kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『Dr.STONE』スピンオフ連載】ジャンプ史上初の本編&番外編の連載!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジャンプに関する新情報!!

 

何と、来週の週刊少年ジャンプ48号から、『Dr.STONE』のスピンオフ作品が連載になります!!

つまり、週刊少年ジャンプに同時に『Dr.STONE』の本編と番外編が連載されるということ!!

 

これは、週刊少年ジャンプ51年間の歴史の中で史上初の快挙です!!

 

描くのはもちろん、『Dr.STONE』の原作、作画の稲垣先生とBoichi先生・・・

あの天下のジャンプで、同時に2作品連載とは・・!!

 

新妻エイジかよ!!(笑)

ジャンプ史上初の2作品同時連載!

2人体制、速筆・・・これが2作品連載を可能にしたんでしょうね!!

スピンオフとはいうものの本編につながる重要な伏線もあるかもね!

 

 

『Dr.STONE』とは?

2016年連載開始

2016年連載開始で、現在も人気連載中の作品です!!

 

今年は、アニメの放送も始まり、何かと話題になった作品の一つです!!

 

特に、設定がいい!!

今までに無いタイプの作品です・・・

 

原作は稲垣理一郎先生。『アイシールド21』の原作も務めました!!

作画はBoichi先生!!

稲垣先生は、あの『アイシールド』の作者だ!!

2作品ヒットに導いている辺りも凄い!!

 

あらすじ

時は現代・・・

 

主人公は、超科学オタクの千空!!自作の化学薬品やロケットを作ったり・・・

 

仲のいいクラスメイトと楽しい学園生活を送っていた・・

 

しかし、突然、謎の光が地球を包む・・・

その光を浴びて、人類は全員石化してしまった!!

f:id:kimurou:20191023210225j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:http://ramenparados.com/resena-de-dr-stone/

 

そして、時は流れ3700年後・・・

千空たちは、石化から目覚める・・・

 

世界は3700年ですっかり変わってしまった!!

もちろん、スマホもない、車もない、人類が作り上げた文明は完全にリセットされ、世界は原始時代へ逆戻り・・・

 

だが、千空は絶望しない!!

自分たちの力で人類文明を復活させて見せる!!

 

知識はある!!

後は、資源とマンパワー・・・

 

3700年後の地球の原住民や、3700年前の現代人を、徐々に仲間に引き入れながら、人類文明を復活させていく!!

 

そして、3700年前に起こった人類石化現象の原因を突き止める!!

f:id:kimurou:20191023205850j:plain

Boichi×稲垣理一郎『Dr.STONE』

引用元:

https://areajugones.sport.es/2018/12/22/el-anime-de-dr-stone-acude-a-la-jump-festa-19-con-un-increible-nuevo-trailer/

設定が神!!

よくぞこんな設定を思いついたな~

 

本当に感心します!!

 

さすが、稲垣先生です!!

 


日本人にはなじみ名の無いアメリカンフットボール・・・

人と人の接触が多い中、村田先生と書き切った『アイシールド21』から、更なる成長を遂げています!!

 

 

『アイシールド21』の時は、村田先生の画力頼みのところもありましたが、『Dr.STONE』の稲垣先生はマジで凄いです!!(笑)

 

 

人類が突然石化してしまい、人類文明が完全にリセット・・・

3700年後、目覚め、一から人類文明を復活させていく・・・

 

ハリウッド顔負けのSFですが、一番すごいのは、

単純にタイムスリップものにしなかったところ・・・!!

 

例えば、現代の高校生が、数千年前の世界に行き、最先端の科学を使って、人類文明を発展させていく・・・

この発想なら正直普通です!!

 

『Dr.STONE』の凄いところは、未来ではあるが過去・・・

 

未来の世界ではあるが、過去の世界を表現しているところ!!

 

未来と過去が混在している世界観を見事に描き切っている所です!!

 

更に、未来へタイムスリップする方法もシュール・・・

人類石化!!

 

この設定文句だけで、読者の興味を引きます・・・

一体何が原因?誰の仕業?

自然現象か?宇宙人か?機密の実験の失敗か?人類滅亡計画か?

 

連載から3年以上が経過しましたが、未だにここは謎です!!

徐々に明らかになりつつはあるが・・・

 

 

読者を引き入れるのも、『アイシールド21』の時代より進化しているように感じました!!

未来へのタイムスリップものであると同時に、過去へのタイムスリップものでもある・・・

確かに、今までこんな作品無かったかもね!!

 

『Dr.STONE』スピンオフの連載 

タイトルは『Dr.STONE reboot:百夜』

タイトルは『Dr.STONE reboot:百夜』!!

 

おそらく、千空の父親、百夜の物語だと思われます!!

『Dr.STONE』ファンからしたら説明不要のキャラではないでしょうか??

 

物語上ではほとんど出てきていませんが、個人的な予想ですがかなり重要なキャラクターだと思っています!!

 

百夜に関して、少し詳しく説明すると・・・

 

百夜は千空の育ての親で、宇宙飛行士です!!

