kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『ファーストマン』感想】ポイント解説 アメリカ万歳の映画ではない点に注目!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

昨日、2月11日、祭日という事もあり朝一で、今話題の映画『ファーストマン』を見てきました。

 

朝一ということもあり、祭日ですがかなりすいていました。『ラ・ラ・ランド』の監督の最新作ということもあり、もっと混んでいるかと思いましたがそんなことはありませんでした。

 

さて、映画の方ですが、なかなかの良作!!

 

こういう、ハリウッドで作られる宇宙をテーマにしたヒューマン系は、最終的にアメリカ万歳!!アメリカすげー!!で終わる映画が多いのですが、この作品は違う!!

 

当時、人類が月に行くためにどれだけの犠牲を払ったか、どれだけの金をかけたのか、世間からどれだけ批判されたのかを、主に描いており、単純に月に行った英雄の話ではありませんでした。

 

また、この作品は、主人公ニール・アームストロングの実際に見ていたであろう視点から、撮影しているところにも注目!!(宇宙船の中のシーンなど)

こうすることで、より当時の臨場感が味わえる作品となっています。

 

 

『ファーストマン』のポイント

アメリカ万歳の映画ではない!!

先ほども描きましたが、この作品は単純にアメリカ万歳の映画ではありません。

 

『アポロ13号』や『アルマゲドン』など宇宙もののヒューマン系映画は、だいたい最後はアメリカはやっぱり世界のトップであり、ヒーローであるといった感じで終わることが多いんです。

 

しかし、この作品はむしろ、月へ行くことが当時、国中から批判されていたこと、そして、人類が月に行くまでに死んだ飛行士、その家族のことを重点的に描かれています。

 

最後に、月面にアメリカの星条旗を立てるシーンは有名ですが、この映画ではカット。この映画の象徴的場面家と・・・

人類史上初めて月面に立った、英雄の雄姿を描いた作品ではないんです。

 

また、ニールアームストロングの家族についても、かなり描かれており、彼自身の人間性も垣間見える映画となっていました。

 

アームストロング自身の視点から撮影している

この映画の最大の特徴は、見ている観客により宇宙飛行の臨場感を感じてもらうため、ニールアームストロング自身の視点で撮影している点です。

 

もちろん、すべてのシーンがそうなっているわけではありません。基本的に、宇宙飛行中や、訓練中のシーンだけです。

 

宇宙船のアポロの中で、尋常じゃない数のボタンが目の前に並んでいる光景、発射前の数秒の緊張感、発射しているときの船内の揺れ、宇宙でのトラブルなどのシーンが、実際にアームストロングが見たであろう、視点から撮影されています。

 

そうすることで、より緊張感が感じられる映画になっています。

 

もちろん我々、視聴者はニールアームストロングが、人類で初めて月に降り立ち、生きて地球に戻ってきたことを知っています。つまり、言ってしまえば結末は最初から分かっているんです。

 

しかし、この撮影方法により、常に緊迫したシーンを演出し、視聴者を飽きさせないようにしています。

 

バズ・オンドリンとの関係性

アームストロングと共にアポロ11号に搭乗し、人類で2番目に月面に立った人物、バズ・オンドリンについて・・・

 

本編の映画の方ではほとんど2人が絡むシーンはありませんでした。

 

実はこの二人そんなに仲が良くなかったという説があります。

特に、月面にどっちが先に立つのかというとき、結局船長であるアームストロングが優先されたのですが、バズはこれを敗北だと後に語っています。

 

まー2番目になってしまったばかりに、やはりアームストロングに比べて、知名度も落ちてしまいますよね~

アームストロングは、こうして映画にもなっているわけですから・・・

 

プライベートでもそんなに仲が良くなかったのでしょうか?

 

むしろ、アポロ1号の火災事故で犠牲にあった、ガスとの絡みの方が多かったです。

家族ぐるみの付き合いがあり、この友の犠牲がアームストロング自身に与えた影響も重点的に描かれていました。

 

このあたりの、宇宙飛行士との関係性も注目してみてみると面白いと思います。

 

『ファーストマン』感想

総合して言うと、かなりの良作だと思います。

 

普通の、アメリカ万歳映画になっていなかった点が一番良かったと思います。他の宇宙ものの映画と一線を画していたのがよかったです。

 

常に緊迫感があり、最後まで油断できない映画です。

さらに、アームストロング自身の視点から描かれていることも、より臨場感が増す要因になっています。

 

映画館で見るときはぜひ、IMAXで見てもらいたい映画です。普通の映画館で見るにはもったいない映画です。

 

家でDVD出てから見ようと思っている人も、めちゃくちゃもったいないです。

 

ぜひIMAXで観てください!!

 

IMAX導入の東宝シネマズ

  • TOHOシネマズ 日比谷
  • TOHOシネマズ 新宿
  • TOHOシネマズ 仙台
  • TOHOシネマズ ららぽーと横浜
  • TOHOシネマズ 二条
  • TOHOシネマズ なんば

まだまだ少ないですが、ちょっと遠出してみてはいかかですか?

ちなみに、これは東宝シネマズだけで、イオンシネマや松竹など探せば、いっぱいあると思います。

 

スポンサーリンク