kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【名作おすすめジャンプ漫画】 バクマン。 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

 

さて、今回僕がみなさんにぜひ読んでほしい漫画は『バクマン。』です。

 

『デスノート』コンビによる第2作

『バクマン。』は2008年から2012年まで約4年間連載されていた漫画です。原作は大場つぐみ、作画は小畑健先生です。

 

そう、『デスノート』コンビです。『デスノート』は2006年まで連載されていたので、2年ぶりの新作ということで、当時話題になりました。

 

 

www.kimuroulab.com

 

 

 

『デスノート』とは違った作品

 

『デスノート』は、バリバリのダークサスペンス漫画でしたが、『バクマン。』は打って変わって、純愛ラブストーリー、そしてジャンプらしい努力漫画です。

 

『デスノート』のようなダーク系が苦手な方は、『バクマン。』をお勧めします。

 

しかも、ジャンプらしく、少年が自分の夢をかなえるために、ライバルたちと戦いながら、ひたすら努力していくという、いわゆる王道のマンガになっています。

 

ストーリー概要、作品紹介

絵がうまい、真城最高と、話作りの才能がある高木秋人がコンビを組んで、漫画家を目指す話。

 

ひょんなことから、最高は自分が漫画家になったら結婚してくださいと、思いを寄せていた、クラスメイトの亜豆美保にプロポーズしてしまい、奇跡的にOKをもらったことで、本気で漫画家を目指すことになる。

 

自分たちと同い年ですでに連載を勝ち取った天才、新妻エイジや、他の新人漫画家たちと切磋琢磨しながら、連載を勝ち取り、大ヒット漫画家を目指す、成長物語です。

 

 

作品は、かなりリアル志向で、実際の連載漫画の『ワンピース』や『ナルト』が出てきたり、編集部の人間も、実在する人だったりと、リアルになってます。

 

実際に、新連載漫画を決める、連載会議の様子や、連載陣による新年会の様子など、かなり本格的だったと思います。

 

僕とかは、この漫画を読んでいて、漫画家ではなく、ジャンプの編集者になろうかと考えたぐらいです。

 

実際の漫画家をモデルにしたキャラも?

これは、あくまで、僕の主観ですが、作品に出てくる、人物は何人かは実在の漫画家をモデルにした人がいると思います。

 

真城最高・・・モデル 小畑健先生

おそらく、最高のモデルは小畑先生かと思います。小畑先生も非常に作画の能力が高く、速筆であることも知られており、最高と共通する部分も多いです。

 

川口たろう・・・モデル 大場つぐみ

川口たろうは、主人公、最高の実のおじさんで、昔、ジャンプで連載していた漫画家です。ちなみに、作品が始まった時点で、故人のキャラであり、作中でも、最高が壁にぶち当たったりしたときに、回想シーンで出てきて、最高の心の支えになる、重要人物です。

 

おそらく彼のモデルは、大場つぐみだと思います。大場つぐみの正体はガモウひろしという説があるのですが、彼は、90年代にギャグマンガでアニメ化までした人気漫画家でした。

しかし、その後は打ち切りを連発し姿を消しました。しかし、2004年、名前を変えて、再びジャンプに戻ってきます。『デスノート』を送り込んできます。

 

その人生が、作中の川口たろうに共通する部分があります。川口たろうは死んだというセリフは、もしかすると自分の中で、ガモウひろしはもう死んだということなのかもしれません。

 

 

新妻エイジ・・・モデル 久保帯人先生

これは、もしかしたら、作者本人はモデルにしたつもりはないのかもしれませんが、色々共通点はあるかなと思います。

 

久保帯人先生は、『BLEACH』の作者です。作中の新妻エイジは、非常に描くのが早く、ほとんど絵でセリフが少ないという特徴がありました、そのあたりが、『BLEACH』と共通点があると思いました。

 

平丸一也・・・モデル 空知英秋先生

これも、たまたま似ているだけかもしれませんが・・・

 

サラリーマンあがりというところも、空知先生と一緒ですし、特徴的なセリフなども、空知先生の『銀魂』に似ているところがあります。

 

まとめ

いいマンガというのは、読んでいると、実際にマネしたくなってきますよね。

例えば、バトル漫画だったら、主人公の技をまねたり、スポーツ漫画だったら実際にそのスポーツをやりたくなったり・・・

 

そういう意味では、『バクマン。』はスポーツ漫画に近いかもしれません。

 

これを読んで、漫画家を目指したくなったり、ジャンプ編集部になりたくなったり。

僕自身、そんな人間でした。

 

2000年代を代表する名作だと思っています。ぜひ読んでみてください。

 

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

スポンサーリンク