kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『Dr.STONE reboot:百夜』感想】『Dr.STONE』番外編 石化の謎が明らかに??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジャンプ史上初の本編&番外編の同一作家による同時連載の快挙!!

 

 

『Dr.STONE』番外編!!『Dr.STONE reboot:百夜』連載開始!!

舞台は、千空の父親の百夜が宇宙に行くちょっと前から!!

 

そこから全人類が石化し、宇宙ステーションからソユーズに乗って地球に帰還するまでの話が描かれます!!

 

短期集中連載とのこと・・・

宇宙ステーションから、どうやって安全に地球に帰るか?

 

人類は石化しているので、地球からの支援は望めない・・・

着陸地点は?

仮に無事に生きて着陸できても、その後は?

 

さて、この難題を百夜、以下、宇宙飛行士数名でどうやって乗り越えたのか??

f:id:kimurou:20191030213754j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mainichi.jp/articles/20191020/dyo/00m/200/016000c

 

『Dr.STONE reboot:百夜』あらすじ

ーー時は人類石化5年前ーー

 

千空と百夜が二人で夜道を歩きながら会話している。

百夜は、科学の勉強はどうか?と千空に聞いている・・

 

千空は10歳にして量子力学をマスターしているみたい・・・

 

これから、千空に百夜が作ったロボットを見せるつもりだと語る!!

 

百夜は、自分が宇宙ステーションで使えるように、無重力でも動くロボットを完成させていた!!

 

百夜はもうすぐ訓練の為にロシアに行く!!

その先は宇宙!!

 

科学の土産を千空の為にたくさん持って帰るつもり・・・

そう語る百夜・・・

 

 

そして時は流れ・・・

ーー石化1日前ーー

 

ようやく宇宙ステーションに着いた百夜と、その他宇宙飛行士・・・

先行組の前で、自己紹介している!!

 

  • 石神百夜・・・ミッションスペシャリスト
  • リリアン・ワインバーグ・・・宇宙旅行者(世界的歌手)
  • シャミール・ヴァルコフ
  • ヤコブ・ニキーチン・・・キャプテン
  • ダリヤ
  • コニー・リー・・・ミッションスペシャリスト

 

そして運命の瞬間!!

地球上空に巨大な光が包む・・・

 

人類石化の瞬間・・・

 

地上とは当然通信がとれず・・・

この宇宙ステーションに残った6人が、人類最後の6人であることを悟る・・・!!

 

百夜は、自分たちが全人類を救いに行こう!!と鼓舞する!!

 

 

だが、現実は甘くない・・・

まず、自分たちだけで、地上の支援なしにソユーズで地球に帰還するのが大変!!

 

ソユーズは、宇宙基地のあるカザフスタン大平原に着陸するようにできている・・・

もし仮に、無事に着陸できたとしても、基地まで歩くというのはムリゲーすぎる!!

 

 

しかも、石化の危険だってある!!

 

 

ただ、ここで待っていても何も始まらない・・・

進んでこそ、宇宙飛行士!!

一番助けが必要なのは、いつか石化から目覚めるであろう、人類の一人だ!!

 

 

千空は、いつか必ず石化を解く!!

千空はそういうやつだ・・・

 

千空が目覚めた時、父親である自分が、千空を助けて見せる!!

 

 

宇宙飛行士同士で議論を重ねて、結局地球に戻ることに・・・

行くなら、せめて石化光線の発生源の真裏である日本近辺がいい!!

 

もし石化光線が放射能みたいなものだったら、できるだけ離れないと・・・

 

 

ただ、ここで着陸地点に関して反対意見が!!

やはり、ここは当初のプログラム通りカザフスタン大平原に着陸するべきだ!!

 

理由は3つ・・・

 

一つ目は、

 

石化光線のスタート地点から日本まで1万8千キロ・・・

カザフスタン大平原までは1万5千キロ・・・

そんなに差はない!!

 

二つ目は、

 

基地には高度な科学設備が密集している!!

帰還後に人類を救うのであるならば、これらの設備が必要だと思う!!

 

三つ目は、

 

そもそもソユーズの着陸地点はそう簡単に変更できない!!

 

 

ただ、生き残ることを考えると、日本の海の方が断然有利・・・

更に、地上支援なしで着陸することを考えた時、陸の上より海の上の方が安全!!

 

うまく日本近海に着陸することができたら、日本のインフラなども使うことが出来るかも!!

 

最悪、日本の都市に辿り着けなくても、海があれば食うものには困らない!!

 

 

それに、石化した人類の中には千空がいる!!

千空が一番の技術的支援!!

 

千空は7歳の時、2か月間ずっと秒を数えてた・・・

千空には、才能と科学探究心と不屈の集中力がある!!

 

そういう人類なんだよ・・・千空は・・・

f:id:kimurou:20191030214039j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:

https://ドクターストーン.com/%E3%80%90%E7%AC%AC%EF%BC%94%EF%BC%95%E8%A9%B1%E3%80%91

 

最終的な判断は、キャプテンであるヤコブに委ねる!!

