kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【平成30年間の週刊少年ジャンプ】平成シリーズ⑨ 長期連載作品まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

平成30年間、1989年~2018年に連載が始まったマンガで、何が一番売れたのか?

アニメ化作品は何作品あるか?実写化は?

 

など、ヒット作品に関して調べてみました。打ち切りが多いジャンプにおいて、この30年間に何作品がヒットしたのか?

 

 

それでは行きましょう。

 

 

30年間に連載が始まった作品

1989年から2018年の間に新連載になった作品は合計で361作品です。

内9作品は短期集中連載なので、長編作品だけだと352作品です。

 

この352作品の中で、『レベルE』、『BASTARD』、『ヘタッピマンガ研究所R』、『BORUTO』のみが月一連載で、他は全て週刊連載です。

 

単純に平均すると、毎年12作品ほどの作品が始まっていたことになります。

 

基本的にこの352作品に注目して調べていこうと考えています。

 

長期連載になった作品

ここで長期連載の条件についての確認です。

  • 1年以上連載
  • 1年以下の連載期間でもアニメ化した作品は含めない
  • 他誌に移籍した場合、移籍するまでの期間で考える
  • 1部、2部・・など別々に分けて考えます。(ジョジョなど)

二つ目の条件に注目です。実は、連載期間が1年持たずに打ち切られたにも関わらず、アニメ化した作品が過去にあるんです。

 

 

しかし、今回はあくまで長期連載という事なので1年以上続いた作品という事で・・・

 

1年以上続いた作品

1年以上続いた作品の数は111作品です。

 

確率でいうと3分の1以下といったところでしょう。30年間の間にこれだけの作品が1年以上、ジャンプ本誌で連載していました。

1年あたり、3作品から4作品ほどは1年以上、連載が続いていることになりますね。

 

1年以上続くという事はコミックスは、少なくとも5巻以上。少なからず、ファンがいたという事を意味しています。

ジャンプで1年以上連載が続いた作品は、そこそこ面白いと思います。

 

しかし、1年ほどの連載だと、まだまだアニメ化にはなりません。この111作品のなかでもアニメ化になった作品となると、かなり数は減ります。

3年以上続いた作品

続いて、3年以上連載が続いた作品の数は59作品です。

一気に数が減りますね。1年以上続いた作品数は111作品でしたから、半分ほどに・・・

 

平成30年間でジャンプ本誌で3年以上連載が続いた作品となると59作品しかありません。単純な計算だと、1年あたり2作品ほど・・・

 

全体の連載作の中だと6作品に一つぐらいといったところでしょうか。

 

ここまで来た作品は、おそらくほとんどの作品がアニメ化していると思います。

その世代の漫画を読んでいた人なら覚えているレベルの作品だと思います。

このレベルの作品は、今読んでみても読みごたえがあると思います。

 

5年以上続いた作品

5年以上連載が続いた作品の数は27作品です。

 

長く続けばいいというものでもないですが、ジャンプでこれだけの間連載しようと思ったら、かなり大変だと思います。コミックスも、20巻後半ぐらい。並大抵の努力ではここまでいかないでしょう。

 

ここまで続いた作品は、ほぼ100%アニメ化などメディア展開されているはずです。

 

30年間に始まった作品が361作品という事は、15作品に1つという低い確率。1年間に1個出るか出ないかレベルの作品と言っていいでしょう。

 

10年以上続いた作品

もはやレジェンドクラス。

平成30年間に連載が始まった作品、合計361作品中、10年以上にわたって連載が続いた作品は・・・

 

6作品です!!

 

連載7、8年ほどの作品だと結構あるんです。しかし、10年となるとかなり難しい。

 

10年にわたって、高い人気を誇り、読者に愛され続けるというのは本当に大変なことだと思います。

 

60作品に一つの確率。5年に1つレベルの確率ですが、実は90年代後半から2000年代前半に集中しています。

 

この6作品とは・・・

  • 『ワンピース』 1997年~
  • 『ハンターハンター』 1998年~
  • 『ナルト』 1999年~2014年(15年間)
  • 『ピューと吹く!ジャガー』 2000年~2010年(10年間)
  • 『ブリーチ』 2001年~2016年(15年間)
  • 『銀魂』 2004年~2018年(14年間)

