kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『アクタージュ』109話感想】夜凪に新CM!! 新しいことに戸惑う日々・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今週発売の週刊少年ジャンプに掲載の『アクタージュ』109話に関する記事です。

 

新章突入・・

結構、長くやっていた舞台『羅刹女』編!!

 

ここからは、夜凪景が本格的にトップスターに上り詰めていきます!!

まずは、大手製薬会社のCM・・

しかし、商業用の広告塔の仕事に違和感を覚える夜凪・・

 

 

 

前回までのあらすじ

 

長かった『羅刹女』編が終了・・

 

サイド甲、乙陣のキャスト全員集合で打ち上げ!!

 

その場で、王賀美、千世子は黒山墨字と何やら話す・・

次は””映画””!!

 

王賀美は既に準備できている!!

 

そして、次の日・・

突然、夜凪宅に星アリサが訪れてくる!!

 

彼女曰く、夜凪は大手製薬会社のCMが決まったとのこと・・

 

””あなたにはスーパースターの階段を上ってもらう!!””

 

そういって、事務所に連れていく!!

すると、そこに待っていたのは、夜凪の共演者となる人気子役だった・・

f:id:kimurou:20200409210130j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

 

END

『アクタージュ』109話あらすじ

久しぶりにアキラ君に再開したので、話が盛り上がる夜凪・・

 

どうやら、向こうで色々作品に出ていた様子!!

 

自分が無視されて苛ついている””鳴乃皐月””・・

鳴乃皐月・・

人気子役でTVに出まくっている!!

 

どうやら、今回は夜凪は、この子役と共演するようだ!!

 

 

黒山と星アリサが話している・・

 

””起用される広告の規模が俳優の価値と言っていい・・

逃す手は無い!!受けなさい・・””

 

””俺たちは役者を通して他人の心を変えるものを作っている!!

その点は映画も広告も似たようなもの・・

広告は夜凪とは喰い合わせが悪すぎる!!

夜凪は小さな劇場で自分の芝居を追及していた方が幸せかもしれない!!””

 

””他人の幸せをあなたが決めるの??

芝居が商業活動である限り俳優は商品!!私たちはその事実に生かされ殺されてきた・・

最善は尽くす!!””

f:id:kimurou:20200416203352j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

 

場面は戻り、車で撮影場所まで移動する夜凪たち・・

 

夜凪は遂に大手の会社からオファーが来るようになった!!

この機にどう売るかで夜凪の芸能人生が決まる!!

 

1年弱でここまで上り詰めるだけ凄い・・

舞台や映画で活躍するのとは全然違う!!

芸能人の主戦場はやはりTV!!

 

””あなた今日を機に人生変わるわよ!!

CMにはそれだけの力がある!!””

f:id:kimurou:20200416203417j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

ただ星アリサは言う・・

 

””有名になることが役者の幸せになるとは限らない!!

もう分かるでしょう、あなたなら??””

f:id:kimurou:20200416203442j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

自分の通っている学校で、色々言われた日の出来事を思い出す夜凪・・

 

それでも、千世子に言われたことを思い出す!!

役者は一生役者・・・勝負は一生続く!!

 

夜凪は決心を固める!!

f:id:kimurou:20200416203504j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

 

そして撮影場所に到着する一行・・

今までとはスタッフの人数の規模が違う!!

 

天下の””元井製薬””からのオファーなのだから・・・

 

今回、夜凪たちが宣伝するのは、元井製薬のシェアウォーター!!

 

夜凪たちの元に、元井製薬のスポンサーがやって来る・・・

スポンサーは夜凪を直接指名してくれた人・・

 

””大丈夫だと思うけど、今後うちの競合会社の製品は外で使わないようにね!!

最近、芸能人の不祥事が多い!!広告塔の不祥事は商品のイメージに大打撃・・

プライベートでの品行にも注意してもらいたい!!””

 

””うちの広告をやるということはうちの商品になることだからね!!””

f:id:kimurou:20200416203528j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

かつて、千世子との撮影中・・

多くの企業の広告塔を担っている千世子が、怪我や傷に誰よりも敏感になっていて、周りの人間からも細心の注意を払われていたことを思い出す!!

 

 

自分よりも年下の子役の鳴乃皐月ちゃんは、その事実を受け入れている様・・

 

 

そして撮影は始まる・・

 

海辺を走る夜凪・・

海に向かって思いっきり叫び、そこに妹役の鳴乃がやってきてシェアウォーターを渡す・・

一緒に飲む・・

 

一応、脚本通りにこなす夜凪だが、一体なぜ自分が海辺を走り、何に向かって、どんな感情で叫んでいるのかが掴めない夜凪・・

 

監督にも確認はするが、あいまいな答えしか返ってこない・・

それどころか、周りのスタッフもザワザワし始める・・

 

夜凪は自分が演じている役の気持ちが分からない!!

 

鳴乃から、これ以上自分の拘りを出したら現場から嫌われるからヤメロと注意を受ける!!

 

 

この様子を見ていた星アリサは、この展開をだいたい予想していた!!

 

夜凪が重んじているものが、この世界で重んじられているとは限らない・・

踏ん張りなさい 夜凪景!!

f:id:kimurou:20200416203557j:plain

マツキタツヤ×宇佐崎しろ『アクタージュ』

END

『アクタージュ』109話感想

夜凪には相性最悪のイメージガール

夜凪が、今まで活躍してきた舞台や映画とは打って変わって、今回、挑戦するのは15秒ぐらいしか無いCMの撮影!!

 

大手の会社のオファーだけあって、芸能人にとっては登竜門的な・・

有名になれるビッグチャンス!!

 

 

しかし、今まで夜凪は芝居で生きてきた・・

自分が演じる役が、例え脇役でセリフが無い子だったとしても、この子はどんな気持ちで、今ここにいるのだろうと、自分なりに考え、

 

その上で役を演じてきた!!

 

 

しかし、CMは15秒しかない・・

ストーリーもクソも無い!!

 

芝居と言うよりかは、この数秒でどれだけ視聴者に注目されるか?

むしろ商品の方がメインで、広告塔はあくまでイメージガール・・

 

単純に、芝居を追求していく夜凪には、あまりにも相性が悪い仕事なのかもしれません!!

この辺りは、夜凪をここまでの女優に育てた黒山墨字も分かっていたよう・・

 

ただ、自分の野望の為に・・

夜凪には、どうしてもこの国でトップ女優に上り詰めて貰わないと困る!!

 

夜凪には、自分が有名になって広告塔になるということを身をもって体感してもらう必要がある!!

あくまで、自分たち女優は商品なんだと・・

 

会社が商品を売るように

役者は自分を売らないといけない!!

 

芝居が心から好きな夜凪にはしばらくしんどいかもしれないですね~~

 

子役は自分が商品であることを自覚している

夜凪の共演者、子役の鳴乃皐月・・

 

この子、めちゃくちゃ増せてますね~~(笑)

おそらく物心つく前から芸能界にいるのでしょう・・

 

役者は自分を売る、いわば自分自身が商品であることに潜在的に理解している!!

 

星アリサが、なぜこの子を夜凪の教育係にしたのか納得です!

 

ただ、まだ皐月ちゃんは、芸能人生の良い部分しか知らないように思います。

有名になることが、芸能人にとって最大の幸せだと信じている所があります!!

 

この子が、今後、有名になることの辛さを知って成長していくところも、個人的には見どころかな~~(笑)

『アクタージュ』購入はこちら!!

 

スポンサーリンク