kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『アクタージュ』92話感想】武光が役者として一皮むける!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今週発売の週刊少年ジャンプに掲載の『アクタージュ』92話に関して!!

 

 

舞台””羅刹女””の上映は続いていきます!!

意気揚々とでてきた新人俳優の””武光””ですが、観客の誰も自分のことなんか見ていないと感じ始める・・・

 

それもそのはず・・・

 

共演者である””夜凪””や””王賀美””、ベテランの””白石宗””の演技が凄すぎる・・・

才能も経験も無い自分が太刀打ちできるはずない・・・

 

 

果たして、武光は立ち直れるのか?

 

 

『アクタージュ』92話あらすじ

夜凪演じる””羅刹女””・・・

 

その前に立ちはだかる、武光演じる””猪八戒””・・・

 

しかし、夜凪は自分の事を見ていない!!

その奥にいる、白石演じる三蔵法師を見ている!!

 

 

もはや、武光には一瞥すらもくれない・・・

そのことに、武光はものすごくショックを受ける!!

 

デスアイランドの時に一緒に共演していた夜凪・・・

あの時は、自分と同じ立場だった・・・

 

 

あの時は、共に高めあうライバルだと思っていた・・・

 

 

しかし、夜凪にはものすごい才能があり、いつのまにか自分の手の届かない位置に到達していた・・・

 

観客としてみている、同じくデスアイランド組だった面子は、武光の舞台での演技に違和感を覚える!!

 

””武光、あんなに小さい演技する奴だっけ??””

 

 

そうこうしている内に、武光は舞台のそでにはけるタイミングが訪れる!!

 

 

武光は確信した!!

夜凪が自分から離れたんじゃない!!自分が夜凪から遠ざかったんだ!!

 

 

いつのまにか、夜凪の圧倒的な才能を目の前にして、自分から引いていた・・・

 

 

武光は自分の情けなさに意気消沈している!!

舞台のそでに戻ってからも、ボーっとしている・・・

 

 

””俺はどうすればいいですか?””

 

 

側にいた人たちに聞く武光・・・

 

 

””このまま行けば、自分の役目は何の滞りも無く終わるだろう・・

でもその時、自分は役者として名乗れないような気がする!!””

 

 

そんな武光に白石さんは言葉を投げかける!!

 

””我々役者は皆、遅かれ早かれそういう日に出会います。君にとっては、その日が今日だっただけの話・・・

夜凪さんみたいな役者に出会った時、いかに自分を立たせられるかです!!””

 

 

自分の立ち方を探すように、武光に優しく声をかける白石宗!!

 

その立ち方はもしかしたら一生分からない物なのかもしれない!!

 

 

その時、ずっと黙っていた王賀美が口を開く・・・

 

””正直、俺にはお前ら凡人のことが分からん!!俺はいつも一人だった!!

お前ら凡人が、自分に気を使って勝手に距離を取るからだ・・・孤独だ!!””

 

だからこそ・・・

 

いつまでも王賀美陸と共演を願ってくれる身の程知らずの凡人に、俺は救われている!!

 

白石宗が背景に映る・・・

 

 

それを聞いて武光は目覚める!!

””羅刹女””は孤独だ・・・たった一人でありもしない敵と戦っている・・・

 

こんなに寂しいことはない!!

 

意思を固めて、いざ舞台へ向かう武光!!

自分がここにいるという事を、ただ夜凪に伝える!!

 

自分には、声のでかさ、体のでかさ、我武者羅だけが取り柄だ!!

 

END

 

『アクタージュ』92話ポイント考察

圧倒的天才は孤独

武光は、夜凪の圧倒的才能を感じて、自ら身を引いていた・・・

 

夜凪とは

デスアイランド時代からの知り合い・・・

f:id:kimurou:20191206204208j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

引用元:

https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%9C%E5%87%AA%E6%99%AF

当時は、お互い新人に近く、夜凪に関してもいいライバルと感じていたくらい・・

しかし、彼女はどんどん成長していく!!

 

どんどん世の中から注目されていく・・・

 

仲がいいからこそ、同じ役者だからこそ、夜凪の才能が身に染みて分かってしまう!!

 

 

本来、自分の売りは、我武者羅な演技なのに、夜凪を目の前にして自分から身を引いてしまった・・・遠慮してしまった・・・

 

 

 

こういう事例って、別に役者の世界だけでも無いと思うんですよね~

日常生活でもおそらくありますよね~

 

こういう時は、その才能に嫉妬するか、もしくは完全に身を引いてしまうか?

 

そうなると、逆に天才の方は孤独なんですよね~

ま~僕にはよく分かりませんが・・(笑)

 

 

だからこそ””スターは孤独””!!

 

チームで一人だけ凄すぎると、やっぱり浮きます・・・

浮いたメンバーは、独立するとか・・一人で生きる道を選んでしまう!!

 

 

それが成功する人もいれば、うまくいかない人もいますが・・・

 

人間って難しいですね!!(笑)

役者とか、こういう芸能系は、才能の違いがはっきり分かりますからね~

 

 

””王賀美と白石””、””夜凪と武光””の二極構造

だんだんこういう構造になってきましたね~

 

いわば、王賀美と白石コンビは熟練されている側です!!

 

この二人のつながりは10年来・・

王賀美がアメリカに行ってしまう前からの付き合いです!!

 

白石宗は、かつて王賀美の圧倒的才能に身を引いてしまった・・・

f:id:kimurou:20191206204045p:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

引用元:https://jumpmatome2ch.net/archives/50191.html

王賀美自身は、自分が凄すぎて周りが遠慮しているのを見て、日本に絶望しアメリカに渡った!!

 

その時、日本の事務所ともかなりもめて、日本追放みたいな形になってしまった・・・

 

白石宗は、かつての自分の不甲斐なさから、役者としてもう一度磨き上げ、再び王賀美と共演している!!

王賀美は、そんな白石宗を尊敬し、感謝している!!

 

 

かつて、王賀美の才能に、自ら身を引いた白石宗が、

 

夜凪の圧倒的才能を前に、本来の自分を見失いつつある武光に重なっている!!

 

武光は今、自分が役者として変わらなければいけない所に来ている!!

武光もいずれ””白石宗””ポジションになるのだろうか?

 

夜凪もいずれ王賀美みたいになるのか?

夜凪の女優としての才能は、今覚醒状態にあります・・・

 

世界的名優に成長した、王賀美ですら若干嫉妬してしまうぐらい・・・

 

この舞台””羅刹女””が終わった後、夜凪はどうなるのか?

かつての王賀美みたいに、自分の圧倒的才能を前に、嫉妬しだす周りの人間に嫌気がさすのか?

 

そうなってもおかしくない流れ・・・

 

 

やはりその時、支えてあげるべきなのが””武光””だと思う!!

f:id:kimurou:20191206203905j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

引用元:https://yugalab.net/archives/22456

いつか、そういう日が来るのかな?

 

『アクタージュ』購入はこちら!!

 

スポンサーリンク