kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『アクタージュ』89話考察】女優としての夜凪の成長!!舞台は第二幕へ・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今週発売の週刊少年ジャンプに掲載の『アクタージュ』最新話89話についてです!!

 

 

舞台””羅刹女””もいよいよ後半戦!!

王賀美の暴走で、一時はどうなるかと思われましたが、演出家わも騙す、圧倒的な芝居!!

 

怒りに満ち溢れた夜凪演じる””羅刹女””の恐怖芝居で終わってしまうところが、いつのまにか観客は羅刹女の味方に・・・

 

さて、サイド乙の舞台はどんな最期を迎えるのか?

 

 

『アクタージュ』89話あらすじ

舞台””羅刹女””は続いていく・・・

 

王賀美演じる””孫悟空””が、夜凪演じる””羅刹女””を騙して、羅刹女の大事な物である芭蕉扇を奪い取る!!

 

 

膝をついて悔しがる羅刹女・・・

 

その姿を見て、王賀美はかつて自分が日本を去るときのことを思い出している・・

あの時、自分は誰にも理解されないことを怒っていたんじゃない・・・

悲しんでいたんだと・・!!

 

 

主演しか務めない自分にとって、日本で初めて助演を演じることになった今回の舞台・・

 

夜凪を過去の自分と照らし合わせることで、自分の気持ちに気づくことが出来てよかった!!

 

助演というのも悪くない!!

 

王賀美の演技により、羅刹女の悲しみは、危うく誰にも理解されない所だった・・・

 

””何を演じても王賀美陸!!””

その信念を貫いたまま、羅刹女を主人公へと昇華させた!!

 

自分のスタイルを変えて、弱さを魅せることなく、自分の仕事を徹した王賀美に感心する演出家!!

f:id:kimurou:20191112204133p:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

引用元:https://jumpmatome2ch.net/archives/50191.html

 

現状、観客がどう感じているかと言うと・・・

最初は、夜凪演じる羅刹女が怖すぎて驚いたが、すぐに王賀美演じる孫悟空の活劇により、この作品をエンタメ調に変えた!!

さらに、王賀美のあまりにも自分本位なキャラに、徐々に観客は羅刹女へと感情移入していく・・・

いつのまにか、一人の女性としての心の話になっていった・・・!!

 

 

同業者たちは、今の芝居を見て、夜凪、王賀美の芝居に感心しきり・・・

 

あの王賀美が引き立て役に回っている・・・!!

回らせている夜凪の演技もすごい・・!!

 

 

尋常じゃない夜凪の怒りの芝居・・

f:id:kimurou:20191112203842j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

引用元:

https://blog.goo.ne.jp/neverendingcult/e/676e77fc15d1525aac452c38473ee91c

 

普通の役者だったら、そこで飲み込まれて終わってしまうが、生まれながらの主演俳優、王賀美陸だからこそ、あの夜凪を引き立てることができた!!

 

 

同じくプロデューサーと、星アリサも舞台を見て感慨に浸っている・・

王賀美は、かつて星アリサの事務所のスター俳優だった・・・

 

日本を飛び出してアメリカに行ってしまったが・・

 

そして、注目すべきは””夜凪景””!!

恐ろしいのはあの芝居だけでなく、憑依ともいえる迫真の演技・・

自らが飲み込まれてしまってもおかしくない状況の中で、我を保ち続ける強靭な精神力!!

 

少し前の彼女ならあり得なかった・・・

ものすごいスピードで成長している!!

 

ただ、このまま終幕まで演じられるかが疑問だが・・?

 

 

舞台袖に帰ってきた、夜凪と王賀美・・・

今、夜凪はギリギリのところで芝居をしている!!

 

演出家の山野上は、さらに夜凪の怒りを増大させるため煽る・・・

今にも爆発しそうな夜凪・・

 

夜凪は心の中で自分の怒りの感情と戦っている!!

怒りに狂った過去の自分が出てくる・・・

母親を見捨てた父親への怒り・・・

 

 

しかし、今の自分はもう過去の自分とは違う!!

””私はもう女優!!””

 

激情に身を任せない!!

 

何としてでも最後まで演じ切ってやる!!

 

さ~舞台『羅刹女』は第2幕へ!!

 

END

 

『アクタージュ』89話考察

夜凪は最後まで演じ切れるのか?

あまりにもギリギリの綱渡りのような芝居を続ける夜凪・・・

 

演出家の山野上の意図的な爆弾もあって、夜凪の怒りは爆発寸前!!

自分は、女優であるという信念で、ギリギリのところで、怒りを芝居へと昇華しています!!

 

芝居を知り尽くしている、星アリサ曰く、果たして最後まで持つのかが心配されていました・・・

元々、夜凪は憑依型の女優・・・

 

自分の経験や感情を完全に自分に憑依させてしまいます!!

あるいみ、何を演じても王賀美陸!!と言われる王賀美とは正反対の俳優・・

 

だからこそ、本当の自分を見失うという危険性が常に付きまとう!!

 

過去、それで失敗した俳優もいる・・

自分を見失い、帰ってくることが出来なくなった人間もいる・・

 

 

今のところ、確実に夜凪はその道をたどっています!!

舞台””銀河鉄道の夜””の時も、その兆候みたいなのは出ていた・・・

 

今回は、さらに進んだように思えます!!

 

 

一体、どんな終幕を迎えるのか?

 

 

夜凪は、現在、怒り狂った自分の感情と必死に戦っています!!

今のところ、感情をコントロールできていますが、一体今後どうなっていくのか?

 

確実にもう一山ありそうです!!

 

 

山野上花子は敵?味方?

一体何を意図して、これ以上に夜凪を煽ろうとするのか?

f:id:kimurou:20191112203444j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

引用元:http://animesoku.com/archives/20056839.html

もしかしたら、夜凪に対して恨みでもあるのでしょうか?

 

山野上は、かつて夜凪の父親と不倫関係にあった・・・

その最中、夜凪の母親が亡くなったが、葬式にも父親は顔を見せなかった!!

 

今のところ、夜凪と山野上の因縁で分かっているのはこれだけ・・・

 

山野上と、夜凪の父親の不倫関係がその後、どんな形で終わったのかが疑問!!

 

もしかしたら、この過去が関係しているのかもしれません!!

夜凪自身が関係しているのかも・・・

 

夜凪の父親は見に来ているのか?

舞台が始まる前は、もしかしたら、夜凪の父親の登場があるのではないかと予想してましたが・・・

 

今のところないですね~

 

ただ、この後あるのかも・・・

今の夜凪をこれ以上怒らせるとなると、父親の登場以外ありえないですからね~

 

『アクタージュ』の購入はこちらから!!

 

スポンサーリンク