 

””日本に着陸しよう!!この6人のクルーで!!””

 

””いや7人です!!””

声の主は、百夜によって宇宙に連れてこられたロボット””レイ””!!

 

この7人で地球を目指すことに!!

 

 

誰もやったことのない、史上初のミッション!!

人類最後の6人+ロボット1台の日本帰還作戦スタート!!

 

END

 

『Dr.STONE reboot:百夜』ポイント考察

恐るべき千空の天才ぶり

千空の科学の知識量は相当のもの・・・

 

ほとんどの化学物質の化学式などは全て頭に入っていますし、自動車や電話、火薬など、ほとんどの機会の仕組みも理解しています!!

 

 

さらに、限られた資源の中で、ありあわせでもそれらを作ってしまう、頭の柔軟性も持ち合わせています!!

 

千空は本編では15歳という設定!!

 

 

確かに、驚異的な15歳です!!

普通の高校生ではあり得ません!!

 

今回、番外編で、10歳の時の千空の様子が描かれましたが、すでに量子力学をマスター!!

 

量子力学は本来なら大学でやるレベル!!

僕も学びましたが、ほとんど理解できませんでしたし、何なら今となっては、完全の頭から抜け落ちてます!!(笑)

 

 

そのレベルの問題です!!

それを10歳で・・・

 

 

マジで日本で生まれたことが不幸でしかない天才少年!!

現実に、こんな子が日本の学校に通っていたら、才能を殺されているんでしょうね~

 

 

千空の早熟ブリは止まらず・・・

7歳の時に、2か月間ずっと秒を数えていた!!

 

 

これが後に、石化した時に役に立ちます・・

なんせ、千空は石化していた3700年間ずっと秒数を数えていたのですから!!

 

だからこそ、石化から目覚めるのを春先にすることもできたし、目覚めた時、今が西暦何年の何月かも把握できたのでしょう!!

 

 

恐るべき集中力は、すでに7歳の時に完成していた!!

 

ソユーズから地球帰還の難しさ

紆余曲折の末、日本近辺に着陸させることにしたソユーズ・・・

 

しかし問題は山積み・・・

 

本来、ソユーズはカザフスタン大平原に着陸できるように設計されている?

プログラムされている?

 

このプログラムを変えて、着陸地点を変更するのは並大抵ではない!!

 

専門的なことになりますが、ソユーズが地球に帰還する上で、重要なのは空気抵抗・・・

 

 

大気圏突入するとき、ソユーズのスピードはマッハ27にもおよぶようです・・・

 

その時の気候によっても変化するでしょう!!

だからこそ地上との連携も必要・・・

 

 

しかし、今回はそれが無い!!

そのうえ、こういう空気抵抗は、非常に計算が難しく、シミュレーションが難しい!!

 

 

本来なら、地上の最新コンピューターで計算するもの・・・

 

今回はそれも無い!!

 

パラシュートを出すタイミング・・・

地上の天候・・・

 

あらゆることを考えて、着陸させる必要があります。しかも、空気抵抗が複雑なので、本来なら、正確な着陸地点はその時まで分からないのだとか・・・

(だいたいこの辺りまでは分かるようだが・・・)

 

 

これほどまでに難しいミッションを、地上の支援なしでやるということ!!

 

地球への着陸とはそれぐらい難しいもの・・・

むしろ、空気が薄い、火星の着陸の方が地球より簡単と言われているぐらいです!!

 

 

日本の都市にはたどり着いた?

一応この番外編は結末が分かっています・・・

 

おそらく苦労しながらも、ソユーズで日本近海の海に着陸できたのでしょう・・・

 

後に宝島と呼ばれ、石化王国と科学王国が熾烈な争いを繰り広げる島にソユーズを保管!!

 

 

あらゆる希少物質を残します・・・

 

そして日本本島に渡り、彼らの子孫がコハクたち、石神村の住人になります!!

 

一体、どういう流れでここに至ったのか??

 

今後の展開が楽しみです!!

 

宇宙飛行士の中に石化の黒幕がいる??

メンバーの中にはパッと見怪しい人間はいないですね~

 

ただ、ソユーズで辿り着いた宝島に、石化武器が存在している事実・・・

 

一体この武器はどこから来たのか??

石化武器は化学兵器であることは分かっています!!

 

 

石化王国の人間たちの文明レベルでは作ることが出来ない代物です!!

 

だとすると、やはり宇宙飛行士の誰かが一番怪しい!!

 

読者には忘れられているかもしれませんが、WHYマンも・・・?

 

 

この中に、黒幕がいるのだろうか??

みんな普通によさそうな人間に見えますが・・・

 

 

10話ぐらいの連載か?

短期集中連載・・・

 

描かれるのは、ソユーズで地上の支援なしに、無事に日本近海に着陸するところまで・・

 

その後の、各々の行動も描かれるか?

 

だとすると、話数的には10話ぐらいかな~

20話行くかな??(笑)

 

 

ま~2話同時連載なんて、おそらく尋常じゃないくらい忙しいでしょうから、そんなに長く続かないでしょう!!

 

スポンサーリンク