kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『Dr.STONE reboot:百夜』4話】レイとの別れ・・何千年かかっても戻ってくる!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今週発売の週刊少年ジャンプに掲載の『Dr.STONE reboot:百夜』4話目に関して!!

 

 

先に地球に着陸したリリアンたちは、目標地点から大幅に離脱・・

しかも自力で宇宙船から脱出できないピンチ・・

 

いよいよ追い込まれた最後の人類!!

 

百夜が下した決断は・・?

 

『Dr.STONE』番外編第4話です!!

 

 

『Dr.STONE reboot:百夜』4話 あらすじ

ISSから一足先に地球着陸を試みた、

 

リリアン、シャミール、コニーの3人の乗った宇宙船は、目標地点だった九十九里浜から大幅に離れた地点に着陸!!

 

どうやら当初の予定軌道を大幅に離脱したよう!!

 

さらに機体が反転して、入り口の扉が海に浸かっているため、ハッチのフタを開けられないという状況・・・

 

目標地点、九十九里浜までは数百キロ・・・!!

やはり、誤差がでた!!

 

もはや、援助なしの我々人類が、日本本土に辿り着くのは不可能??

 

ーー石化から61時間ーー

 

今の状況・・

 

頼みの綱である気象衛星は4時間後に軌道を外れて情報を受け取れなくなる・・

そしたら、もう九十九里浜に着陸できなくなる!!

 

そしてコニーたちの乗った宇宙船の残りの酸素も8時間で失くなる!!

 

しかし、現状コニーたちを助けに行くことは、我々生き残った人類6人が日本本土へ辿り着けない・・

ということは、全人類を救う事は出来ない!!

 

ということ・・・

 

仲間3人を見捨てて、当初の目的地である九十九里浜沖の海に着陸して、何とか日本本土へ辿り着き、全人類を救う方法を見つける!!

 

一番現実的で理想的な考え・・

 

しかし、仲間を見捨てるのか??

 

いや!!

百夜が選んだ道は、

 

コニー、リリアン、シャミールの3人を救いに行くこと!!

3人が着陸した近くの島を目指す!!

 

あの3人こそ、いま生きている人類!!見捨てることはできない!!

 

千空ならきっとそうしたはず・・・

 

 

そして、百夜たちはコニーたちの着陸地点の近くのある島を目指すことに!!

10キロぐらいあるが、泳ぐ!!

 

執念で辿り着いてやる!!

 

その島を目指すにあたって、我々ISSのスタート地点も変えて計算することに・・・

 

 

ーー石化から62時間ーー

計算結果が出た!!

 

今いる地点からISSを80キロ上昇させ、さらに右へ時速40キロで移動して進行角度を変えれば、島に行くことが可能!!

 

つまり、時速130キロ以上で加速しないといけないという事!!

 

 

ヤコブは絶対無理だ!!と主張する・・・

 

ISSの重量は40トン!!

そんな重いものを時速130キロで加速なんて・・・

燃料はどこにある??

 

 

いや・・・ある!!

ロシアモジュールのエンジンを、全燃料使い切ったら可能!!

 

そして、ISSを加速させていくヤコブ・・

もうすべての燃料を使い切っちゃおう!!

 

 

ISSにあるすべての機能、燃料を使い切って、目標の地点まで移動する!!

 

そして目標軌道まで到達した!!

宇宙船ソユーズを分離して、いよいよ地球へ帰還する!!

 

 

乗り込む準備が整った・・・

不安はいっぱいある・・

 

もし、辿り着いた島が無人島だったら??

もう、日本本土へは辿り着くことは不可能に近いだろう・・・

 

そしたら千空には謝るしかない!!

ただ、もし千空が同じ立場でも同じことをしたはず!!

 

千空は、全人類はもちろん仲間も見捨てない!!

 

離れてても進む道は同じ!!

何千年かかっても俺と千空は手をつなぐ!!

f:id:kimurou:20191120211702p:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://jumpmatome2ch.net/archives/28563.html

 

百夜はソユーズに乗り込む・・

軌道計算をしてくれた、AIロボット””レイ””との別れを惜しむ・・

 

レイは連れていけない・・

””いつか私にあいに戻ってきてくれますか?””

 

””ああ・・・戻ってくるよ!!””

 

 

しかし、ISSの燃料は使い切ってしまったので、このISSは1年後には墜落するだろう・・

そうなったらレイは・・

 

 

百夜はそれは十分承知していたが、レイには最後まで安らかにいてほしかった!!

頑張ってくれてありがとう!!

 

 

そして人類は宇宙から去っていった!!

 

ーー石化から66時間ーー

 

END

 

『Dr.STONE reboot:百夜』4話考察

ある島の存在

本編もしっかり読み込んでくれている人は分かると思いますが、あの島とは、今現在、千空達が絶賛激闘を繰り広げている島の事ですね!!(笑)

 

結局、コニーたち先行組の着陸は失敗に終わりました。

 

百夜たちのソユーズはある島を目指すことに・・

 

おそらく、千空達が島で発見した””ソユーズ””は、百夜たちが乗っていたソユーズですね!!

 

一応、先の展開は分かっているので、百夜たちは無事に目的の島に辿り着けたのでしょう!!

しかも、ソユーズ本体が島に眠っていたという事は、ほぼ予定通り着陸できたのでは?

 

 

本編だと、この島に石化武器が眠っていたのですが・・?

 

この石化武器には現段階では話が繋がりませんね~(笑)

 

着陸した後の百夜は?

おそらく無事に予定通り着陸できたのでしょう・・

島の近くに・・

 

すぐに、コニーたちのソユーズへ!!

コニーたちを救い出し、ひとまず島に辿り着く!!

f:id:kimurou:20191120211855p:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:

https://manga-netabare-kanso.com/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3102-103%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%8D%83%E7%A9%BA/

 

彼ら、生き残った人類が子孫を作り、人間は滅びなかった・・

そして、彼ら自身は結局日本にはたどり着けなかったが、子供たちに、話を伝承していき、メッセージを残した!!

 

””いつか日本を目指せ!!””と・・・

f:id:kimurou:20191120211456j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:

https://ドクターストーン.com/%E3%80%90%E7%AC%AC%EF%BC%94%EF%BC%92%E8%A9%B1%E3%80%91

彼らの子孫たちは、このメッセージに従い、””日本を目指した組””、””島に残った組””で分裂した・・・?

 

日本を目指した者たちは、本編でいうとコハクたちの先祖でしょう!!

今、島にいる石化王国の人間たちは、島に残った組の子孫!!

 

 

そして3700年後、千空達、現代人が徐々に目覚め始めた・・・

という展開か?

 

 

しかし、分からないのが、なざ””ある島””に石化武器があったのか??

 

ここにどうしても話が繋がらない!!

 

レイとの別れが切なすぎる!!

ロボットでありながら、AI機能を搭載し、人間みたいに自我を持っていたレイ!!

 

しかし、最後のISSから地球への旅には連れていけず・・

 

ISSの燃料は百夜たちが使ってしまったので、このままだと1年ぐらいで墜落する・・

 

 

それが分かってながら、百夜はレイにいつか絶対戻ってくると嘘をついてしまう!!

もう二度と会えないとわかっていながら・・・

 

残念で仕方ないですね~

百夜たちが無事に地球に帰れるように、超複雑な軌道計算をしてくれたのですが・・・

 

『Dr.STONE』購入はこちら!!

 

スポンサーリンク