kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【コナン映画 7年連続興収最高記録更新!!】その要因は?? 来年は100億か??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

遂に来ましたね~(笑)

 

4D公開が控えてたので、近いうちにはと思ってました。

遂に、『名探偵コナン 紺青の拳』の興行収入が、前年の『ゼロの執行人』の記録した91.8億円を超えました!!

 

これで、驚異の7年連続の最高記録更新!!

 

やったね!!(笑)

 

 

 

歴代最高記録更新 !!

8月25日までの興行収入が、91億8270万円を記録!!

 

2018年公開の、名探偵コナン映画史上最高の成績を残した、『ゼロの執行人』の91.8億円の記録を超えました。

 

これで、

2013年公開の『名探偵コナン 絶海の探偵』以降、7作連続でシリーズ最高記録更新です!!

 

前年の『ゼロの執行人』は、空前の安室ブームを巻き起こし、予想をはるかに上回る91.8億円を記録・・・

正直、当初は70億円ちょっと超えるくらいかな~

 

って思っていたので、この成績は非常に驚きでした。

まさかまさかの安室大ブームでしたからね~

 

こういうこともあり、今年は例年以上に厳しい戦いになると予想されました。案の定、スタートは、歴代最高のロケットスタートでしたが、前年のようにブームになったりすることなく、

 

終盤は伸び悩みました・・・

 

しかし、それでも前半にかなり稼いでいたので、4D公開前にはすでに91億円を記録していたので、

 

4D有で、前年の成績を余裕で超えることは予想できました。

 

おそらく、最終興行収入は95億円ほど・・・

になると思います。

 

正直、評価のほどは??

個人的意見ですが、そこそこ面白かったと思います。

 

コナン映画史上初の女性監督、海外が舞台・・

など、新たな試みも見えました・・・

 

ただ、やはり20年以上やっていることもあり、どこか置きに行くといいますか・・・

あまりクセのない作品だな~とは感じました。

 

ま~かなり盛り上がったので・・・(笑)

良かったと思います!!

 

感想に関しての詳しい記事は下をどうぞ!!

 


7年連続最高記録更新できた理由

 昔のファンを引き戻した

やはりこれは大きかった!!

 

一時期コナン人気が落ちていた時期があることをご存知でしょうか??

 

  • 第1作『時計仕掛けの摩天楼』~第7作『迷宮の十字路』まで・・・

 

いわばコナン映画の礎を築いた時代・・・

今のコナン映画で人気投票を行ったら、上位陣はほとんどこの時代の作品になると思います。

 

初期の名作たちです!!

この時代は、本当に面白かった!!

 

 

そして、監督が変わります。

  • 第8作『銀翼の奇術師』~第16作『11人目のストライカー』まで

まさにコナン映画暗黒期!!

 

この時代は、興収も伸びず・・・

低空飛行が続きました。

 

コナン映画の監督が変わったのもありますが、やはり、コナンファンでアニメを観ていた世代が、だんだんコナンを観なくなってきた・・・

成長してしまったというのも大きかったと思います。

 

ちょうど自分がこの世代なのでよくわかります・・・

 

この頃のコナンは、かつてほどの人気はありませんでした。

 

後は、映画でできそうなことは全てやった!!

みたいなネタ切れ状態にも陥っていたと思います。

 

 

そんな時代の変わったのが、

 

  • 第17作『絶海の探偵』~第23作『紺青の拳』

監督が変わったのも良かったと思います。

 

全く、コナンに関わったことのない若い監督を引き入れ、今まで以上にアクションに力を入れ始めたのもこの頃です。

 

やりすぎな所もありますが、結果的にこれが利益に結び付きました。

 

おそらく、コナンと監督の愛称も良かったのでしょう。

 

もう一つのきっかけは、

第17作『絶海の探偵』が公開された同じ年に、ルパン3世とコナンがタッグを組み、映画化しました。

 

その映画が、まさかの当時のコナン映画が達成していない40億円越え・・・

 

最終的に42億円を記録しました!!

 

これが大きかったように思います。今まで、コナンを観ていなかった世代を引き入れることに成功し、

翌年以降、コナン映画の興収が伸びました。

 

そして、コナン人気が再び高くなり始めると、しばらくコナンから離れていた、昔コナンを観ていた世代が、コナンに戻ってきたんです。

 

昔以上に、ド派手な演出になり、女子受けするキャラや、主役級のキャラも増え、

 

コナンや蘭以外にスポットを当てることで、今までのコナン映画とは違った色の映画ができ始めました。

 

その代表例が、去年の安室人気です!!

間違いなく、コナンより目立ってた(笑)!!

 

こういう風に、コナンは長年の努力で、昔のファンを引き戻したことが大きいと思います。

 

綿密な計画での製作

意外かもしれませんが、コナン映画は思っている以上に、長期プロジェクトで動いているみたいです(笑)

 

たかが、映画に・・・??

 

と思われるかもしれませんが、たかが映画にです(笑)

 

もちろん初期の頃はそんなことなかったと思いますが、

 

第6作『ベイカー街の亡霊』の製作時、当時のこだま監督が、コナン映画長期化を見据えて、初めて脚本家を外部から雇ったのは有名な話です。(もう17年前の話です)

 

つまりそのころから、コナン映画は今後何年も続いていくだろうと、製作陣の間では予想されていたんです。

 

現在、コナン映画は10年先まで予定が決まっているらしく、この時期に新しい監督にしようとか、

 

この時に、これをやるから、その前にこのキャラを出しとこうとか・・・

 

実際、記念回だった第20作『純黒の悪夢』のときは、FBIメンバーが出演する予定だったので、

 

その前に、第18作『異次元の狙撃手』で、一通りFBIメンバーを出演させたようです。

 

つまり、第18作は第20作の布石だったわけです!!

 

おそらく、今は、記念回第25作目に向けて動いているはずです。

去年、『ゼロの執行人』で安室徹を出し、来年、第24作で赤井秀一メイン回をやるのは、

 

全て25作目への布石だと思います。

 

このように、コナン映画には製作陣が常に長期プロジェクトで動いており、

 

他の作品に比べて、入念な準備がされているわけです!!

 

結果として、これが7年連続で興収右肩上がりという結果につながっているわけです。

 

来年は100億円到達か??

まず間違いなくいくでしょうね~(笑)

 

今年の映画の最後に流れた予告・・・

 

赤井秀一だとわかった瞬間、コナンファンはとてつもなく盛り上がったはずです!!(笑)

 

去年、大ブームを巻き起こした安室徹と、引けを取らない人気キャラです!!

同じかそれ以上・・・

 

100億超えないと言う方が難しいです!!

 

200%超えます!!

 

100億円超えたら、マジで快挙ですよ~

 

 

子供向けのシリーズ映画が100億円超えたとなったら、大ニュースです!!

 

本当に来年が楽しみ!!

歴史的な瞬間が見れる!!

 

僕が小学生の時は30億円超えたらいい方って言われてたのに・・・

本当に時代の流れはすさまじい!!

 

2000年前後に小学生で、当時親に連れて行ってもらってみていたコナン映画・・・

 

彼らが成長し、大学生、社会人、親になり、自分のお金で好きなだけ観に行くようになり、自分の子供を連れて、観に行くようになった・・・

 

そう考えると、本当に感動するな~

 

実際、コナン映画の観客層で一番多いのが、僕みたいな20代前半世代・・・(笑)

 

一応、子供向けの作品なんですけどね~(笑)

 

大人顔負けの作品という事か・・・

 

とにかく、来年が楽しみです!!

 

スポンサーリンク