人類が石化した日、千空が石化した日、百夜と複数の宇宙飛行士は、宇宙ステーションにいました!!

 

その日、地球上空が謎の光に包まれるのを目撃し、その後、地上の管制塔と交信が途絶えたことから、急いでソユーズで地球に戻ります!!

 

何となく、人類の運命を悟った彼らは、子孫を残し、後に目覚めるであろう人類の為に、メッセージ、可能な限りの資源をソユーズの中に残します・・・

 

 

 

百夜はその時のメンバー・・・

 

つまり、かなり物語において重要な人物・・・

しかも、最新話などの考察から、石化の謎は、彼ら宇宙飛行士の誰かが握っていると思っています!!

f:id:kimurou:20191023210511j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangareader.site/chapter/dr-stone_107/chapter-44

 

 

何が描かれるのか?

情報はまだ少ないですが、

 

百夜と千空の関係・・・

宇宙飛行士時代の話・・・

人類が石化した直後の話・・・

 

書く内容はかなりあると思います!!

 

スピンオフとはいいながらも、本編につながる重要なエピソードも連載されるかもしれません!!

 

千空と百夜は、実の親子では無い事実もありますので、そこの事実に関しても描かれるとうれしいです!!

 

本編と番外編の同時連載は史上初!!

タイトル通り史上初のようです!!

 

当然だと思います・・・

 

僕の知る限り前例がありません。ジャンプは週刊連載なので、各々漫画家さんは、毎週過密スケジュールの中、命削って書いてます・・(笑)

 

尾田先生の一日の予定とか凄いですもんね!!

あの人、3時間も寝てませんよ!!

 

多少、人にもよると思いますが、人気作家ほど忙しいと思います!!

そんな状況下で、1作品でも、死ぬほど忙しいのに2作同時連載!!

 

ジャンプではそんな漫画家聞いたことありません!!

 

なぜ同時連載ができる?

原作・作画の二人体制

まずこれが一番大きいと思います!!

 

『Dr.STONE』は原作、稲垣先生!!

作画はBoichi先生

 

と言う風に、二人体制で書いています。

これは、別に珍しいことではなくて、古くは『北斗の拳』、『デスノート』なども、原作・作画で二人体制で描いてきました!!

 

当然ですが、原作と作画を分担することで、一人当たりの仕事量は減ります!!

(もちろん、そう単純でないことは承知です・・・)

 

『バクマン。』見たら、二人で書いたら、楽かというとそうでもないことが分かります・・・

 

しかし、仕事量は確実に減ると思います!!

 

『ワンピース』の尾田先生は一人で書いています。もちろん、それぞれこだわりがあると思いますので、一人体制、二人体制にはメリット、デメリットがあります。

 

『Dr.STONE』はこの辺りはうまいことやっているのではないかと思います!!

 

だからこそ、ジャンプで2作同時連載が可能なのだと思います。

 

そもそもBoichi先生が速筆なのでは??

漫画家によって、書くスピードは個人差があるようです!

 

有名どころだと、『銀魂』の空知先生とかはめちゃくちゃ遅かったのだとか・・・(笑)

 

遅すぎて、家に編集長が来たことが、漫画内でネタになるぐらいです(笑)

 

逆に、『ブリーチ』の久保帯人先生は、めちゃくちゃ早かったと言われています・・・

後、『デスノート』、『バクマン。』でおなじみの小畑先生も、かなりの速筆で有名です!!

 

おそらく、Boichi先生も、かなりの速筆なのではないでしょうか??

 

仮に、空知先生が、二人体制で作画だけ担当していても、筆が遅いのでもう1作品、同時に連載しようなんて話は出なかったと思います(笑)

 

ジャンプ以外では珍しくない??

実は、ジャンプ以外の他の雑誌では、複数の作品を同時連載という神業の前例があります!!

 

 

かなり有名なので知っている方も多いのではないでしょうか??

 

少年漫画界史上最強の女性漫画家・・・

 

高橋留美子先生です!!

 

『うる星やつら』と『めぞん一刻』の同時連載です!!

(正確には雑誌は違うのだが・・・)

 

この同時連載を約6年ほど続けました!!

 

確か、『めぞん一刻』の方は、最初は月一連載だったのですが、後に週刊連載になります。どっちにしても、同時に2作品の週刊連載を持っていました!!

 

おそらく、死ぬほど忙しかったと思いますが、凄いのが、この2作品をほぼ同時に終わらせた後、半年後に『らんま2/1』の連載を開始したことです!!

 

本当にすごすぎます(笑)

 

こういう風に、他誌には前例があるという事です!!

 

ただ、週刊連載で、しかも、他誌に比べて、競争率が高いと言われるジャンプにおいて、2作品同時連載は快挙と言うほかありません!!

 

果たして成功するのかどうかは分かりませんが・・・

 

ま~本編の方はすでに人気コンテンツなので、そのスピンオフがダダ滑りすることは考えにくいですが・・・

 

スポンサーリンク