kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

【週刊少年ジャンプおすすめ作品】 アクタージュ

 

おすすめ作品シリーズです。

今回、週刊少年ジャンプ連載中の作品で僕がおすすめしたい作品は

『アクタージュ』です。

 

シンプルにいうと、ジャンプ版ガラスの仮面です。

 

『アクタージュ』とは?

2018年からジャンプで連載中の作品で、まだ連載から一年もたっておりません。

 

ですので、アニメ化もしておりません。

 

まだ、現時点では打ち切りにあう可能性もないわけではありませんが、必ず人気作になると僕は確信しています。

 

いずれは、アニメ化し、そして、実写化すると思います。

 

新刊の帯には、『暗殺教室』の松井先生推薦と書いてありましたね。

 

ストーリー概要

シンプルに説明すると、女子高生が役者を目指していく話です。

 

家庭環境が複雑で、自分のバイトによって、まだ幼い兄弟たちを育てている、主人公の夜凪。

少しでも、稼ぐため役者を目指し、オーディションを受けます。そこで、異色のプロデゥーサーの目に留まり、その人にスカウトされます。

 

そこから、ちょい役ですが、CM、映画、舞台と活躍の幅を広げていきます。

 

徐々に、夜凪の生まれながらの役者の才能を開花させていく話です。

 

今までのジャンプにないジャンル

最初に、1話目を読んだとき、ジャンプには今までなかった、役者を目指す漫画に新鮮さを感じました。

 

もしかしたら、あったのかもしれませんが・・・

 

ジャンプのカラー的に、バトル漫画が主流で、こういった少し異色のマンガは、今の時代のジャンプだからこそ受け入れられた漫画だと思います。

 

主人公が女子高生である漫画もジャンプではかなり珍しいかなと思います。

 

さらに、主人公の夜凪は、性格が非常にクールといいますか、淡白で、あまり表情がない、大人びた主人公という点にも注目です。今までにないタイプの主人公なので、彼女がどのように成長していくのかも楽しみです。

 

ジャンプの主人公って、割と無邪気で子供っぽい性格の主人公が多いと思うのですが、理由はおそらく、ジャンプが元々、読者層に子供をターゲットにした漫画雑誌なので、そういう主人公が多いのだと思います。

 

しかし、『アクタージュ』の主人公は、家庭環境により自分の力で家庭を支えていかなければならない、大人びた、ませた女子高生主人公です。家庭環境により、大人にならざるを得なかったという背景もあります。

 

こういう主人公は、ジャンプには今までなかったタイプです。

異色のジャンプ漫画として、今後が楽しみです。

 

絵が独特

『アクタージュ』の絵は独特です。

繊細な主人公にあわせて絵も繊細で、非常に丁寧に描かれていると思います。

 

登場人物は全体的に表情の変化に乏しい人物が多く、細かな感情を絵で表現する必要があります。

それを見事なまでに描き切っているのがすごいと思います。

 

登場人物の、細かな感情の変化、顔の変化に注目して読んでみてください。

 

まとめ

まだ、連載して間もない作品です。

ぜひ読んでみてほしい。

 

僕的には、『アクタージュ』は、実写化向きなのでぜひ実写化してもらいたい!!

 

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

www.kimuroulab.com

 

 

www.kimuroulab.com