もっと早く、アニメ化していてもよかったと思うのですが、これも影響してか、中々、アニメ化の話が出てきませんでした。

 

それもあったので、僕は、高校相撲のインターハイで、主人公たちのチームが優勝して、高校相撲編が終わったとき、マンガ自体も終わるのだと思っていました。

 

しかし、主人公たちはその後、大相撲界に行き、『火ノ丸相撲』大相撲編が始まりました。

 

歴代の、スポーツ漫画とか、バトル漫画とかみると、こういう新章に突入してから、面白くなった例の方が、圧倒的に多いので、

 

僕的に、『火ノ丸相撲』も話のクオリティーが下がると思っていました。

しかし、『火ノ丸相撲』の場合はそこまで人気もクオリティーも落ちず・・・

 

新章に突入してからも、割と面白かったように思えます。高校時代からのライバルたちも、同じように、相撲界に入ってきているので、あまり新キャラが出なかったことも大きいと思います。

 

その後も、アニメ化も決まったので、作品的にはいい方向に動いたのではないでしょうか??

 

『火ノ丸相撲』オススメポイント

画力が高い!!

マジで画力が高いです。

 

漫画において、特にスポーツ漫画は、絵のうまさというものが、一番求められるジャンルだと思います。

 

ですので、スポーツ漫画の中では、割と画力が高いマンガが多いと思います。

『スラムダンク』、『アイシールド21』など・・・

 


『火ノ丸相撲』は、連載初期のころからかなり画力が高いです!!

 

相撲で、裸の男たちが激しくぶつかり合う様が、圧倒的な画力の元で描かれています。

 

画力だけでも、読む価値は十分にあるように思います。

 

相撲という競技の美しさが分かる!! 

正直、相撲というと、若者にはなじみがない・・・

 

お年寄りがNHKで見る・・・

 

そんな感覚ではないでしょうか??

 

僕自身、相撲という競技には、全くと言っていいほど馴染みがなく、高校時代も、相撲部なんてありませんでした・・・

 

 

しかし、そんな僕でも十分に楽しめる漫画です。

 

相撲という競技は、一瞬で勝負がつきます!!

その刹那に全てをかけて、お金をもらっているのが、力士です!!

 

このほんの数秒の瞬間に、あらゆる駆け引きが行われ、あらゆる技を繰り出し、相手をなぎ倒します。

 

僕は、大相撲を見に行ったことはありませんが、土俵の周りで観戦すると、本当に衝撃が凄いそうです。

 

体重を優に100キロを超える男同士が、自分の全身全霊のパワーを持ってぶつかり合います。

あの巨大な体の肉は、普通のデブの脂肪ではなく、普段からのトレーニングでついた筋肉です。

 

筋肉同士がぶつかり合うわけです。

 

この漫画からは、その迫力が十二分に伝わってきます。画力の高さも相まって、より迫力が感じられるのではないでしょうか?

 

5年間の連載お疲れ様!!

5年以上に及ぶ連載お疲れ様です。

 

相撲漫画としては異例の人気作だったように思います。僕は、めちゃくちゃ好きでした。

 

連載1話目から読んでいました。

 

コミックスが売れていなかったので、このまま終わっちゃうのかとも思いましたが、去年、アニメ化が決まって、ファンとしてはうれしかったです。

 

何というか、僕のイメージですが、ジャンプの連載陣の中では、真面目な優等生って感じでした(笑)

 

次回作にも期待しています!!

 

 

火の丸相撲を読みたい方はこちら!!

スポンサーリンク