ただ・・・

 

『ハンターハンター』は長期休載が多いため、連載話数的には10年に達していません(笑)

 

これら6作品は10年以上、あの天下のジャンプにおいて連載していた作品です。内、2作品は、まだ続いており、新たな元号になっても、連載が続きます。

 

特にワンピースは、今年で連載22周年。まだ終わる気配がなく、あと10年ほどはまだかかりそうです。

 

知っての通り、ジャンプ史上最長連載は『こち亀』の連載40年です。すでに、ジャンプ連載記録では、『ワンピース』は史上2番目の長期連載。

 

さらに、史上2作目の連載1000回も、ほぼ達成確実な位置にいます。

 

来年あたり、この金字塔に届くのではないでしょうか?

 

年度ごとの長期連載作品数

年度 新連載作品数 

1年連載 

3年連載 

5年連載 

10年連載 

1989年 13作品 

3作品 

1作品 

1作品 

 

1990年 14作品 

7作品 

4作品 

1作品 

 

1991年 10作品 

3作品 

1作品 

 

 

1992年 14作品 

5作品 

1作品 

1作品 

 

1993年 10作品 

3作品 

2作品 

1作品 

 

1994年 17作品 

5作品 

3作品 

1作品 

 

1995年 13作品 

4作品 

 

 

 

1996年 12作品 

4作品 

2作品 

1作品 

 

1997年 13作品 

6作品 

5作品 

2作品 

1作品 

1998年 10作品 

5作品 

5作品 

3作品 

1作品 

1999年 13作品 

3作品 

3作品 

2作品 

1作品 

2000年 12作品 

4作品 

3作品 

1作品 

1作品 

2001年 11作品 

3作品 

3作品 

2作品 

1作品 

2002年 10作品 

3作品 

2作品 

1作品 

 

2003年 11作品 

1作品 

 

 

 

2004年 12作品 

6作品 

4作品 

2作品 

1作品 

2005年 9作品 

3作品 

1作品 

 

 

2006年 11作品 

5作品 

1作品 

 

 

2007年 10作品 

3作品 

1作品 

1作品 

 

2008年 14作品 

6作品 

4作品 

1作品 

 

2009年 14作品 

4作品 

3作品 

2作品 

 

2010年 8作品 

1作品 

 

 

 

2011年 10作品 

3作品 

1作品 

 

 

2012年 12作品 

4作品 

4作品 

3作品 

 

2013年 10作品 

3作品 

2作品 

1作品 

 

2014年 14作品 

2作品 

2作品 

 

 

2015年 12作品 

3作品 

1作品 

 

 

2016年 11作品 

5作品 

 

 

 

2017年 11作品 

3作品 

 

 

 

2018年 11作品 

 

 

 

 

合計  352作品 

111作品 

59作品 

27作品 

6作品 

 

こうしてみると、ジャンプの作品数って多いですよね~

 

これだけの作品が平成30年間に始まったわけです。その年の新連載の数を見ていくと、不作の年は、全体的に新連載の数が少なかったり、逆に豊作だった年は、新連載の数も多かったりとまちまちです。

 

 

連載期間ランキング(平成の作品)

  1. 『ワンピース』 連載22年 連載中
  2. 『ハンターハンター』 連載21年 連載中
  3. 『ナルト』 連載15年 700話
  4. 『ブリーチ』 連載15年 686話
  5. 『銀魂』 連載14年 698話
  6. 『ピューと吹く!ジャガー』 連載10年 435話
  7. 『リボーン』 連載8年半 409話
  8. 『トリコ』 連載8年半 396話
  9. 『テニスの王子様』 連載8年 379話
  10. 『ダイの大冒険』 連載7年半 343話
  11. 『遊戯王』 連載7年半 343話
  12. 『ハイキュー!!』 連載7年 連載中(339話)

これを見てると、ジャンプで7年以上連載していたら、レジェンドクラスという事になりますね・・・

 

『ハイキュー』もすでに連載は7年。歴代でも、かなりの長期連載になってますね。アニメも新シリーズが始まりますし、人気はまだ高そうです。

 

 

『ワンピース』と『ハンターハンター』は、やっぱり伝説ですね。

 

スポンサーリンク