kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【デスノート】 キラは善か悪か?

 

www.kimuroulab.com

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

今回は、『デスノート』について、紹介していきます。非常に、評価の高い作品で、僕自身好きな作品でもあります。

 

 

 

『デスノート』とは?

 

『デスノート』は、2004年から2006年にかけて、週刊少年ジャンプにおいて連載され、後に、アニメ化、実写映画化、ハリウッド化された、2000年代ジャンプを代表する作品です。

 

非常に奥が深い作品で、連載当時かなりブームになり、話題になりました。12巻という短期連載でしたが、ジャンプに大きな傷跡を残したといえるでしょう。

 

累計発行部数も全世界3000万部を超えており、12巻としては、売り上げ面で見ても、異例です。

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

ストーリー概要

 

ある日、地上世界に一冊のノートが舞い降ります。そのノートは、死神のノートで、名前を書かれたものは、一定の時間以内に必ず死ぬという力を秘めたノートでした。

 

それを拾ったのが、主人公の夜神月です。夜神月は、学力優秀で、非常に正義感が強い学生で、最初はノートの力を疑っていましたが、このノートの力が本物だと確信すると、世界を平和にするため、悪の無い世界を実現するため、凶悪な犯罪者たちの名前を次々にノートに書いていきます。

 

 

その異変に気付いたのが世界的名探偵、通称L(エル)です。犯罪者を殺している、通称K(キラ)を追います。キラもまた、自分の思想に反する人間であるエルを殺すため、正体を探るために、エルに接触します。

 

この二人の知能戦が物語最大の見どころです。最後は、衝撃的な最期を迎え、物語全般において非常に緊張感のある展開となっています。

 

 

K(キラ)は善なのか悪なのか?

 

ノートを拾った、夜神月、通称キラは、元々、優秀すぎる故か、社会に対して不安を持っていました。クズな大人たちは、消えるべきだと・・・

 

そんな時、デスノートを拾い、犯罪者たちを、次々に殺していきます。そして、平和な誰もが安心して暮らせる世の中を作ろうとします。そのおかげか、世界では、犯罪率が劇的に減少していきます。

 

そんな、キラに対して、徐々に賛同してくる者もあらわれ、物語後半は宗教染みたものが出てきます。

 

しかし、一方でエルのように、キラを人殺しと一刀両断するものもいます。確かに、殺しているのは、凶悪な犯罪者たちですが、人殺しであることに変わりはないと・・・

 

 

キラが行っていることは、果たして善か悪か?

一言で片づけることはできません。これが、この作品の最大の本質です。かつてこんな作品があったでしょうか?これほどまでに、人を考えさせる作品があったでしょうか?

 

 

まとめ

キラの活躍のおかげで、世界から戦争は無くなり、犯罪もかなり減りました。しかも、夜神月は、デスノートの効果を一度も私利私欲のために使いませんでした。

 

普通、こんなノートを手に入れたら、自分にとって邪魔な人間、ライバルなどに対して使ったりしませんか?それで、世界を変えようと思いますか?

 

キラは、一度も自分の為には使わず、世界を変えようとして使いました。このことに対して、一言で悪といえるでしょうか?

 

 

物語の最後に、エルの意思を継ぐ、ニアがキラに対して言いました。

 

もし、あなたがまともな人間だったら、デスノートを拾っても、自分の欲望の為だけに使って、それで世界を変えようなどという考えには至らなかった。あなたが、人よりもまじめで、正義感が強かった為に起こってしまった最大の悲劇です。

 

本当にこの通りだと思います。

 

最近、日本ではオウム事件が再び話題になりましたが、当時、オウムの信者の若者のほとんどは、人よりもまじめで、むしろ社会を良くしたいと思っていた人たちだったようです。

少し、『デスノート』は、オウム事件にも通じるところがあるのではないかと思っています。

 

 以上、終わります。

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com


www.kimuroulab.com


www.kimuroulab.com

 

 


www.kimuroulab.com