kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【銀魂 実写映画】 興行収入を予想してみる

みなさんこんにちは、キムローです。

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

今回は、8月17日に迫った、銀魂実写映画の興行収入を予想してみます。

 

ちなみに、前日、16日には昨年公開の銀魂1が、地上波初登場します。

お見逃しなく!!

 

 

『銀魂1』の興行収入

 

まず、銀魂実写1作目の興行収入は38.4億円です。

間違いなく、この記録は超えます。1作目に比べて、宣伝もしてますし、お金もかけてます。

 

比較対象としては、やはり、『るろ剣』、『デスノート』あたりではないでしょうか。

この2つは、実写映画1作目で、質の高さを見せて、2作目が作られました。

デスノートはもともと、実写向きだったので、ファンの期待値も高かったと思いますが、るろ剣に関しては、僕も含めて、最初全く期待してませんでした。

にもかかわらず、予想外に良かったので、驚いた記憶があります。

 

 

  • 『るろうに剣心』 実写 興行収入

第1作目・・・30.1億円

期待値の低い中で、始まりましたが、意外にもキャストがはまっていて、高評価。脚本もよくまとめられていたと思います。

唯一、牙突だけ違和感。

終わってみれば、30億円の大ヒットで2作目が作られました。

 

第2作目『京都大火編』・・・52.2億円

期待を裏切らなかった作品。1作目に比べて、お金もかけた、大迫力の絵映画でした。興行収入は、前作を上回る、52.2億円。

 

第3作目『伝説の最期編』・・・43.3億円

期待が最高潮まで高まったところで、期待を裏切られた作品。2作目の半年後に公開されて、1週目で10億円ほど売り上げましたが、その後伸びず。

脚本でミスった感じですね。やはり、10本刀は全員出す必要なかったでしょう。 

 

  • 『デスノート』 実写 2006年度版  興行収入

第1作目・・・28.5億円

もともと、2部作の予定で作られ、期待できる終わり方で、終了しました。2004年に連載されたばかりの作品としては、異常な人気で、興行収入も30億近く行きました。

 

第2作目・・・52億円

まさかの、原作のクオリティーを超えてきた作品。この、映画の終わり方が一番良かった。脚本で成功したといえるでしょう。

 

 

『銀魂2』の興行収入予想

さて、銀魂に話を戻しますが、銀魂の第1作目の興行収入は、『るろ剣』、『デスノート』のそれぞれの、第1作目の興行収入を超えているわけです。

 

そして、上の2つの作品の2作目は、50億円ちょっとです。るろ剣は、脚本で失敗しましたが、その点は、銀魂の作品の性質上、あまり心配ないかなと。

銀魂は、融通が利くので、多少ストーリーを変えても大丈夫だと思います。

 

ということは、つまり、失敗する理由がないんです。もうすでに、メインキャストのはまり度は、1作目で証明されてますから

 

 

よって、僕は、『銀魂2』は、興行収入60億円以上を予想します!!

おそらく、50億は確実かなと。

 

ちなみに、コミックスの実写化映画のナンバー1は、『ルーキーズ~卒業~』です。

興行収入は85.5億円です。う~ん、驚異!!

 

さすがにこの記録越えは無理かな?

 

僕的には、銀魂は、利益が上げられる限り、3作目、4作目と作っていってもいい気がします。 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

では、今回はここまで、さいなら~。