kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【平成30年間の週刊少年ジャンプ】平成を振り返ろうシリーズ⑧ 2016年~2018年 そして新時代へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

平成が終わります。

 

長かった、平成振り返るシリーズもラストです。

 

さて平成、終盤戦行きましょう。

 

 

2016年の週刊少年ジャンプ

この年の出来事

SMAP解散。スマスマも放送終了。20年の歴史に幕。

清原和博が覚せい剤所持で逮捕。

北海道新幹線が函館まで開通。

将棋の藤井聡太が史上最年少でプロ入り

新連載
  1. 『ゆらぎ荘の幽奈さん』
  2. 『鬼滅の刃』
  3. 『BORUTO-ボルト--NARUTO NEXT GENERATIONS-』月一連載
  4. 『たくあんとバツの日常閻魔帳』
  5. 『約束のネバーランド』
  6. 『ラブラッシュ!』
  7. 『レッドスプライト』
  8. 『歪のアマルガム』
  9. 『青春兵器ナンバーワン』
  10. 『デモンズプラン』
  11. 『オレゴラッソ』

 地味に豊作な2016年新連載陣。5作品が1年以上連載が続きました。このうち4作品はまだ続いてます。

 

打ち切り率は55%です。

 

『青春兵器ナンバーワン』は1年半ほど連載しました。現在は終了しています。

 

結構面白かったのですが・・・

 

『BORUTO』がこの年から月一連載で始まりました。なんやかんや、今も続いています。ナルトの作者、岸本先生は監修という立場を取っています。『BORUTO』の作者は、『ナルト』の有能アシスタントらしいです。

 

アシスタントもここまで極めると結構すごいですね。

 

ちなみに、月一連載となると、長編作だと冨樫先生の『レベルE』以来ではないでしょうか?

 

さらに、この年は『約束のネバーランド』が始まった年でもあります。1話目を読んだ時から注目しており、最近アニメも始まりました。

 

なんやかんや豊作だった2016年でした。

総括

この年は、長年ジャンプを支えた名作が相次いで最終回を迎えた年です。

 

『こち亀』、『ブリーチ』、『トリコ』が終わりました。

特に『こち亀』は連載40年、話数は1960話、40年間休載ゼロ・・・など数々の金字塔を打ち立てました。いつも連載されているのが当たり前だった作品。

 

最終回では、1996年『スラムダンク』以来の、最終回表紙、巻頭カラーという快挙。

さらに、連載陣全員が最後のページのコメント欄で、お祝いコメントを描くという快挙。

 

様々な、記録を打ち立て伝説に終止符が打たれました。

 

長期連載作も、続々と終わっていき、いよいよ若手の新時代が来たというところでしょうか?

 

 

2017年の週刊少年ジャンプ

この年の出来事

稀勢の里横綱昇進。日本人としては19年ぶり。

将棋の加藤一二三プロが引退。62年のプロ人生に幕。

藤井聡太プロが歴代最長の29連勝を達成。30年ぶりに更新。(デビューからの連勝)

眞子様が一般男性と婚約を発表(現在協議中)

安室奈美恵引退。

新連載
  1. 『ぼくたちは勉強ができない』
  2. 『U19』
  3. 『ポロの留学記』
  4. 『腹ペコのマリー』
  5. 『Dr.STONE』
  6. 『ROBOT×LASERBEAM』
  7. 『シューダン!』
  8. 『クロスアカウント』
  9. 『トマトイプーのリコピン』
  10. 『フルドライブ』
  11. 『ゴーレムハーツ』

 話題を呼んだ、6週連続新連載。6作いっぺんに新作が始まるという展開。結局6作品中、一年以上続いたのは3作品でした。

 

 

この年、長期連載になったのは4作品。

打ち切り率は64%です。

 

『ROBOTO LASERBEAM』は、『黒子のバスケ』の藤巻先生の新作で、話題にはなりましたが、1年ちょっとで終わりました。なんとなくキャラが前作を引きづっていて、既視感を感じましたね。

 

そして、『トマトイプーのリコピン』は、途中でジャンププラスに移籍しました。なぜ移籍したのかは分かりませんが、作者の希望でしょうか?結構、面白いので、ジャンププラスでも毎週読んでます。

 

 

総括

『銀魂』の実写化が話題を呼びました。福田監督が見事に『銀魂』のカラーにマッチしており、興行収入35億円を超える大ヒットになりました。

 

ここ数年は、実写化ブームでほとんど失敗しているのですが、そんな中『銀魂』は大成功。翌年には『銀魂2』が公開になりました。

 

そして、新連載陣でも注目して欲しいのが『Dr.STONE』です。

 

 

 原作の稲垣先生は『アイシールド21』以来のジャンプ連載ということで、連載前から注目度が高かったのですが、期待以上の作品でした。

 

今までにない設定が魅力で、2019年からアニメも始まります。『Dr.STONE』を注目して読んでみてください。

2018年の週刊少年ジャンプ

この年の出来事

貴乃花理事解任。後に相撲界から引退。

大阪大学、物理の問題に誤りがあったことが判明。不合格者30名を合格に。

2020年東京オリンピックのマスコットが決定。

日大アメフト問題が社会問題化。

オウム真理教死刑囚の死刑執行。(強制捜査から23年)

大阪なおみが日本人として初めて、四大大会初優勝。

新連載
  1. 『BOZEBEATS』
  2. 『アクタージュ』
  3. 『呪術廻戦』
  4. 『ノアズノーツ』
  5. 『ジガ-ZIGA-』
  6. 『紅葉の棋節』
  7. 『キミを侵略せよ!』
  8. 『総合時間事業会社 代表取締役社長専属秘書田中誠司』
  9. 『アリスと太陽』
  10. 『思春期ルネサンス!ダビデ君』
  11. 『ジモトがジャパン』
  12. 『THE COMIQ』 短期集中連載

 この年、長期連載になりそうなのが4作品。(他はすでに連載終了。)

 

打ち切り率は66%です。

 

すでに、『ジモトがジャパン』はアニメ化が決定しています。なんと、16話でアニメ化決定です。ジャンプ史上歴代最速でのアニメ化決定となりました。

 

 

そして、今後に注目なのが『アクタージュ』。今までジャンプにはあまりなかったジャンルのマンガです。役者をテーマにした作品ですが、現在どんどん面白くなってきてます。

 

今後、アニメ化、そして実写化しそうな作品なので、ぜひ注目して読んでみてください。

 

 

総括

2018年、最大の出来事は『銀魂』の連載終了でしょう。これで、2000年代に始まった作品はすべて終わりました。

一番古い作品が1997年開始の『ワンピース』、1998年開始の『ハンターハンター』、そして次に古いのが2012年開始の『ハイキュー!!』です。

 

現在、一部の作品を除いて、連載が5年以下という若い作品がほとんどです。

まさに今、新時代のジャンプになっているといっても過言ではありません。

 

そして平成が終わります。

そして新時代へ~

 

2019年もすでに何作品か新連載作品が始まっています。

いまいちパッとしませんが・・・

 

さー次の時代を支えるジャンプ作品は出てくるのでしょうか?

そして、『ワンピース』は平成の内に終わりませんでしたね。いったいいつ終わるのか?

 

 

スポンサーリンク